夏なのに痩せない理由はコレ!間違いだらけの夏太り対策

モテ子
朝ごはんはかき氷のみですって!?


かき氷や冷た〜いドリンクが美味しいこの季節、夏祭りなどのイベントも重なって、ついついたくさん食べてしまった後に襲ってくる「夏太り」
そんなにたくさん食べているつもりはないのに、なぜか太ってしまうのは、夏ならではの落とし穴があるからなんです!
夏太りのメカニズムを知って、太りにくい夏ボディを手に入れましょう。

間違いだらけの夏太り対策

夏は基礎代謝が下がるため、気を抜くと太ってしまう魔の季節。でも、夏太りしないようにと食事を控えたり、かき氷やアイスなど栄養のないもので済ましてしまうなど、間違った“夏太り対策”を取っている人が多いもの。ここでは、よくある間違いダイエット知識を紹介します。

水分だけでも太っちゃう?


「暑くて水分ばかりを取っていたのに、なぜか体重が増えてしまった…」という経験はありませんか?
暑いからといって冷たいドリンクやアイスなどをたくさん摂ると、内臓が急激に冷やされてしまいます。この冷えから内臓を守るため、体は脂肪を蓄積しようと働くもの。特にジュースやアイスなど糖分が多いものの摂取には気をつけて。脂肪として蓄えられるだけでなく、血糖値まで急上昇し、体に不調が現れてしまいます。

「汗をかいているから太らない」は間違い

大量に汗をかくこの季節は、代謝が活発になってエネルギー消費を行っているように思い込みがちです。しかし、気温が高い夏場は積極的に熱を作る必要がないため、脂肪燃焼機能エネルギー消費も活発に行われず、一年の中で最も代謝が低下しやすい時期。
夏場にかく汗とは、体の熱を逃がすための「体温調整のための汗」。決して「汗をかく=エネルギーを消費している」ではないのです。

夏太りしないためには…

熱中症が気になるこの時期に、無理な運動や食事制限をしてしまうと、健康に大きな害を及ぼすおそれも!健康的に夏太りを防止するにはどのような方法があるのでしょうか?

ビタミン・ミネラルを積極的に摂る

汗をかいたり、水分をたくさん摂取することでトイレの回数が増え、ミネラルビタミンなどの成分が体外に排出されてしまいます。脂肪の燃焼には、このビタミンとミネラルが不可欠!これらの成分を多く含む食品を食べたり、サプリメントを活用して、失った栄養を積極的に補ってあげましょう。

夏バテ予防の高カロリー食品は避けて

夏バテ防止のために高カロリーな食事を積極的にとる人も多いものですが、高カロリーな食事は、それだけ胃に負担がかかりやすいもの。消化が悪くなり胃腸の働きを低下させてしまうので、十分に栄養が吸収できず脂肪ばかりが蓄積されてしまいます。特に、夏バテの症状が出ている時は気をつけましょう。

湯船に浸かって体を温める

この季節は、暑いからといって毎日の入浴をシャワーで済ましてしまう人も多いもの。しかし、冷たい飲み物や食べ物、長時間冷房の効いた室内にいることが多いこの時期は、内臓など、体の芯が冷えやすくなります。
夏でも、必ず湯船に浸かって体を芯から温めて。代謝機能を高めることで夏太りしない体を作ることができるのです。

夏太りしないためには、食べないのもNG食べ過ぎるのもNG。栄養バランスの良い食事を規則正しく摂ることが、夏太り解消の一番の近道なのです。
体に負担が大きい夏だからこそ毎日の習慣や食事に気をつけ、夏太りナシのすっきりボディを維持したいですね。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル