9月になったらすぐ始めよう!秋太り予防策

モテ子
また我慢?万年ダイエッターってちょっと貧乏くさいイメージよ?


気温も下がり、過ごしやすくなる秋は、身体の調子も整って食欲が増すシーズン。どこもかしこも旬の味覚であふれ、気がつけば体重増加キャンペーンを開催してしまっている女子も多いのではないでしょうか?毎年「秋太り」に悩まされるというアナタは、今年こそ早め早めに対策すべき。そこで今回は、食欲の秋に、美味しいものをしっかり食べながら美ボディをキープする方法をお教えします。

秋は本当は痩せやすい時期!

冒頭に述べた理由から、“秋になると太る”という人は多いもの。けれど、身体の機能的な面を見ると、秋は痩せやすいシーズンなのです。気温と体温に大きな差のない夏は、体温をキープするためにエネルギーを使う必要がないため、1年で最も基礎代謝は下がります。ところが、秋になり気温が下がることで、体温を保つ必要が出てくるために基礎代謝は上がっていき、結果、エネルギー消費効率もUPします。脂肪を燃焼しやすい痩せ体質とは、基礎代謝の高い身体のこと。秋は、ダイエットをすれば努力が実りやすい痩せ期だったんです。

夏のエネルギー不足を補うための秋の食欲

けれど、どうしても食欲が増してしまうのがこの季節のムズカシイところ。この理由は、夏の栄養不足の状態のまま、秋になり、代謝があがってエネルギーが消費されてしまうから。身体は外から不足分を補おうとするため、いつも以上にお腹がすいてしまうというわけです。けれど、ここで食欲にまかせてあれこれ食べると、余分なエネルギーまで取り入れることになってしまい、脂肪として体内に留まり続けることに…。「涼しくなって食欲が出てきた」というタイミングで気を緩めてしまうと手遅れになります。暑さが和らぐ9月こそ、気を付けなければならない時期なんですね。

秋の味覚を楽しみながら太らない方法を知ろう

身体が食べ物を求め、さらに旬の味覚あふれる秋に、「太りたくないから」と食べることをガマンするのはストレスの元。秋は一年で一番いい季節。だからたっぷり楽しむべき!秋の味覚をしっかり食べて幸せ気分にひたりながら、賢く自分をコントロールする方法を選びましょう。

基本中の基本。手当たり次第に食べるのは厳禁!

ガマンはストレスの元とはいえ、無計画に食べたいものを食べるのもNGです。美味しいものが目の前にあると、ついつい手を伸ばしてしまう気持ちは分かりますが、さすがにそれはNG。食事の時間まで待つようにしましょう。
一口食べて、ついもうひとつ。さらにもうひとつ・・・と気づけばたくさん食べてしまうのは、意思の弱さだけでなく、空腹状態になっていることも原因。間食で空腹を満たすのではなく、1日3回しっかり食事をとりましょう。特に、朝ごはんを抜くのはおすすめできません。空腹時間が長くなると、身体は飢餓状態に陥ったと勘違いし、本来よりも吸収率をUPさせてしまいます。太りにくい身体は朝食で作られるもの。また、朝しっかり食べることで、腸をはじめとする内臓がしっかり動きだし、溜まっていた不要物をしっかり排出してくれます。ムリして大量に食べる必要はありませんが、何かを口にして内臓を目覚めさせてあげましょう。

夕食を早めに食べれば、睡眠の質もUP

朝ごはんを美味しく食べるためには、前日の夕食を早めにすませておくことも重要。「寝る3時間前までに」という説もありますが、今は寝るのが遅い人も多いもの。深夜2時に寝るなら夜に11時まで食べて良いということはありません。できれば夜は8時まで。どんなに遅くても9時には食事をすませておきましょう。

私たちの身体は、夜になると副交感神経が優位になり、リラックスモードになります。実はこの状態は脂肪を蓄えやすい状態です。さらに、遅い時間の食事は睡眠の質も下げてしまいます。質のいい睡眠は、身体の状態を整え、ホルモンバランスを整えるカギ。体調も整い、活発に活動できるようになり、結果エネルギー消費量も増えて、痩せやすい体質が作られていくのです。

軽い運動でやせやすいカラダを作る

「食欲の秋」のほか、「スポーツの秋」とも言われるこの季節。ウォーキングや軽めのジョギングを始めるなら、涼しくなってきた今が絶好のチャンスです。激しい運動を思いつきで短期間するよりも、軽い運動を継続的に行う方がダイエットには効果的。「わざわざ出かけるのは気が進まない」という人は、出社・通学時間を少し早めて、一つ手前の駅から歩いてみて。これからの季節は汗だくになってメイクがボロボロ…ということもないので、朝のウォーキングはオススメ。頭もすっきりとし、仕事や勉強の効率も上がります。

秋に身体を冷やさなければ、冬太りもしにくくなる

また、秋太りを防ぐには身体を冷やさないことも重要。「冬じゃないし、冷え対策はまだいいんじゃない?」なんて声も聞こえそうですが、その考えが秋太り、更には冬太りをも引き起こしてしまうんです。先に述べたとおり、太らないためには老廃物を体内から排出することが大切。しかし、冷えは血流悪化に直結し、デトックス機能を低下させてしまいます。夏場、私たちの身体は冷房による「夏冷え」で、デトックスしにくい状態に陥っていました。ですから、冷房から解放される秋に巡りの良い身体を作ることが、冬を快適に迎えるために非常に重要になってくるのです。とはいえ秋にも、夜に急激に気温が下がったり、雨の日が増えたりと、冷えを引き起こす沢山の要因が潜んでいます。まだ9月だからと言って、いつまでも薄着でいたり、冷たい飲み物ばかりを飲んだりするのはやめましょう。

まとめ

誘惑の多い秋ですが、旬のものを味わいつつ秋太りを回避するのは決して難しいことではありません。3回の食事を美味しく取り、間食は控えること。軽い運動を心がけ、睡眠をしっかりとることで、大満足の秋を過ごしましょう。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!