ダイエットの敵!冷え症を悪化させるやりがちNG行為

モテ子
モテ子
わざわざ冷たい女になることないんじゃない?

photo by Fotolia.com

冷えは美容の大敵!カイロなどを持ち歩き、身体を温める努力をしている女子も多いことでしょう。けれど、これらはいわゆる“対症療法”のようなもの。冷えがちな身体を上から守るのも大切ですが「なぜ自分は冷え症から抜け出せないのか」、その根本的な原因を知ることこそが、最も重要かつ効率的です。そこで今回は、女子がやりがちな「冷えを招く習慣」をご紹介!アナタのその朝ごはんも入浴法も、実は冷え症の原因となっていたんです。

実はNG!朝のヨーグルト・サラダ・バナナが内臓冷えを招く

「冷え症」と聞くと、手足の指先など、いわゆる“末端冷え”が思い浮かびます。けれど、私たちが本当に注意したいのは“内臓冷え”。胃や腸、そして子宮といった重要な器官が冷えてしまうことで、便秘や生理痛の悪化、免疫力の低下など、女子にとって悩ましい様々な不調が引き起こされてしまいます。体温も基礎代謝も低下するので、痩せにくさだけはグーンと上がってしまいますよ。

朝こそ体温を上げる食べ物を摂ろう

そんな怖い内臓冷えを招いているのが、朝食の定番であるヨーグルトやバナナ、生野菜のサラダなど、一見ヘルシーな冷たい食品たち。起き抜けは体温が最も低下している時間帯。本来であれば、朝食をとることで体温が上がり始め、身体も胃腸も活動モードへと移行していきます。ところが、そんな冷え切った状態の身体に、冷蔵庫から取り出したばかりのヨーグルトや野菜、陰性(=体を冷やす性質)のバナナなどを与えたらどうなるでしょう?熱を生み出すための体内活動はスムーズに始まらず、身体は一向に温まっていきません。もちろん、朝食抜きなんて言語道断!理想的な内臓温度は、37度と体温より少し高めです。この理想値に導けるよう、朝食は特に温かいものを摂るよう心がけましょう。食前にコップ1杯の白湯を飲んだり、お味噌汁を添えるなどの一工夫をするもよし。また、レンジで蒸し野菜のHOTサラダを作ったり、豆乳やはちみつを加えたヨーグルトを加熱して、忙しい朝にピッタリのホットヨーグルトを作るのもいいでしょう。※ヨーグルトだけを加熱すると、酸味がキツくなってしまうので気をつけて!

血が巡らない!着圧アイテムを常に着用するのは不正解

冷え症かつむくみ体質の女子にとって、この時期手放せない温活アイテムといえば、加圧タイツや就寝時用の着圧ソックス。これらを使用すること自体はケア方法として適切ですが「長時間の着用」もしくは「圧が強すぎるアイテム」と聞いてドキっとした方は習慣を見直すべき。衣類による長時間の締め付けは、血液やリンパの巡りを阻害し、血行不良による更なる冷えやむくみを招いてしまいます。全身に新鮮な栄養や酸素が行き渡らないので、新陳代謝も低下してしまい、脚のカサつきなど、美容面でのダメージまで生じてしまいかねません。

着圧アイテムを使わずに冷えむくみ脚から卒業するには?

そもそも、脚の冷えやむくみはなぜ起こるのでしょう。これは、脚が心臓から遠く、また「第2の心臓」と呼ばれるふくらはぎの筋ポンプ作用が機能しないことで、血流が滞ってしまうから。着圧ソックスやタイツは、その筋ポンプ作用を圧によりサポートするアイテムなのです。つまり、ふくらはぎの筋力を取り戻すことができれば、サポーター無しでも冷え知らずの美脚をキープできるというわけ!冷え症だから温活アイテムを身に付けながらおこもりするのではなく、冷え症だからこそ積極的に運動して、外気に負けないBODY作りに取り組むことが先決です。

キツいヒール靴やブーツも脚冷えの原因

かかとが高く窮屈な靴を履き続けることも、意図せずして冷えを招く悪習慣。足指で地面をとらえられない「2点歩行」になり、太い血管やリンパ節のある膝関節や骨盤、股関節に負荷がかかります。また、2点歩行はふくらはぎに過度な負担をかけるため、筋肉が張り出したおブス脚をも作り出してしまいます。しかし、これは「悪い意味で筋肉がつく」ことなので要注意!本来不必要な部分に筋肉がつき、それが硬まってしまうことで、血管は圧迫されてしまいます。結果、筋ポンプ作用は低下してしまい、典型的な“冷たい筋肉太り脚”ができあがってしまうのです。

入浴は必須!つかりすぎも冷えの原因に

寒い環境で1日過ごした後は、たとえ忙しくても熱いお湯にサッと浸かって暖をとる忙し女子も多いのでは?けれど、冷えに悩んでいるのであれば入浴法も見直すべき。40度前後の熱いお湯に浸かると身体の表面温度は急上昇しますが、身体の芯、つまり内臓までは温まりません。湯冷めをしやすい状態でもあるため、冷え症さんならではの「布団に包まっていても寒くて眠れない」という状況にも直結してしまいます。また、発汗すると体が冷えてしまうので、冷え症の人は長く入浴しすぎるのもオススメできません。冷え症さんには、

  1. 秋冬は41~42度、春夏はそれより1度ほど低いお湯に首まで5分つかる
  2. 次に胸辺りまで5分つかる
  3. 身体や頭を洗う
  4. 最後に1~2分入って身体を温める

というのがオススメの入浴法。身体を芯から温めることができるうえ、リラックス時に働く副交感神経も優位になるので、快眠習慣作りにも役立ちますよ。

ス、スマホも!?思いもよらない原因とは

実は、デスクワークやスマホの使いすぎも冷え性を招いてしまいます。常にパソコンやスマホを使って考えたり調べたりしていると、脳に多くの酸素、つまり血液が必要となります。さらに座っての作業が長くなると、下半身にあまり血が行き渡らず冷えてしまうそう。パソコンやスマホから目を離してボーッとするなど、脳を休める時間を意識的に作ることが大切です。

アルコールや甘~いケーキにもご注意を!

健康や何気なく行っていた習慣が、身体を内側から冷やしてしまっていたなんてショックですよね。このほか、アルコールやスイーツの飲みすぎ・食べすぎにも注意が必要になります。アルコールの多くやスイーツに含まれる白砂糖は、先に述べたバナナと同じく身体を冷やす方向に作用してしまうのです。これらは依存性も高いので、自制心を働かせながらイベントとして楽しむことが重要でしょう。身体を冷やさないよう意識して過ごすことは、代謝UPにも繋がります。ぜひあったかスリムな身体で思いっきり楽しんでくださいね!

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル