手軽なスーパーフード!くるみの美容効果がすごい

モテ子
身近な食材だから取り入れやすいわよ。

日本でも太古から馴染みのあるくるみ。最近、その美容効果やダイエット効果の高さから、新たなるスーパーフードとして注目を浴びています。そこで今回は、くるみの持つパワーや効果的な食べ方を調査してみました。早速、女子にメリットたっぷりな効果について見て行きましょう!

人気急上昇!“くるみ”の美容効果とは?


まず注目したいのは、くるみが持つ美容効果。くるみにはオメガ3脂肪酸という必須脂肪酸が豊富に含まれています。その含量はナッツ類で一番というから驚き!オメガ3脂肪酸は肌の乾燥を防ぎ、潤いを保ってくれる効果があります。さらに豊富なポリフェノールが細胞の老化を防ぎ、シミやシワ、たるみなどからお肌を守ってくれます。血行をよくする働きもあるので代謝が良くなり、肌荒れなどを改善する効果も!お肌だけでなく艶のある健康な髪や女性ホルモンの分泌を促進する効果など、様々な効果が期待できます。くるみのポリフェノールは薄皮に含まれている量が多いので、薄皮は苦手で捨てていたという人も、今後は積極的に薄皮も食べましょう。

ダイエット効果も高いくるみ


くるみは100gあたり600kcal以上と、実は非常に高カロリー。その理由は、成分の多くが脂質であることにあります。それなのになぜダイエット効果が高いと言われているのでしょうか?くるみに含まれる油は、「α-リノレン酸」を含む非常に良質な油です。すでに美容効果が高いとして注目されているエゴマ油やシソ油にも含まれており、脂肪を蓄積しにくく、そして脂肪燃焼を促してくれる働きがあります。つまり、通常の油分よりも体脂肪を減らしてくれる効果が高いため、ダイエットにとても効果が高いとされているのです。また、そのほかにもビタミン葉酸などの成分が豊富に含まれています。

安眠効果も

くるみに含まれるメラトニンには、睡眠ホルモンの分泌を促す効果があるので安眠効果も期待できます。食べるタイミングを夜にすれば、さらに効果的です。

高カロリーのくるみは、取り入れ方には注意して!

美容やダイエットに効果的とはいえ、くるみを過剰に摂取するのは要注意!それではどのような食べ方をすれば効果的なのでしょうか?

ローストして食べる

くるみに含まれるポリフェノールは、加熱すると2倍近くにも増えると言われています。食べる時は、フライパンで軽く炒めたりくるみを含むパンや料理を加熱するといいでしょう。

適量は一掴み

くるみの標準的な摂取量は、1日5~7粒。目安は一掴みです。過剰摂取すると、逆に脂質の摂りすぎで肌荒れ太る原因になり、健康に害を及ぼすことにもなりかねないのでおすすめできません。少量を毎日摂取してコンスタントに栄養を補給しましょう。

サラダに入れて満腹感を!


サラダのトッピングとしてもくるみは非常に相性が良い食材です。少量を砕いてドレッシングに混ぜたり、サラダの上から振りかけることで、風味が増して食欲もアップするので野菜をたくさん食べることができます。食物繊維も豊富なので、サラダの水分を一緒に摂取することでより満腹感が得られます。

いかがでしたか?ただカロリーを抑えるだけでなく、良い成分のものを効率よく取り入れることがダイエットの重要なポイントです。毎日の生活の中にくるみを取り入れて、痩せやすい体に導いてあげましょう!

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル