その我慢、本当に必要?肉ダイエットのススメ

モテ子
肉食女子?贅肉女子の間違いじゃなくて?


多くの女子が強く関心を示す「ダイエット」。ダイエットというのは“体重を減らすこと”だと思っている方も多いのでは?語源である「diet」の本来の意味は、「減量」ではなく(医師による治療のための)「食餌(しょくじ)療法」「食事制限」です。特に若い女子を中心に、極端に食事量を減らす・特定の食物しか口にしないなどといった、過激で間違った食事制限による減量をする人もいますが、これは決して行ってはいけない方法です。「美しい身体」というのは、健康的に引き締まっており、内側からはつらつとした輝きを放っているものです。健康な身体を作るためには、適度な「たんぱく質」、つまり「肉」が必要です。美肌作りにも適度な油分は欠かせません。ダイエットの敵と思われがちなお肉を賢く取り入れて、男子からも女子からも羨ましがられる、パーフェクトボディをGETしましょう。

牛肉を食べるなら赤身のモモ肉

油断するとあっという間にメタボまっしぐら

お肉といえば牛肉。牛肉といえば焼肉やステーキ…。想像するだけでよだれが出そうですね。ダイエッターにとって、牛肉はもっとも誘惑度の高いお肉ではないでしょうか。特に和牛だとカロリーの高さは、サーロインやリブロースで100gあたり498kcal~573kcalと群を抜いています。

部位によってカロリーが大幅に違う

ダイエッターの天敵である牛肉ですが、実は部位によっては豚肉・鶏肉なみにカロリーが低い部位もあるんです。それは「モモ肉(赤身)」で100gあたりの200kcal弱。そもそも余計な脂肪分のついていないお肉のことを「赤身」といいます。逆に脂たっぷりのお肉は「霜降り」。霜降りの白い部分は、脂肪です。脂肪がたっぷり含まれているから、霜降り肉は口の中でとろけるのです。どうしても牛肉が食べたいアナタは、脂肪が少ない赤身部分を食べるようにしましょう。

噛みごたえのある赤身で満腹感を覚えよう

赤身は、霜降りに比べると、脂肪分が少ない分歯ごたえがあります。ヒトの満腹中枢は、口を動かした回数(噛んだ回数)によって「どの程度満腹か」を判断します。歯ごたえのある赤身肉をよく噛んで食べていると、さほど量を食べなくとも「たくさん噛んだ=満腹が近い」と満腹中枢が判断してくれます。少量で満腹感が得られ、「牛肉を食べた」という満足感も得られます。というわけでダイエッターにおすすめの牛肉は、赤身のモモ肉です。

豚肉を食べるなら運動と組み合わせて

豚肉にはビタミンが豊富に含まれている

運動派ダイエッターにおすすめなのが「豚肉」です。豚肉にはビタミンB1B6が多く含まれています。ビタミンB1・B6は別名「疲労回復ビタミン」とも呼ばれ、ヒトの健康を維持するのに欠かせない成分です。運動をしているのに野菜だけしか食べない、などという食生活を続けていると、いずれは身体にガタがきてしまいます。運動を継続するためにも、豚肉を食べて、きちんと疲労回復を図りましょう。なにより豚肉のカロリーは部位にもよりますが牛肉の7割程度。適切な量を食べていれば、運動分以上にカロリーを摂ってしまうということはありません。特に豚しゃぶにすると、余計な脂が落ちるのでヘルシーに満足感を得られます。ただ、豚肉の中でもバラ肉など脂の多い部位は比較的カロリーが高いので、注意しましょう。

運動のしすぎはかえって身体によくない

ダイエットの効率UPのためには、お菓子断ちや食事を控えめにするだけでなく、運動も行っていることでしょう。とても素晴らしいですね。しかし運動量を増やした状態で、過剰な食事制限を行ってしまうと、体力を回復させるエネルギーが不足してしまいます。運動量以上に食べるのはご法度ですが、運動する以上は、身体を負担をかけないよう適切な食事でエネルギー補給する必要があります。

やっぱり低カロリー王者は鶏肉

安くて、低カロリー

鶏肉といえば「さっぱり」というイメージがあります。これは、牛肉や豚肉にくらべて含まれる脂肪分が少ないからです(それゆえに「パサパサ感が好きじゃない」という人がいるのも事実です)。しかし脂肪分が少ないということは、すなわちダイエットに適しているということでもあります。なにより鶏肉は安価なので自炊女子の味方ですね。

ササミは素晴らしいダイエット食

鶏肉の中でも特にカロリーが低い部位といえば、胸肉。その中でも「ササミ」はダイエットメニューの定番として挙げられます。なんと100gあたり110kcal程度だというのですから驚きですよね。ササミはほとんど「タンパク質」で構成されていて、「炭水化物」や「脂質」がほとんど含まれていません。ダイエット女子にとっては低カロリー食品で、筋トレ男子にとっては筋肉の元となる食品です(筋トレをしない限り、ササミを食べたからといってムキムキになることはありません!)。お腹がすいてどうしようもない、どうしてもお肉が食べたい。そんなときは、ゆでたササミを食べることをおすすめします。

節度を守れば、お肉もダイエットの味方になる

駆け足ですが、牛肉・豚肉・鶏肉を食べるメリットをご紹介しました。ダイエット中はお肉を食べてはいけない、そんな固定観念は捨ててしまいましょう。ダイエット女子がしてはいけないのは「暴飲暴食」です。我慢ばかりしていては、ストレスが溜まって、いつか爆発してしまいます。我慢の反動でやけ食いし、後悔するよりは、お肉の良さを見直して、上手につきあっていきたいですね。間違った食事制限の果てに待っているのは、不健康な身体です。ダイエットをする以上、適切に栄養を摂って、美しく引き締まったヘルシーボディを目指しましょう!

(参考サイト: 日本食品標準成分表2015年版(七訂)第2章日本食品標準成分表”肉類”(文部科学省))

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!