初心者さん必見!冬こそ走れ!寒さに備えたランニングアイテムの選び方

モテ子
ウェアだけそろえて、痩せた気になってんじゃないわよ。


年の初めの目標にダイエットを掲げた人も多いはず。でも寒くて面倒くさがっていませんか?汗をあまりかかない冬は代謝が悪くなり太りやすくなります。そんな寒い日にこそ、してほしい運動が「ランニング」。でも、いざ始めようと思ってもランニングシューズは種類が豊富だし、寒い日のランニングはどんな格好をするのが正解なのか分からない…なんて人も多いのでは?そこで今回は、冬のランニングウェアの選び方をご紹介します。マストアイテムと注意点を押さえてランニングライフを始めましょう。

冬のランニングの効果は抜群!

冬は気温が低く、汗をかきにくくなります。そのため、代謝が悪く身体の老廃物など毒素が溜まりがち。そのため太りやすくなってしまうのです。そこでお手軽かつ効果的な運動がランニング。ウェアとシューズがあれば始めることができます。また冬は紫外線も少なく、日焼けや熱中症、脱水症のリスクも減るのでオススメです。

季節は冬 ランニングには何が必要?

ランニングシューズ

ランニングを始めようとしたときに一番困るのがシューズの選び方。有名な物、見た目で選ぶのは危険!初心者の人に、一番大切にしてもらいたいのが「クッション性」。ランニングシューズと聞いて、つい選びがちな軽量タイプは、レースに出るような人向けであり、軽量化の代わりにクッション性やフィット感などを犠牲にします。そのため膝や腰をいためる原因となってしまいます。買う際は必ず試着し、つま先に指半分〜1本分の余裕のある物が適しています。お店で店員さんに相談しながら、あなたにあったランニングシューズを選びましょう。

ウインドブレーカー

その名のとおり、寒い風から身を守る防寒アイテム。走り出しは寒いですが走っているうちに温かくなれば簡単に脱ぐこともでき体温調整にぴったりです。最近では、私服にウインドブレーカーやマウンテンパーカーなどのアイテムも取り入れられているので活用の場が広く、一着もっておきたいマストアイテムです。

ニットキャップ(ランニング用)

冬のランニングの悩みの一つが「耳の痛み」。寒さで耳が真っ赤になって痛い、なんて経験したことありませんか?そんなとき重宝するのがニットキャップ。イヤーマフは走っている間にずれ落ちたりしますが、ニットキャップはその心配がありません。またランニング用の物は防寒性を保ちつつも薄手であり、周りの音が聞こえないという心配はありません。

ネックウォーマー

首は、体の中で一番寒さを感じやすい部分。そのため冬のランニングでは、首を温めることが大切です。ネックウォーマーは軽いにも関わらずとても防寒性に優れるアイテムです。

ランニンググローブ

腕を振るたびに寒い風を切り、キンキンに冷えきってしまう手。走り出すと身体は暖まるけれど、指先はなかなか温まりませんよね。そんなときに大切なのがランニンググローブ。裏起毛のものは暖かく走り始めから快適なランニングを手助けしてくれます。

いざランニング!ここだけは押さえたい注意点3つ

1.「あったか肌着」を着るのはNG!

様々なブランドのあったか肌着は「吸湿発熱繊維」とよばれる物で、汗など身体から排出された水分に反応し運動エネルギーや熱エネルギーに変換されます。そのため運動している時は暖かいですが、終わってみると水分をたくさん含んでおり一気に身体が冷えてしまいます。

2.走る前のストレッチは入念に

冬は特に筋肉が冷えて固まっています。準備運動をせずに急に走り出すと怪我の原因になってしまいます。十分にストレッチをし、筋肉を起こしてあげましょう。

3.冬はすぐ真っ暗に。蛍光アイテムを身につけよう

冬は日照時間が短いので、明け方も暗い時間が長く、夕方もあっという間に暗くなってしまいます。蛍光アイテムを身につけず走ると、目立たず自転車や車の事故に巻き込まれてしまう危険があります。身の安全を一番に確保しましょう!

寒さなんて関係ない!ランニングをあなたの生活の一部に

だんだんと運動の機会が減り、太りやすくなるダメスパイラルの救世主「ランニング」。忙しい合間を縫って継続することができるお手軽な運動です。最近はランニングウェアも充実しており選ぶのも楽しみの一つ。寒さに負けずあなたのペースでランニングを楽しみましょう!

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!