溜めずに流して引き締める☆リンパドレナージュって?

モテ子
溜め込まずに流すことを知りなさい。


エステのメニューや美意識が高い人の間で、ちらほらと耳にする「リンパドレナージュ」。リンパマッサージとは違いがあるのでしょうか?そしてどんな効果が期待できるのでしょうか?今回はそんな謎に包まれたリンパドレナージュについてご紹介していきたいと思います。

なんとなく知ってるけど…リンパって何?

そもそも、リンパってなんだかご存知ですか?リンパとは、リンパ管と、そこを流れるリンパ液、そしてリンパ節のことを指します。リンパ管は全身に張り巡らされていて、そこを流れるリンパ液が血液中の老廃物を取り込み、リンパ節に運びます。リンパ節とは、リンパ液の浄化を行なっている部分で、耳の下鎖骨膝の裏わきの下などがよく知られています。ただ、、血液でいう心臓のように、リンパにはポンプの役割をするものがなく、筋肉の動きなどによって流れているため、もともと滞りやすいうえに、冷えや運動不足が続くと余計にリンパ液の流れが悪くなってしまいます。

リンパドレナージュとは


そんなリンパ液の流れをよくすることで、美容効果や健康効果があることに注目したのが、フランス人のエミール博士。彼が60年ほど前に考案したのが、リンパドレナージュです。ドレナージュとは、フランス語で「排出」という意味。つまり、「リンパ排出法」という意味です。リンパドレナージュは、手で筋肉を温めながら、リンパの流れを邪魔する原因物質を取り除き、リンパの流れを促進するためのマッサージ方法です。これ以降、リンパの働きについて多くの研究がなされるようになりました。

リンパマッサージとの違い

リンパドレナージュとリンパマッサージの違いは、指圧の強さ。リンパドレナージュは、皮膚表面を手で動かすことによって、リンパ液の流れを促進します。そのため、軽く優しいタッチで施術を行います。一方のリンパマッサージは、リンパの動きに合わせて筋肉を刺激するようにマッサージをし、リンパの流れを良くするというもの。そのためこちらは比較的強い力で指圧をしていきます。とはいえ、もともと「ドレナージュ」という言葉が日本になじみがなく浸透しなかったので、代わりに使われたのが「マッサージ」という言葉。その後少しずつ日本流にアレンジされていったのが今のリンパマッサージだといわれています。そのため、リンパの流れを促進し、老廃物の排出を促すという基本的な目的は同じです。

リンパドレナージュは美容にも健康にも効果的!


リンパドレナージュでリンパの流れが促進されることで、女性にはうれしい効果がたくさん!老廃物をしっかり流すことで、肌が正常にターンオーバー出来るので肌荒れニキビが改善されます。また、血行も良くなるので、肩こり冷えむくみが解消されます。さらに、リンパドレナージュの特徴であるソフトなタッチは、自律神経に作用し、ストレス解消の効果まで期待できます。

体内の老廃物を溜めない!

体内の老廃物をしっかりと流し、排出してあげることで、美容や健康に効果がたくさんあります。リンパドレナージュは、正しいやり方を学べば自分でもできるので、興味のある方はぜひ試してみてください!

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル