お尻が冷たい!?下半身太りは温活で改善

モテ子
モテ子
冷たくて良いことなんて1つも無いわよ。性格でも身体でも。

気温が低いわけではないのに、自分のお尻が冷たくなっていることはありませんか?気づきにくい部位なので特に気にしていない人が大半なのではないでしょうか。実は、お尻の冷えは身体の内側から発せられた重要なサインなのです。今回は冷たいお尻が招くリスクと対策について見ていきましょう。

お尻にも「冷え性」がある!?お尻が冷たくなりやすいワケ

手足は「冷え性」になりやすい場所で有名です。一般的に手足の冷え性は、身体が冷えを感じると、血液を身体の中心に集めて体温を保とうとするため、身体の末端に位置する手足には血が行き届きにくくなることが原因です。ですが、身体の中心にあるお尻がなぜ「冷え性」になるのでしょうか?

お尻は一度冷えると温まりにくい

お尻に多くついている脂肪は寒さから身体を守る反面、もともとの血流が少ないため一度冷えると温まりにくいという性質があります。そのため、運動不足やお尻の筋肉を普段使わない人は、脂肪がさらに増え、冷えやすくなるという悪循環が生まれてしまいます。筋肉量が少ないと、血液の循環が悪くなり、結果的に内臓が冷えてしまいます。内臓の冷えは自分ではわかりにくいですが、

  • 顔色が良くない
  • むくみやすい
  • 寝つきが悪い
  • 肌トラブルが多い

などが当てはまる人は、内臓が冷えてしまっている可能性があります。

放置しないで!お尻の冷えが引き起こすリスク

下半身太りや生理痛の原因にも?!

お尻が冷たいということは、骨盤内の血行が悪いということです。そのため、生理痛がひどくなったり、腰痛になりやすくなったりします。また、骨盤に囲まれた子宮や卵巣も冷えの影響を受けてしまいます。さらに、下半身につながる主要な血管は骨盤を経由しているため、骨盤の血行が悪いという事は下半身への血行も悪くなります。老廃物が溜まりやすくなるので、むくみやすくなったり、お尻だけでなく脚にも脂肪がつきやすくなるなど、下半身太りの原因にもなります。

基礎代謝が下がる

安静にしていてもカロリーを消費する基礎代謝。この基礎代謝を上げることがダイエットのカギだとダイエッターには周知の事実ですよね?実は、その多くを占めているのが内臓の働きだといわれています。内臓が冷えるということは、内臓の動きが悪くなり、基礎代謝も下がっているという事。スリムな身体を目指すにはお尻の冷えは決して放置できない状況なのです。

「お尻の温活」で冷え性対策

「温活」とは、基礎体温を健康な体温(36.5度前後)まであげて、免疫力をアップしようとすること。お尻も温活をすることによって、冷えによる影響を防ぐことができます。今回は、おすすめの温活を2種類ご紹介します。

運動やストレッチで筋肉を動かす

内臓の冷えや、脂肪が増える大きな原因は運動不足。しっかりと時間が取れなくても、こまめに動くことを意識するだけでも冷えは改善することができます。例えば、会社や学校ではこまめに姿勢を変える、休み時間は動く、通勤通学はなるべく歩くなど。日頃から動くことを意識することが大切です!朝晩に身体を伸ばすなどのストレッチも効果的。特にお尻の筋肉は、歩くことや階段をのぼるなどの動作で動かすことができるのでエレベーターやエスカレーターを使わないように意識するだけでも効果がありますよ。

関連記事

防寒グッズを持ち歩く

冬はもちろん、夏もクーラーによる冷えに注意したいもの。どの季節も、冷えへの対策は必須だといっても過言ではありません。ひざかけや腹巻、レッグウォーマーで下半身を冷やさないようにしたり、暖かい飲み物を飲むなど積極的に身体を温めるように心がけましょう。

関連記事

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル