女子が望む効果がオールインワン☆きな粉でバストアップから美肌まで叶えよう

モテ子
一応言っておくけど、きな粉餅やきな粉アイスは太るわよ。
photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

和菓子によく使われているきな粉。普段頻繁には食べる機会のない食材ですが、栄養価がとても高く、女性に嬉しいありとあらゆる効果が秘められた万能食材なのです。今回はそんなきな粉の魅力についてご紹介します!

きな粉って?

きな粉は大豆の皮を剥き炒った後、粉状に挽いたものです。
炒る時に熱が加わることにより、大豆独特の臭みが抜けて香ばしい香りと味になります。「黄なる粉」と呼ばれたことが名前の由来なので、「黄な粉」とも書きます。
黄色い大豆の色が皆さんのしっているきな粉かもしれませんが、青大豆を使った淡緑色のものはうぐいすきな粉と呼ばれ、うぐいす団子などに使用されています。ほかには黒豆から出来た真っ黒なきな粉もあります。

きな粉の効果

バストアップから美肌まで…豊富な美容効果

きな粉の原料である大豆にはイソフラボンサポニンという注目すべき2つの成分が含まれています。イソフラボンはポリフェノールの一種で、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きを持つため、ホルモンバランスを整えたり、バストアップなど女性らしさをつくる効果が期待できます。
一方、サポニンは抗酸化作用に優れており、体内の脂質やコレステロールの酸化を抑えてくれます。脂っこい食事をした後に、積極的にとると効果を発揮してくれそうですね。
さらにレシチンという成分には肌細胞を保護する効果があります。特に熱による日焼けなどのダメージからの抑制効果に優れているといわれています。また、“若返りビタミン”でお馴染みのビタミンEも多く含まれているので肌に潤いを与えシミシワを予防する効果が期待できるんです。

ダイエット・便秘解消効果

大豆に含まれる食物繊維は水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がバランスよく含まれているため、便秘解消にも効果的です。そして、不溶性食物繊維は胃に入った時に水分を吸収して膨らむ為、ダイエット中に食事の量を抑えたい時に食前にきな粉を食べれば満腹感を得られて食べ過ぎを防ぐことができます。

骨粗しょう症の予防

骨粗しょう症はお年寄りの病気だと油断していませんか?
骨粗しょう症は骨が弱くなりもろくなり折れやすくなってしまう病気ですが、これは加齢によって減ってしまった女性ホルモンが原因の一つといわれています。きな粉には骨を強くするカルシウムと、女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンが含まれているので骨を丈夫に補う効果があります。

きな粉の取り入れ方

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

もちろんそのまま食べてもいいのですが、ちょっと粉っぽくて食べづらいですよね。
コップ一杯分の牛乳に大さじ1のきな粉を混ぜたきなこ牛乳は、スポーツ選手なども愛飲するパワードリンクです。無糖のヨーグルトに同じく大さじ1のきな粉をあわせたり、バナナにかけるのもおすすめです。甘さが欲しい時や大豆の風味がどうしても苦手な人は蜂蜜をプラスしてみましょう。摂取するタイミングは、空腹時朝一番が栄養の吸収率がよいとされています。

イソフラボンの摂取量に注意

イソフラボンの過剰摂取は逆にホルモンバランスを乱してしまうこともあるため、大豆製品の1日の摂取目安量である70mg(きな粉なら大さじ8杯ほど)を守ってとり入れましょう。さらに妊娠中の方や乳幼児は注意が必要なので、必ず事前に医師に相談するなど、摂取量を確認するようにしましょう。
いかがでしたか?
毎日のダイエット生活に効果がぎゅっと詰まったきな粉をとり入れて、女性らしい魅力を保ったヘルシーなスリムボディを目指しましょう!

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル