巻き肩を直せば美胸・美背中に!簡単ストレッチで肩位置を正そう

モテ子
貧乳で垂れてるなんて。魅力のカケラもないわね。


姿勢が悪い人に多いのが猫背。鏡を横から見て背筋を伸ばし、それで安心していませんか?
その時、肩の位置を見て背中がチラッとでも見えていたらそれは肩のゆがみ「巻き肩」かもしれません。巻き肩になっていると、美容にもダイエットにも大きな影響があるんだそう。そもそも「巻き肩」ってなんなのでしょうか?今回は、巻き肩による影響と簡単にできる解消法をご紹介します。

巻き肩とは?

巻き肩とは、肩の関節が前方に巻き込まれた状態のこと。横を向いて寝る習慣のある人や、前傾姿勢をとる時間が長い人がクセになりやすい症状です。最近ではスマホを触るときの姿勢が原因になる人が多いことから「スマホ巻き肩」などとも呼ばれています。猫背の人に多いのは事実ですが、背筋が伸びていても肩だけがゆがんでいる場合もあり「姿勢がいいから大丈夫」とは限りません。

巻き肩の悪影響

巻き肩になると、腕に直接つながっている肩甲骨周辺の筋肉が前方に引っ張られ、肩甲骨が開き、肩や背中のコリの原因になります。反対に胸は、すぼめた状態になるので胸や脇にある大胸筋や小胸筋がたるみ、バストのハリが失われたり、呼吸が浅くなる原因にもなります。
また、巻き肩は二の腕が痩せにくくなる原因の1つ。肩が本来の位置よりも内側にあることで、腕を後ろに引く動きが制限されるので上腕三頭筋の活動が少なくなり、二の腕の裏側に脂肪がつきやすくなります。さらに身体の中心から腕につながる主要な血管はすべて肩を経由しているので、肩が正しい位置にないことで腕の血行が悪くなってしまいます。すると老廃物もたまりやすくなり、むくみの原因になってしまうのです。

巻き肩チェック

巻き肩は簡単にチェックすることが出来ます。まずは腕をダランとさせた状態で立ちましょう。



1つでも当てはまったアナタは巻き肩の可能性があります。

脱・巻き肩!

巻き肩を改善するにはまず、肩の正しい位置を知り、巻き肩によって凝り固まっている筋肉をほぐしてあげることです。

肩の位置を戻す簡単ストレッチ

【やり方】

  1. 壁を背中に姿勢を正して立ち、息を吸いながらそのまま両手を肩の高さまで上げます。
  2. 胸を開き、肩甲骨を寄せながら、腕を真横まで移動します。
    ※この時、腕だけを動かさず、肩甲骨全体を壁にくっつけるよう意識することが大事!

  3. 【後ろからみた図】

  4. 息を吐きながらゆっくり腕を下ろします。肩甲骨の間がプルプルしていればOK!

この動作を3~10回繰り返すと効果的ですが、1日に1回、肩を正しい位置にもどしてあげるだけでも十分効果があります。

小胸筋をマッサージ

肋骨と肩甲骨をつなぐ小胸筋は、巻き肩によって縮んでしまい動きが悪くなっています。脇の部分を親指と人差し指、中指の3本でグリグリと揉むようにマッサージしてみましょう。血行の改善やバストのたるみ改善にも効果的です。

いかがでしたか?巻き肩は、意外と気が付きにくい小さな身体のゆがみですが、そこから起こる弊害はとても大きく、目立つものばかりです。これからは、背中やデコルテを出すファッションが多くなる季節。巻き肩を直して自信のあるデコルテと背中を取り戻しましょう。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

部位から記事を探す

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル