朝6時も太る!?肥満遺伝子の活動時間とは

モテ子
朝は油断してたんじゃない?
photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

梅雨が明ければ本格的な夏まで、もうすぐそこです。夏までに痩せたいと考えている女性も多いのではないでしょうか。ダイエットにはいろいろな方法がありますが、実は太りやすい時間帯があるとしたら、知っておきたいものですよね。そこで、一般的に知られている時間帯のほかに、食事を避けたほうが良い時間について解説してきたいと思います。

キーワードはBMAL1(ビーマルワン)

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

太りやすい時間帯を見ていく時に切っても切り離せないものとして、BMAL1(ビーマルワン)というものがあります。これは体内時計の活動を調整するタンパク質

の一種で、通称「時計遺伝子」と呼ばれるもの。しかしこのBMAL1は別名「肥満遺伝子」とも呼ばれています。BMAL1には、分泌されるリズムに一定のサイクルがあり、分泌が多い時間帯に食事を取ると脂肪が蓄積されやすいという特徴があります。ダイエットをする上で、このBMAL1の活動のサイクルを知ることが重要なのです。

夜は22時以降、寝る2時間前はNG

夜22時以降と寝る前に何も食べないほうが良いのはみなさんが知っていることですよね?これは消化器官がすでに活動していないので食べたものが消化されず、エネルギーが消費されないことが太る原因になるとされています。しかし、BMAL1の活動サイクルを見ても実はこの時間帯は危険ゾーン。分泌が多い時間帯なので食べたものが脂肪になりやすくなります。

朝6時を避けた方が良い理由

BMAL1は、夜の活動時間帯とは別に、朝の6時頃も活発に活動しています。なんと夜の22時と同じくらい脂肪をためてしまうリスクが高いのだとか。夜に太る原因が思いつかない人は朝6時ごろになにか食べていないか思い起こしてみましょう。朝食の時間を30分程度ずらすなどが一番ですが、それが難しい人は、糖質や脂肪分の少ない軽めの朝食にしたり、消化が良いものにする、などの工夫をしてみるのもおススメです。

起きてから7時間後がおすすめ

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

人間の体内時計は個人差があり、朝5時に起きる人もいれば、7時に起きて活動を始めるという人もいます。BMAL1は、夜の22時から深夜2時に活動のピークを迎え、徐々に下がり、起きてから7時間後が、機能が一番低下する時間帯といわれています。つまり、

  • 朝5時に起きる人は、7時間後の昼の12時
  • 朝7時に起きる人は、7時間後の午後の14時

これらの時間を意識して食事をすると脂肪が蓄積されるのを防ぐことができるのです。一般的にはちょうど昼食の時間帯ですが、BMAL1の働きから見てもこの時間帯に食事を取るというのは、健康的で理にかなっていたのです。あらためて人間の体や生活のリズムの大切さを知るするきっかけにもつながりますよね。

間食も15時までに

起きる時間帯によって個人差があるとはいえ、一般的にも14時から15時頃はBMAL1の働きが低下するため、ちょうど小腹がすく15時のおやつはこのサイクルに当てはまるので食べても問題がありません。ただ、もちろん食べ過ぎは禁物。少量をつまむ程度、もしくはドライフルーツなどで栄養を補給すると、美容効果UPやリフレッシュにもつながるのではないでしょうか。脂肪になりにくい時間帯なので、昼食と間食で分けて食べ、一回の食べる量を減らすのも効率的な栄養の取り方といえます。

いかがでしたか。BMAL1の活動のサイクルを読み解くと、太りやすい時間帯から太りにくい時間帯も見出すことができます。朝の6時と、夜22時から深夜2時はなるべく食事をしないように意識すると、計画的なダイエットにつながるかも知れません。まずはあなたのライフサイクルからチェックして、食事をする時間を再確認してみてくださいね。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル