太りにくいお酒はコレ!ダイエット中の知っておくべきお酒のカロリー

モテ子
飲まないのが一番に決まってるじゃない。


夏から秋に差し掛かり、美味しい食材が増えてきました。それと同時にお酒を飲む頻度も増え、ダイエッターには誘惑の多い季節ですよね。でも、やっぱり、楽しい飲み会には参加したい!そんなあなたに、太りにくいお酒の選び方を伝授します!

中ジョッキビールは白米1.5杯分!お酒の種類でカロリーはこんなに違う


それでは、お酒の種類ごとのカロリーを見てみましょう。ダイエットを意識するのなら、どのお酒が高カロリーなのか、知識を持ってお酒と付き合ってみては?

ビール

やっぱり一杯目は生ビール。喉を通る時のキレとのどごしは、最高ですよね。しかし、そのビール、1杯で何kcalあるか知っていますか?

ビールはアルコール5%、350mlで約150kcalあります。これはお茶碗1杯分のご飯とほぼ同じカロリー。500mlなら約200kcalあり、1.5杯のご飯分です。ロング缶1本で中ジョッキぐらいなので、飲み会で中ジョッキばかり飲んでいると、大変なことになります。

カロリーが高い理由は、ビールに多く含まれる糖質。いくらビールが好きでも、ダイエットを考えているなら2杯目からは糖質が低いお酒を選びましょう。

発泡酒

ビールに比べて低価格で糖質もカロリーも低い発泡酒ですが、ビール独特の苦味やコクが足りないなど、ビール好きには「何か足りない」という評価が多いです。しかし、ビールが苦手だったり、カロリーを気にしている女性にはあっさりとしていて飲みやすいという意見も。

カロリーはメーカーによってまちまちですが、350mlで約80~160kcal程度。ビールより低カロリーのものが多いので、2杯目からは発泡酒に変えてみてはいかがですか?

カクテル、チューハイ

甘めのお酒が好きな女性に人気のカクテルやチューハイ。もちろん甘いお酒には糖質が多く含まれているので、カロリーは高くなってしまいます。
いろいろ味がある分、350mlで約90~200kcalとピンキリなので、まずは自分の好きなカクテルやチューハイがどれくらいカロリーがあるのか調べてみましょう。甘いお酒なら飲み過ぎ注意です!

焼酎

ダイエットに良いとされている焼酎は、男女問わず好まれ、低カロリーなお酒の代名詞です。1合、180mlで約260kcal。一見高そうに見えますが、ロックで1杯だけ飲めば、だいたい70kcalぐらいです。

低カロリーの理由は、焼酎が「蒸留酒」だということ。蒸留する過程で高カロリーの元である糖質が飛ぶため、出来上がった焼酎には糖質は含まれません。また、焼酎はアルコール分が高いので、ゆっくりと少量ずつ飲んでも美味しく楽しめます。最も太らない飲み方かもしれません。

ワイン


お肉には赤ワイン、お魚には白ワイン。色んな場面で飲まれることが多いワインは、晩酌のお酒として女性に人気です。そしてポリフェノールも含まれ、身体に良いとされています。

そんな気になるワインのカロリーは、100mlあたり約70kcal程度。焼酎と同じく、アルコール分が高いので、少量ずつ飲んでも十分に楽しめます。ダイエットに適したお酒の一つといえるでしょう。

賢くお酒を飲んで、ノンストレスのダイエットを!

飲み会もできるだけ楽しんで、ダイエットも成功させたい!そんなワガママを叶えるには、きちんとした知識が必要です。お酒は基本的に太りやすい飲み物ですが、大好きな人が無理に禁酒するのはストレスが溜まってしまいます。また、カロリーが低いお酒を選んでも、飲み過ぎは当然NG。

そして、お酒だけではなく、おつまみにも気を使いたいところ。カロリーの低い冷奴や枝豆などを選ぶようにしましょう。アルコールが入ってもダイエットのスイッチは切らずにしっかりカロリーをカットしながら飲み会を楽しみましょう。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!