実力はスーパーフードより上?今日からアナタも“麩女子”になろう

モテ子
あんな見た目なのに、、やるじゃない。

おみそ汁の具といえば、何を想像しますか?豆腐やワカメにねぎ、油揚げ。このあたりは定番かもしれません。では、入っていたらうれしい具は?小麦色でフワフワして優しい味の「お麩(ふ)」。好きな人は意外と多いのではないでしょうか。あの独特な食感から「栄養なさそう・・・」。そんなイメージを持っていませんか?しかし、お麩は「高タンパク・低カロリー」で美容・ダイエットにもってこいの食材なんです!「麩女子」という言葉があるほど、ひそかに人気を集めているお麩。今回は、お麩の美容・ダイエット効果と活用術をお教えします。

お麩の正体は・・・小麦粉のたんぱく質を練ったもの!

お麩は、小麦粉のたんぱく質「グリアジン」と「グルテニン」を練って作ったもの。乾かさずにそのまま煮物・汁物に入れた「生麩」や車輪のような形をした「車麩」、焼いて乾燥させた「焼麩」など、種類は様々です。

そもそも原材料が小麦粉のたんぱく質のため、豆腐の2倍、牛乳の4倍というかなりの高タンパク食品。そして、5g(2~3cmの立方体、10個分に相当)あたり19kcalととても低カロリーなんです。さらに、鉄分や食物繊維などの栄養素も多く含んでいることが知られています。「栄養なさそう・・・」に加え、小麦粉と聞いて「カロリーも高そう・・・」と思いがちですが、本当はこのイメージとは全く異なる栄養満点の食材なのです。

お麩に宿る「ダイエット×美肌」効果


ダイエットや美容にもってこいの食材である、お麩。具体的にどのような効果が期待できるのか見ていきましょう。

ダイエット効果

お麩は、「高タンパク・低カロリー」で、さらに水分を吸収すると、かさが増すので満腹感も得られます。それだけではなく、お麩に含まれる「プロリン」という成分が脂肪を分解する「リパーゼ」という消化酵素を活発にしてくれるので、脂肪燃焼が促進されます。

美肌効果

豆腐・ヨーグルトの約10倍も含まれるプロリンは、身体の中のコラーゲンの生成を活発にする役割があります。コラーゲンが作用して皮ふの細胞を増やすので、お肌が修復されやすくなります。そのため、お肌にハリうるおいが生まれるのです。

このほかにも、お麩に含まれる食物繊維が腸の働きを整えて便秘を解消してくれたり、鉄分が貧血予防の助けになったり、グルテンペプチドが血圧上昇を抑えたりと、様々な栄養素が効果を発揮してくれます。

お麩はお肉の代用食材!

このように、栄養満点で美容・ダイエット効果のあるお麩ですが、「使い方は?」と聞かれてぱっと浮かぶのは、やはりおみそ汁の中に浮かぶお麩ですよね。それ以外に、どのように食事に取り入れればいいのでしょうか?

ズバリ!お肉の代用!お麩の食感と見た目、調理方法の幅の広さのおかげで、お麩をお肉に近づけることができるんです。実際に、精進料理やマクロビオティックなどではお麩はお肉の代用として使われています。

例えば、お麩を揚げてからあげやトンカツにしたり、ハンバーグのタネに混ぜてみたり、お麩をそのまま焼いてステーキにしたり、じっくり煮て角煮風にしたり・・・お肉の代用として幅広く対応できます。

また、フレンチトーストにしても◎ フワフワとした食感が、フレンチトーストのあの食感に似ていておいしいですよ。

お麩を使いこなして女子力UP

美容にもダイエットにも抜群の効果を発揮するお麩。実は、お肉の代用としても使える万能な食材だったんですね。今日から、ぜひお麩をおかずの主役として取り入れて、アナタも“麩女子”になりましょう。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!