落ちにくいムチムチ肩肉!やってしまいがちな3つのNG行為とは

モテ子
あなた、なんだかイカツイわね。

ムチムチ肩1
まだまだオフショルやノースリーブを着られる季節。無駄な脂肪がついていない美しい肩は誰でも憧れますよね。綺麗な肩になりたいけど、肩の肉って全然落ちない…。それは自分の生活習慣に問題があるからかもしれません。ムチムチ肩になってしまう原因とそれを招くNG行為を3パターンご紹介します。

ムチムチ肩をつくる3つの原因

猫背

ムチムチ肩になってしまう原因として、肩甲骨のゆがみが挙げられます。そして肩甲骨を一番ゆがませてしまう生活習慣が猫背。スマホやパソコンを使っていると、無意識に姿勢は前のめりになり、猫背になりがち。また猫背を気にしていても、気を抜くと身体は楽な姿勢をとろうとするので姿勢が悪くなってしまいます。
 
猫背になったと思ったら、すぐに背筋をピンと張り、肩甲骨を中心に寄せてあげましょう。少しの気の緩みがムチムチ肩の原因です!

筋肉の張り&硬直

ムチムチ肩2

カバンなど重いものを毎回同じ方の肩に持たせてしまうなど、一方の肩にだけ負荷をかけてしまうと、それが片方の肩のみの筋肉を発達させたり、ゆがみの原因につながったり、左右非対称なムチムチ肩になってしまいます。
 
利き腕では無い方の肩にかけると最初は気持ち悪く感じるかもしれませんが、いくつかのカバンの種類をローテーションするなどの工夫をして、片方に負荷をかけすぎないようにしてみましょう。

筋力不足・血行不良

例えば、電車のつり革につかまらないなど、腕を上に上げる習慣がない場合には肩甲骨が動く機会が少ないので、肩甲骨周辺の筋肉が弱くなり、また動きも悪くなります。筋肉の動きが少なくなると、血行も悪くなり、脂肪が付きやすくなってしまいます。

また、高いところに手を伸ばすことはあるけれど、すぐ疲れてしまう人は、筋肉の不足がうかがえます。そういう人は二の腕の筋肉を上手く使えていないので、肩だけではなく二の腕もたるんでしまいます。腕にもある程度筋肉がなければ、引き締まって見えません。きちんと腕も鍛えてあげましょう。

毎日3分のストレッチで肩甲骨のゆがみをリセット!

ムチムチ肩3

肩の肉を落とすには、肩甲骨のゆがみを改善しなければなりません。でも肩甲骨のゆがみってどうやって治すかわからないですよね。肩甲骨の動きを良くするには、回転させる動きと中央に寄せる動きの2つがとても重要です。ここでは効果的なストレッチをご紹介します。

腕伸ばし

まず、肩幅くらいに両足を開き、背筋を正して立ちます。そして頭の後ろで左の肘を右手でつかみ、ゆっくりと左肘を内側に引っ張りましょう。無理にやるのではなく、じわじわと左腕の裏側が伸びるのを感じてください。

猫背にならず、できる限り綺麗な姿勢を意識して、肩甲骨を開くようにしてあげましょう。できたら、同じように反対側もストレッチをします。

後ろ向きで腕立て

テーブルや洗面台など腰くらいの高さの台に背中を向けて立ち、手をかけます。そのまま1歩前に出て両足を揃えたら、膝とひじを曲げます。この動きを5回程度繰り返しましょう。肩甲骨を浮かせて中央に寄せるように意識しながらやると効果的。二の腕を引き締めるのにもおすすめですよ!

日々の努力で、誰もが憧れる美しい肩を手に入れる!

綺麗な肩を手に入れることはそう簡単ではありません。でも、これまでについた癖を直すことができれば綺麗な肩だけではなく、無駄な脂肪のない腕も手に入れることができます。少しの努力でも毎日続けることで変わってくるので、ぜひチャレンジしてみましょう。

あわせて読みたい

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

専門家ライター募集 モテ子YouTubeチャンネル