GI値が砂糖の1/2以下!甘党必見のダイエット&美容にもいいデーツって?

モテ子
甘いものがやめられないなら、甘さの種類を変えてみたら?

日頃から美容や健康に気を配って、甘いお菓子を控えたり、砂糖を少なめにしたりしているけど・・・やっぱり甘いものは欠かせない!そんな甘党の人にオススメの食材が、デーツです。近年注目されているスーパーフードのひとつで、「天然甘味料」として知られています。今回は、美容と健康にいいとされるデーツの秘密に迫ります。

デーツは「ナツメヤシの実」

あまり聞きなれないデーツですが、その正体はナツメヤシの実です。色はオレンジと茶色の中間くらいで、大きさは3〜4cm。食感はねっとりとしていて、一番の特徴は強い甘みです。デーツを乾燥させて作るデーツ糖は、砂糖よりも甘く、少量で甘さを加えることができ、天然甘味料とも呼ばれています。

スーパーフードといわれる由来!デーツの5つの効果


デーツには、ミネラルやビタミンをはじめとして、美容・健康にいい成分がたっぷり含まれています。主に期待出来る効果は5つ!それぞれ詳しく見ていきましょう。

貧血予防

デーツにはミネラルがたっぷり含まれています。ヘモグロビンの原料になる鉄分、赤血球を作るのに必要な葉酸、そして赤血球を丈夫にする亜鉛。これらの必要不可欠な成分がそろっているのです。生理で鉄分を失いやすい女子にとっては、重宝すべきものですね。

便秘・むくみ改善

便秘やむくみに悩まされている女子は多いのではないでしょうか?デーツには、食物繊維がなんと100gあたり7gも含まれているので便秘解消に最適。食物繊維で有名なバナナが100gあたり1.1gであることを考えると、デーツはバナナ7本分に相当する食物繊維が含まれているのです。また、便に水分を含ませて排せつしやすくするマグネシウムも含まれているため、相乗効果も期待できます。体内の水分バランスを調整してくれるカリウムは、むくみを改善してくれます。

ハリのある美肌へ

デーツは美容にもいい食材。豊富に含まれるβカロテンは強い抗酸化作用があるのでお肌のターンオーバーを正常にします。また、パントテン酸は、コラーゲンを生み出す細胞を活性化し、コラーゲンを作るのに必要なビタミンCをサポートするのでお肌にハリが生まれます。

ビタミンCたっぷりの果実や野菜を一緒に混ぜてスムージーにすると、より効果がUPしますよ!

ダイエットのサポートに

デーツは天然甘味料。ものすごく甘いわりには、砂糖ほど太りません。その証拠に、食べ物を消化した後にどれくらい血糖値が上がったかという度合いを示すGI値が47とかなり低いのです。いつも口にしている砂糖は、なんとGI値100超。比較するとデーツがいかにGI値の低い甘味料なのか分かると思います。

GI値が低いということは、血糖値が急上昇しにくいということ。つまり、脂肪細胞に糖を補給しにくくなるので太りにくくなります。

イライラ防止

デーツは、ほかの果実に比べて多くのカルシウムも含まれています。特に生理前で精神が不安定になるときにはデーツを食べると効果があるかもしれません。

デーツを食事に取り入れる時に知っておきたい2つのこと


このように、美容・健康に効果抜群のデーツですが、実際、どのように食事に取り入れていいのか分からない人は多いと思います。より効果的にデーツの栄養を取り入れるための3つのポイントを確認しましょう。

食べすぎは禁物

GI値も低く、美容・健康にいいとはいうものの、カロリーは高め。100gあたり266kcalもあります。甘くておいしいので食べすぎには注意しましょう。1日3粒を目安にするといいでしょう。

ダイエット中は、早い時間に

あくまでも糖質なので、エネルギー消費されない時間帯に食べると太ってしまいます。朝やお昼など、早い時間帯に食べるのがオススメです。

甘党の強い味方!今日からデーツを取り入れてみよう

デーツは、ダイエットなどで甘いものを我慢する苦しみから解放してくれるまさにスーパーフードです。お菓子の砂糖代わりに使ってみたり、アサイーボウルに加えて甘みととろみをつけたりと、使い方は様々。ドライデーツをぬるま湯で戻して、水と一緒にミキサーにかけてピューレにしてみるのもオススメです。手軽に取り入れられるデーツ、ぜひ試してみてくださいね。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル