香り高き健康スパイス☆クミンシードの効果とは?

モテ子
「心変わりを防ぐスパイス」ですって?大量にストックしなくっちゃ。

少量でも身体に様々な効能を感じられるスパイス。その中でも最近は、高い美容効果や健康効果で「クミンシード」が注目を集めているようです。今回は、そんなクミンシードの効果と取り入れ方についてご紹介します。

クミンシードとは

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

クミンシードは香辛料の一種。強い香りと苦味があり、カレーの香り付けに使われることが多い香辛料です。クミンシードとクミンがありますが、どちらも植物は同じ。クミンはクミンシードをパウダー状に細かくしたものです。クミンシードの香りはクミンアルデヒドの香りで、一般的に食欲を増進させることが知られています。中世ヨーロッパでは「心変わりを防ぐスパイス」といわれており、結婚式に臨む際にポケットに忍ばせたり、ライスシャワーに混ぜたりしていたようです。
クミンシードは、原型のホールのままだけでなく、刻んだり、パウダー状にしたりして使うこともできます。ホールのままで使うときは、フライパンで油を熱するときに「スタータースパイス」として使われることも多く、こうすることで本格的なエスニックな雰囲気を楽しむことができます。刻んでパウダー状にしたものはカレーや野菜炒めなどの風味をよくすることに多く使われます。

クミンシードの美容・健康効果

クミンシードは食欲増進消化の促進腹痛胃痛の緩和に効果があるといわれています。ほかにも、抗がん作用、強壮効果、関節痛の緩和、生理不順の改善に効果があるといわれています。その他にも健康効果が期待できるといわれていますが、何よりも嬉しいのは、ダイエット効果でしょう。一般的には植物ステロールが多く含まれていることで、体内でコレステロールの吸収が抑えられることが痩せる理由といわれていますが、学術的にどの成分にダイエット効果があるかはまだ明らかにはされていません。ただ、イランの大学の実験ではヨーグルトに1日2回3gずつ混ぜて食べ続けたことで、ダイエット効果があったという結果が発表されています。これは試してみる価値がありそうですね。
ただし、食べ物による健康効果は1回食べただけでは現れません。継続して食べることで効果が期待できますのであきらめずに根気よく続けてみましょう。また、クミンシードは香りが強いので、食べ過ぎると体臭が出るといわれています。一度にたくさん食べるのではなく、少しずつ食べるのが長続きのポイントです。

クミンシードの摂り方

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

クミンシードは、さきほどご紹介したようにヨーグルトに入れて食べることもできます。コーヒー豆と一緒に煮出してクミンシードのエキスがたっぷり入った香りのよいコーヒーとして楽しむのもよいでしょう。クミンシードは香りがよいのでエスニック料理の最初の工程として、フライパンで熱した油に香りを移して使うことが多いですが、コリアンダー、ディル、キャラウェイなどほかの香辛料と組み合わせて使うことも多くあります。また、カレーなどの定番の料理に加えたり、クミンライスなども簡単に出来るのでおすすめ。カレーはクミンシードなしでももちろん美味しく作ることができますが、クミンシードが入ることでエスニックな香りが引き立ちます。
ほかにも、レシピサイト等をみると、ドレッシングなどさまざまな活用方法が紹介されているので好みの調理方法を探してみるのも面白いかもしれません。クミンシードを楽しく取り入れてみてくださいね。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!