photo by Fotolia.com

全然知らなかった!あの身近な食材の食べ合わせがダメな理由

モテ子
昔と今じゃNGの理由が違うのね。
photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

昔から「うなぎと梅干」「てんぷらとかき氷」など食べ合わせNGといわれている食材がありますよね。例えば「うなぎと梅干」は、両方食べたらご飯をたくさん食べることになって贅沢だ、というものや、梅干の酸味でうなぎが古くなり酸っぱくなっていても気づけない、というのが組み合わせNGの理由として有力だそう。しかし今は、昔ほどご飯がたくさん=贅沢という考えでもなく、古くなって腐ったうなぎを食べるということもまず考えにくいので、現代においては「うなぎと梅干の食べ合わせがよくない」というのは、迷信といえますね。しかし、最近は食品加工の技術が発達し、食べ物と保存料の食べ合わせがNGな食材が出てきました。

食べ合わせNGの食材

近頃の食べ合わせがNGといわれるものの多くは、化学反応によって発ガン性物質を生成してしまうというものです。どのような組み合わせがあるのでしょうか。

ほうれん草+ベーコン

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

保存料と食品の食べ合わせがNGのもので、特に有名なものは「ほうれん草とベーコン」。ほうれん草の持つシュウ酸がベーコンの発色剤である亜硝酸ナトリウムと体内で化学反応を起こし、発ガン性物質が発生するといわれています。

ハム+バター

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

ハムとバターはハムの発色剤である亜硝酸ナトリウムと、バターで使われている酸化防止剤が組み合わさると、発ガン性物質が発生するといわれています。バターをマーガリンに変えても酸化防止剤は含まれているのでこの結果は変わりません。

焼き魚+漬け物

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

和食では「焼き魚と漬物」の組み合わせは焼き魚の焦げに含まれるジメチルアミンと漬け物の亜硝酸ナトリウムが化学変化を起こし、発ガン性物質が生成されるといわれています。

ドリアン+お酒は高血圧に?!

また、「ドリアンとお酒」は異常な高血圧を引き起こして脳溢血(のういっけつ)となって死に至るといわれています。日本ではドリアンはあまりメジャーな果物ではありませんが、ドリアンの代わりやアルコールの代わりになるものはないので、ドリアンはお昼間のお酒が似合わない時間帯に食べるなどの対応がよいのかもしれません。

とはいえ、普段の食事程度の量ならば問題ない!

発ガン性物質を生成するという食べ合わせに、意外と身近なものがあって驚いた人も多いのでは?確かに、これらは試験管の中で行われる実験では正しい話です。ただ、毎日毎食、大量に食べているのであれば別ですが、どの組み合わせも食べる機会はそこまで多くないですよね。そうなれば、さほどの量ではないので、日常的に食べている量ならば気にする必要はありません。どうしても気になる場合には、調理方法を工夫したり、別の食材に変えるなどの工夫をしてみるのもいいでしょう。

薬との関係は気をつけて!

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

食べ物どうしの食べ合わせは、毎日同じ食べ合わせを食べ続けなければ、そこまで注意が必要なものはありません。しかし、食べ物が薬の邪魔をしてしまうことがあります。よく知られているのは「ワーファリンと納豆」。これは納豆に含まれるビタミンKが血液をさらさらにするためのお薬であるワーファリンの効果を邪魔してしまうのです。ワーファリンを飲んでいる年配の方は割と多いので、一緒に暮らしている人は気をつけましょう。また、グレープフルーツも血圧の薬の邪魔をします。こちらもお年寄りがよく使っているお薬なので要注意です。グレープフルーツはケーキなどの洋菓子に使われていることもあります。一緒に暮らしていなくても訪問する時の手土産などにも気をつけるようにしましょう。

ほかにも、牛乳・ヨーグルトなどは飲み合わせの悪い薬があります。お年寄りが飲んでいることの多い薬だけでなく、風邪薬など、私たちが普段飲む機会がある薬にも効果を邪魔する食べ物がある場合があります。食材の食べ合わせよりも薬と食材の関係のほうが、要注意!薬を買うときはしっかり医師や薬剤師の説明を聞くようにしてくださいね。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

食材から記事を探す

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!