食べても太りにくい憧れの身体に!?痩せホルモンを増やそう!!

モテ子
たくさん食べてもスリムな人ってきっと宇宙人なのね、って意味不明な納得してんじゃないわよ。

「食べたら食べた分だけ…いや、食べた以上に太っちゃう~」という人と「よく食べるけど、そんなに太らないんだよね」という人…その違いはどこにあるのでしょうか?実は人の太りやすさには“痩せホルモン”と呼ばれるホルモンが大きく関わっているのだとか。その痩せホルモンは誰の体内にもあるものですが、分泌量には個人差があり、痩せホルモンが多い人ほど太りにくいのだそうです。「きっと私には痩せホルモンが少ないんだ…不公平だな~」と嘆かなくても大丈夫!痩せホルモンは意外と手軽な方法で増やすことができるんですよ♪今回はダイエッターの救世主・痩せホルモンの増やし方をご紹介します!

痩せホルモン・GLP-1とは?

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

通称“痩せホルモン”と呼ばれるGLP-1。一体何故、痩せホルモンと呼ばれるのでしょうか?その理由は、GLP-1には満腹中枢を刺激して食欲を抑える効果や食べものの消化と吸収のスピードをゆっくりにして、腹持ちを良くさせる効果があるからです。この効果から食べ過ぎや間食を防ぐことが出来るうえ、消化と吸収を遅らせることにより食後の血糖値の急上昇を防ぐことが出来ます。さらに、GLP-1はインスリンの分泌を促進するホルモンでもあります。インスリンは細胞が血液中のブドウ糖をエネルギーに変換できるように助ける働きをします。こうして緩やかに吸収された血中の糖も速やかに処理し、血糖値を安定させることができるのです。血糖値が安定すると食べた物が体内に脂肪として蓄積されにくくなり、太りにくくなるというわけです。GLP-1は、まさにダイエットの心強い味方といえるホルモンなのです。

GLP-1の増やし方

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

痩せホルモン・GLP-1を多く分泌させるためには、腸を刺激してくれる食品を摂ること、腸内環境を整えて腸が活発に働けるようにすること、そしてよく噛んで食べること…この3つがポイントです。

GLP-1を分泌する細胞を刺激する食品を摂る

  • 食物繊維を多く含む食品を食べる

GLP-1を分泌するL細胞は小腸の下部にあります。食物繊維は消化されにくいため、小腸下部まで届き、L細胞を刺激してGLP-1の分泌を促します。食物繊維は腸内の老廃物を吸着して排出したり、便秘を解消したりもしてくれるので、積極的に摂り入れたい成分です。食物繊維を多く含む食材はかぼちゃ、さつまいも、ひじき、わかめ、オクラ、納豆、レンコン、切り干し大根、干し椎茸、おから、キクラゲ、いんげん豆など。日々の食事でこれらの食材を多めに摂ることが大切です。

  • EPAを多く含む食品を食べる

EPAとは魚に含まれる油(オメガ3脂肪酸)のこと。このEPAが小腸のL細胞に入ると痩せホルモンの分泌が促進されるといわれています。しかもEPAには脂肪の燃焼を助ける作用まであります。ダイエット時には特にしっかりと摂りたいですね。EPAは人間の体内で作ることはできないので、食材から摂取する必要があります。EPAを多く含む魚はサバ、イクラ、マグロ、イワシ、ブリ、サンマ、ニシン、ウナギ、などです。手軽にEPAを摂取したい場合はサバ缶などの魚の缶詰を活用するのも良いでしょう。

腸内環境を整える

  • 乳酸菌を増やして腸内環境を整える

GLP-1は腸の状態が良いと多く分泌されます。つまり、腸をいつも健やかに保つことが痩せやすい身体づくりにつながるのです。腸内環境を整えるには、悪玉菌を減らし、善玉菌を増やすことです。善玉菌の一種、乳酸菌やビフィズス菌を含む食品を日常的に摂取して善玉菌を補うと良いでしょう。ヨーグルト、漬物、キムチなどの乳酸菌の原料となる食材やビフィズス菌のエサとなるオリゴ糖を含む大豆、アスパラガス、玉ねぎ、ごぼうを食事に摂り入れるのもおすすめです。

  • お菓子とアルコールは控えめにする

私達の腸管に常在しているカンジダ菌は、増殖しすぎると腸に炎症を起こすなどして腸内環境を悪化させます。カンジダ菌の好物は糖類とアルコールなので、糖分を多く含む甘いお菓子アルコールは控えめにして、カンジダ菌を増やしすぎないようにしましょう。

よく噛んで食べる

よく噛んで食事をすることでもGLP-1の分泌量を増やすことができるといわれています。よく噛むと、あまり噛まずに早食いをする場合と比べ、少なめの食事の量でも満腹感を得やすくなります。その結果、食べ過ぎを防ぎやすくなってダイエットにつながるのです。1口につき、20~30回ほど噛むように心がけると良いでしょう。

まとめ

ダイエットをがんばっているのに、なかなか痩せられない人は、もしかするとGLP-1の分泌量が少ないのかもしれません。今回、ご紹介した方法で痩せホルモンをたくさん分泌させれば、ハードなダイエットをしなくても楽に痩せられるようになるかもしれませんよ。ぜひ試してみてくださいね。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!