飲み会に参加しながら賢く痩せる!太りやすいおつまみと太りにくいおつまみ

モテ子
それを知ってどうにかなるレベルだといいわね。

年末年始のお酒を飲む機会は一年のうちでも特別なもの。つい話も弾み、食も進み、年が明けてこんなはずでは、と思っている人も多いのでは?体重が増えたことに気がついてもまだまだ宴会シーズンは終わりません。しかも、太る原因はお酒だと思っていませんか?今回は、来たる新年会ラッシュに向けてお酒の席には欠かせないおつまみの太りやすいメニュー、太りにくいメニューを確認してみましょう!

太りやすいのはズバリ「糖質」!

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

おつまみにはいろいろな種類がありますが、太りやすいのはやはり糖質が含まれているものです。糖質と聞いてご飯やめん類、ピザなどを避けていれば安心と思いがちですが、意外と見落としているメニューもあるのでチェックしてみましょう。

餃子

餃子の皮は、主に薄力粉や強力粉で出来ているので立派な炭水化物です。シェアして1~2個食べるくらいならそこまで気にしなくても大丈夫ですが、一口目に食べないようにする、数を少なめにする、など意識しましょう。また、同じ理由で点心類も注意が必要です。もちろん油がたっぷり含まれているので脂質も高めですよ!

じゃがいも

いろいろなメニューに化けて、テーブルに並んでいるじゃがいも。じゃがいも自体は栄養価やカロリーの面でダイエッターの味方にもなりうる存在ですが、居酒屋メニューともなれば話は別です。定番のフライドポテトやコロッケは、糖質を油で揚げているので太る危険度はMax!さらに、ヘルシーな気分でオーダーしがちなポテトサラダもじゃがいもにマヨネーズという糖質+油の組み合わせ。誰かがオーダーしてテーブルに並んでいたら、サイドの葉物野菜を積極的に食べるようにしましょう。

揚げ春巻き・生春巻き

揚げ春巻きは、餃子と同じく皮が糖質でさらに揚げ物なので太りやすいのは想像しやすいですが、なんとヘルシーなイメージの生春巻きもNG。生春巻きは糖質のライスペーパーで包んであり、さらにチリソースやマヨネーズをつけて食べることが多いので、食欲を増しやすかったり、脂質を一緒に食べてしまいやすかったりするのです。また、食べる量のわりに腹持ちが悪いのも難点。輪切りのものを1~2個つまむ程度にしましょう。

太りにくいおつまみは?

魚介類

お刺身やカルパッチョなどは、栄養価が高いのにカロリーは低め。さらにDHAやEPAも摂れるので積極的に食べたい食材です。ただ、焼き魚になると塩分が多くなるので生魚のメニューが◎ また、タコ、イカ、ホタテなども疲労回復効果痩せやすい身体に導いてくれるタウリンが豊富に含まれているので、ぜひ積極的に食べたいですね♪

大豆製品

言わずと知れた豆腐などの大豆製品。低カロリーなうえ、栄養価も高く、女子には嬉しい大豆イソフラボンを豊富に含んでいるのでこちらも積極的に食べましょう。また同じ大豆の「枝豆」を食べるのもおすすめですが、塩分を摂り過ぎないように注意しましょう。

お肉

脂がぎっとりのサーロインステーキなどは論外ですが、棒棒鶏焼き鳥(塩)はカロリーも低く良質なたんぱく質を摂れるので食べてもOK!また、脂身のすくないヒレ肉の一口ステーキなども食べ過ぎなければ食べても大丈夫です☆

発酵食品

キムチやチーズなどはどのお店でもある一品料理の一つです。これらはご存知の通り発酵食品と呼ばれているもので、栄養価が高く、腸内環境を整えてくれるのにカロリーが低いというメリットも。もろきゅうチーズの盛り合わせピクルスなども良いですね!ただ、こちらも塩分が多いものもあるので少し塩辛いな、と思ったら量は控えめにしましょう。

どうしても食べたいときには?覚えておきたい小技

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

太ると分かっていてもいざテーブルに並ぶとどうしても食べたいものも出てくるもの。そういう時にも少し工夫をすれば、脂肪に変わりにくくなり、ストレスも最小限にしてくれます。

薬味を添える

〆のラーメンやうどんを食べる時には、薬味として添えられるショウガやネギを入れると、エネルギー代謝を促し、消化を助けてくれるので一緒に食べるようにしましょう。また大根おろしは消化の促進、わさびは血行促進など、太りにくくなる効果が期待できます。薬味が添えられている料理では積極的に一緒に食べるようにしましょう。

揚げ物にはレモンを

唐揚げやフライを注文すると付け合わせでレモンが付いてくることが多いですよね。揚げ物を食べる時にはぜひこのレモンを活用しましょう。レモンに含まれるクエン酸が油を中和して体脂肪になりにくくしてくれますよ。ただ、大皿のまま勝手にレモンを絞るのはマナー的にNG。一言断りを入れるか、自分の取り皿の上でだけにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?ほかにもキムチに含まれているナイアシンは、脂肪の代謝を高めてくれるほか、二日酔いの原因となってしまうアセトアルデヒドを分解してくれる効果が期待できます。少し食べるものを意識するだけで身体に蓄積されるものも変わってきますよ。まだまだ続く宴会シーズン、賢く楽しく乗り切っていきましょう!

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!