オシャレな食事で満たされる?!北欧ダイエットとは?

モテ子
ダイエットなのにリッチな気分になれるかもよ。

おしゃれなカフェでいただく、彩り豊かなワンプレートランチ。量がそれほど多くなくても、見た目の華やかさに心もお腹も満たされるものですよね。そんなカフェのプレートのようなオシャレで美味しいメニューを食べながら健康的に痩せられる「北欧ダイエット」をご存知ですか?今回は満たされながら痩せられる北欧ダイエットの内容やレシピについてご紹介します。

北欧ダイエットとは

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

北欧ダイエットとは、北欧の伝統的な食材を使った料理を食べながら痩せる、というもの。ノルウェーやスウェーデンを代表とする北欧の食事は、脂肪や糖分が少ない食材やメニューが多いため、面倒なカロリー計算をしなくても自然とダイエット効果が得られるというのが、支持される大きな理由の一つです。さらに、糖尿病の改善やさまざまな病気へのリスクを回避する食事療法だと発表されたことからも注目が高くなりました。

北欧ダイエットで用いられる代表的な食材

北欧ダイエットではさまざまな食材が用いられていますが、ここでは野菜と主食、メイン、デザートに分けて見てみましょう。

野菜

根菜はにんじんやじゃがいも、葉菜はブロッコリーやカリフラワーをなどのアブラナ科の野菜を多く食します。これらは、食物繊維やミネラルが豊富で活性酸素を除去してくれる役割があります。じゃがいもは主に煮て使いましょう。

主食

主食はビタミンやミネラル、カルシウムが豊富に含まれた全粒粉やライ麦を使ったパンやパスタなどを食べます。美容と健康の両側面にアプローチしてくれますよ。

メイン

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

お肉は鶏肉や七面鳥、魚介類は白身魚を中心にチョイスします。美容・健康効果の高いノルウェーの代表的な魚、サーモンももちろんおすすめです。

果物・その他

果物はベリーやりんご、梨などがおすすめ。とくにベリー類を多めにとり、自然に含まれた糖分で甘さを感じましょう。そのほかにも豆類やナッツ、ハーブ、スパイスなど使う食材は多種多様。種類が多いのでアレンジ次第でレシピの幅を広げることができますよ。オイルはオリーブオイルではなく、キャノーラオイルを使うというのが、北欧ダイエットのポイントです。

食材を使ってこんなレシピも

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

北欧ダイエットの食材はフレンチやイタリアンにも通じるものがあるので、普段から洋食を好む人にとっては身近なダイエットともいえます。これらに足し算しながらレシピを考えるなら、野菜を使った北欧ポトフや全粒粉のオープンサンド、サーモンとスパイスの蒸し煮、アーモンドパンケーキやヨーグルトベリーのデザートも作れちゃいますよね。また、野菜類は温野菜にするだけでも美味しく、たくさん食べられる食材が多いので、さまざまなスパイスを使い分けると味の変化が楽しめます。

北欧ダイエットに似ている日本食とは

野菜と魚介類をメインに使用するのが北欧ダイエットの特徴ですが、身近な食材も意外と多く、どことなく日本食にも近いように感じた人も多いのでは?そう考えるとほんの少し味付けを工夫するだけで実践しやすいかもしれませんね。例えば、代表的な食材の中にあるじゃがいもは、定番のポテトサラダにスパイスのディルを入れるだけで、一気に北欧風の味わいに変身しますよ。また、味噌ベースで鮭などの魚と野菜を豪快に焼き上げる北海道の郷土料理「ちゃんちゃん焼き」は、スパイスとキャノーラオイルであっさりと仕上げればこちらも北欧レシピに早変わりです。食材はそのままなので、やはりポイントはスパイスやハーブの使い方なのかもしれませんね。

まとめ

カフェをイメージさせるオシャレな料理はお皿やカトラリーを一緒にコーディネートすると、さらに食卓の雰囲気も大きく変わるのではないでしょうか。楽しみながら続けるのが健康的に痩せる近道になります。まずは北欧ダイエットで使う食材を頭に入れつつ、身近なメニューをアレンジするところから始めてみてくださいね。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル