食べるだけで痩せるは勘違い!?「太るサラダ」と「太りにくいサラダ」

モテ子
「サラダ」っていう名前に惑わされないで。

美容はもちろん、ダイエットや健康のためにサラダ中心の食生活を送っている方も多いはず。確かに、サラダは見た目もヘルシーで健康的ではありますが、食べ方によっては逆効果になってしまうのをご存知でしたか?
「毎日意識してサラダをモリモリ食べているのに、全然痩せない…」と落ち込んでいるあなた。ひょっとしたら“太るサラダ”を食べている可能性大!サラダはどんな野菜をどう調理して食べるかが一番のポイント。今回は、ダイエッター必見のサラダの食べ方についてご紹介したいと思います。

ダイエットに不向きな「太るサラダ」

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

糖質&カロリーの高い野菜に注意!

野菜の中にも糖質やカロリーが高いものがたくさんあります。その代表格が、サラダでもお馴染みのじゃがいもやコーン。特に、日本人はお米を主食とする民族のため、ご飯にこれら主食にとって代わるような食材をプラスすれば、太ってしまうのは当然の話。

じゃがいもを使った「ポテトサラダ」をカロリー抑えめで作る場合は、カロリーハーフのマヨネーズを使うのがおすすめ。また、ヨーグルトやオリーブオイルに豆乳を混ぜるだけでマヨネーズの代わりになるので、ヘルシーで美味しいポテトサラダができます。その際は、茹でたてのじゃがいもに塩で下味をつけるのがポイント。

また、緑黄色野菜の中でも栄養価が高いことで知られるカボチャも、糖質やカロリーが高めの野菜です。ポテトサラダ同様、マヨネーズやクリームチーズで和えたカボチャサラダにするとますますカロリーアップになるので、カボチャをサラダで食べる場合は、軽く炒めてホットサラダとして楽しむか、温野菜として食べるといいでしょう。

春雨はヘルシーフードにあらず!?

低カロリーと思われがちな春雨も、イモや豆類などのでんぷんから作られた炭水化物。さらに、市販の春雨サラダの場合、砂糖や油を多めに使った味付けなので、ダイエットで食べるのはあまりおすすめできません。春雨サラダを作る時は、ポン酢であっさりと味付けするなどして、なるべくカロリーオフになるよう工夫しましょう。

美容効果を高める「太りにくいサラダ」

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

葉レタスはサニーレタスをチョイス

最近では、スーパーで様々な種類のレタスが販売されていますが、それぞれ栄養価が違います。一般的なレタスは、野菜の色が薄い淡色野菜なので特別栄養があるものではありません。

せっかく食べるのなら、サニーレタスやグリーンリーフなどの色の濃いものがおすすめ。これらは緑黄色野菜に分類されており、βカロテンやビタミンC、ビタミンE、カリウム、カルシウムもレタスに比べ豊富。特に、βカロテンには、老化の原因となる活性酸素を除去する効果が期待できるので、女性は積極的に摂り入れたいところ。そのほか、栄養価が高い水菜やサラダ用のほうれん草もおすすめの食材です。

「デリ風サラダ」で腹持ちアップ

ダイエット中は、サラダをメインの食事にしたい方も多いはず。そんな時におすすめしたいのが、私たちの身体を作る良質なたんぱく質を摂り入れたサラダ。鶏のササミや魚介類、卵、豆製品を加えてデリ風サラダにすれば、たんぱく質にくわえてビタミン・ミネラルなどの栄養素もバランス良く摂ることができます。

ほかには、キノコ類を入れて食物繊維を補ってもいいですし、ワカメやひじきなどの海藻類で女性に不足しがちなミネラルをプラスしてもいいでしょう。噛む回数が増えるような食材を加えれば、サラダでも十分満足できる一品に仕上がります。

サラダを食べる時に気をつけたいこと

しっかり食べたいならランチタイムに

サラダは食材さえ気をつければヘルシーなものなので、むしろ毎食食べてもいいくらいですが、生野菜には身体が冷えて代謝が下がってしまうといった一面も。特に、一日の代謝を上げる朝と、徐々に代謝が下がる夕食時にサラダを食べると、脂肪燃焼機能が下がってしまいダイエットには逆効果。

サラダを食べるのに適した時間帯は、一日のうちで最も代謝のいいランチのタイミング。この時間帯は少しくらい身体が冷えても、代謝機能には影響が出にくいといわれています。

ドレッシングはノンオイルのものか手作りで

「サラダには、たっぷりドレッシングが欠かせない!」なんて思っている方もキケン!市販のものは、意外と高カロリーで油分も多め。ノンオイルでもいいですが、どうせなら手作りしてみるのもアリ。買うよりも栄養価が高いので、美容や健康にも効果を発揮してくれるはず。

使うオイルは、オリーブオイル・アマニ油・ココナッツオイルなどお好みの良質オイルであれば何でもOK。白ワインビネガーを30cc加えるか、ポン酢を50cc入れて和風仕立てにするのもおすすめ。塩・コショウで味を整えるだけであっという間に完成です。

まとめ

サラダはキレイになりたい女性にとって欠かせないメニューですが、使う野菜や調味料、食べるタイミングによって逆効果になってしまうことがおわかりいただけましたか?また、ダイエット中に食べる場合は、筋肉を作って脂肪を燃やすためにもたんぱく質などほかの栄養素もしっかり摂ることが大切。バランスよく食べることを心がけながら、身体の中からキレイを目指していきましょう!

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!