バナナ型遺伝子型別ダイエット

モテ子
太り始める前は無敵だったのにね…。

一度太ると痩せにくいバナナ型

3つのタイプ別に特徴とダイエット法を細かくご紹介しましょう。今回は「バナナ型」。脂肪も筋肉も少ないほっそりタイプですが、一度太ると痩せにくいため要注意。日本人のおよそ6人に1人が当てはまります。

バナナ型の特徴

  • トップバスト⇒男性85cm未満、女性80cm未満。胸が薄く、太るときは、胸から下に脂肪がつく
  • 遺伝子⇒「β2AR」遺伝子を持つ人。基礎代謝が高めで太りにくい。
  • 肥満の素⇒特になし。
  • 肥満傾向⇒手足がほっそりと長く、脂肪も筋肉も少なく太りにくい。いったん太りはじめると脂肪が燃えにくいため痩せにくく、体重100kg超の巨漢になったりする。上半身の姿勢が悪くなる。
  • 性差⇒なし
  • 平常時の体温⇒高い(36.5度台)。
  • 体質⇒汗をかきやすい。 痩せすぎて病弱になりやすい。心筋梗塞と脳卒中を起こしやすい。
  • 食べ物⇒野菜や魚、果物、などヘルシーなものを好む
  • その他⇒食事の量も元々少なめなので、食べなくても平気な人が多い。

バナナ型のダイエット8か条

胃腸が弱い傾向にあり、特にタンパク質の消化が苦手なバナナ型の場合、摂取カロリーは抑えても、筋肉を維持しつつ健康的な体を作るタンパク質の摂取は欠かせません。よってダイエットには、胃腸に優しい豆類や魚類などからタンパク質を摂る「高タンパク食ダイエット」の実行をおススメします。

次の8か条に従ってダイエットしてみてください。

  1. 納豆や豆腐、魚などを積極的に摂る
  2. 肉類を食べるときはよく噛む
  3. 食べる順番は「タンパク質(肉・魚・豆類)」→「野菜・海藻類」→「炭水化物」の順で食べる
  4. 朝食や間食時に、牛乳や豆乳を飲む
  5. アルコールはワイン2杯までが理想。
  6. 毎日、食事日記と体重、体脂肪を記録する
  7. タンパク質不足を感じたら、サプリメントでの補充も考える
  8. 全身の筋力トレーニングを行なう(ジムに通うのもおススメ)

その他、実行すべきポイントは以下の通りです。

栄養バランス

マトリックスダイエットでは、遺伝子型によって食べる栄養素の割合を変えなければいけません。バナナ型の場合は・・・

  • タンパク質:脂質:炭水化物のバランスは、3:3:4が理想。
  • 最低でも1食(回)はタンパク質に富む食物を摂る。

お酒を飲むときの注意点

  • バナナ型は、アルコールに対する耐性があるため、特に注意点はない。

外食時の注意点

  • 良質のタンパク質が摂れるメニュー(豆腐や魚、赤身の肉など)を選ぶ。

おススメの運動

  • 全身の筋肉が鍛えられるような運動を行う。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル