夏太り解消!「夏肉」とおさらば♪ 

モテ子
あんなに汗をかいたのに痩せない汗だったなんてね…油断したわね。

夏といえば「夏バテ」。食欲不振で痩せるのがアタリマエ!と思っていたら、実は、猛暑で夏太りする人が増えているそうです。「ああ、やっぱり…」と頷いている女子、多いのでは…?そして、秋のおしゃれシーズンを前に、元に戻そうと焦っている女子も多いはず。今回のテーマは、そんな夏太りウーマンのための「夏肉」解消法です。

夏太りの6大理由

ところで、どうして夏太りするのでしょう?原因には以下のようなものが挙げられます。

1.冷たいものの食べすぎ、飲みすぎ

ジュース・スポーツドリンク(カロリーオフタイプでないもの)やビールの飲み過ぎはカロリーオーバーのもと。また、水分や麺類のとりすぎは、ムクミの原因にもなります。

2.運動量の低下

今年のような猛暑だと特に、できるだけ外出しないで済ませようとする行動パターンになるので、運動量も激減。そのせいでスーパーや百貨店の売り上げも落ちたようですよ!

3.汗を多くかけば痩せると勘違いし油断する

暑さでかく汗は体温調節のためであり、運動で汗をかくのとは意味が違います。暑さによる汗では脂肪は燃焼されず、あくまでも水分が出ていくだけ。水を飲めばもとに戻るので勘違いは禁物です。

4.自律神経の乱れ

人間は温度変化に適応するよう体温調節を行いますが、夏は冷房が入った涼しい室内と、暑い戸外との気温差が激しく、体温調節機能を持つ「自律神経」がくたびれて調子を崩してしまいがち。体温調節機能が上手く働かなくなると、血液の循環が滞り、体に「冷え」が起こります。体が冷えたことを感知した脳は、「冬」と間違い、熱を逃がすまいと脂肪を体に溜め込んでしまいます。

5.冷えによる基礎代謝の衰え

冷房や冷たい飲み物などによって体が冷やされ、基礎代謝が低下しがち。いつもと同じぐらいしか食べていなくても、太ってしまう場合もあります。

6.栄養バランスの崩れ

夏は麺や水分、アイスなどをとる機会が多くなり、体に大切なビタミンやミネラルが不足しがちになります。これら代謝をサポートするビタミンやミネラルが不足してしまうと、糖質や脂質がエネルギーとしてスムーズに燃焼されずに、体内に蓄積されてしまいます。

これだけの理由が絡まりあって、夏太りしてしまうわけです。夏ってダイエッターにとって、案外危険なシーズンだったのですね。覚えておきましょう!

夏太りを解消する5メソッド

夏太りの理由を念頭に入れて、解消のためのメソッドを5つご紹介します。

1.冷えの改善

・一日の終わりには湯船にしっかり浸かるか、足湯などをして体を芯から温める。
・リンパマッサージなどで血行を改善する。
※深部体温を上げることを意識して、冷えを改善しましょう。

2.筋肉を増やす

通勤通学のときは速歩で歩くようにするなど、普段の生活からできるだけ体を動かすことを心がけ、部屋の中ではストレッチやヨガなどを実践して、適度に筋肉を動かす。
※低下した基礎代謝の回復には、筋肉を増やすのが効果的。筋肉が増えれば、筋肉が動くたびにエネルギーを使ってくれるので基礎代謝が上がり、効率よく脂肪を消化することができます。

3.ムクミを改善する

・ムクミを解消する「カリウム」を多く含む、干しヒジキ、焼き海苔、シイタケ、切り干し大根、バナナなどを食べるようにする。
・軽いマッサージや運動などで滞った血流を改善する。

4.栄養バランスを考える

食事は一度に栄養価の高い食事をするよりも、栄養バランスを考えた食事を、毎日きちんと三食とるようにする。
※特にビタミンやタンパク質は脂肪燃焼にとって強力なサポーターになるため、「豆類」「米類」「海藻類」「魚介類」「野菜」「きのこ類」「イモ類」「肉・乳製品」などからバランスよく栄養を摂取しましょう。

5.規則正しく生活する

就寝時間や起床時間、食事の時間などを意識して、メリハリのある生活を送る。
※規則正しい生活リズムは、過度な体温調整で疲れた自律神経の乱れを修正してくれます。

疲れたり汗をたくさんかいたりするぶん、夏はカロリーの消費も多いだろうと思ったら、違っていてがっかり!?気を取り直して、5メソッドを実行し、すっきりした体型で秋を楽しみましょう。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル