食欲の秋!ダイエット必勝法はリラックスにあり!

モテ子
リラックスしてダイエット…。だまされたと思って、はじめてみない?

「食欲の秋」到来!秋のダイエットのむずかしさは、なんと言っても「食欲との戦い」にあることは間違いありません。秋を制する者ダイエットを制す(?)この季節のダイエットを乗り切るためのポイントをしっかりおさえて、秋のおしゃれが似合うすっきりボディを手にいれましょう!

実は秋は、ダイエットのベストシーズン!?

「秋のダイエットは大変!」と誰しもが思うところですが、なんとダイエットに詳しい大学教授によると、秋こそ、一年のうちで一番ダイエットに向いている季節なのだそうです。その理由は、自律神経のバランスが整いやすいから。

自律神経には「副交感神経」と「交感神経」があります。

副交感神経

修復・休憩・リラックスの神経。この神経が働くのは、睡眠中、リラックスしているとき、ゆったりと落ち着いているときなどで、「からだの修復」を主な役割としています。

交感神経

活動中、不安・恐怖・怒りなどストレスを感じているときなどに働く神経です。交感神経が働くとき、血管は縮み、心拍数が増え、筋肉が緊張して、状況の変化にすばやく対応できるよう、体は準備をしています。

両者はバランスよく交互に優位になることが望ましく。そうした状況下では、血流はスムーズで、代謝活動も良好、脂肪燃焼も効率的に行われます。

ところが猛暑の夏には、暑さや室内外の温度差によるストレスなど夏の疲れがたまり、副交感神経の働きが急降下。自律神経のバランスが乱れて代謝活動が鈍り、夏太りしてしまうのです。

つまり、四季のなかで夏は、一番ダイエットに向かない季節。逆に秋は、気候が穏やかで、美しい自然に触れたりスポーツでストレスを発散する機会も増えるため、副交感神経が回復し、自律神経のバランスが整いやすくなるのでダイエット効果も高めやすいというわけです。

さらに、緊張を強いられることが多い現代社会では、交感神経は放っておいても優位になりがちなので、副交感神経が優位に働くようサポートするのが、ダイエット成功の近道になるようです。

副交感神経サポート・ダイエット術

ではどうしたら、副交感神経の働きを促して、ダイエットを成功に導けるのでしょう?
その秘訣は、ストレスの原因になることをしないこと。たとえば、ダイエットの王道である食事制限も、過度に実行するのはNG!自律神経が乱れ、腸内環境が悪化し、内臓脂肪や皮下脂肪を蓄えようとする悪循環も起きてしまって、「ストレス太り」のリスクが増してしまうからです。

よって、ダイエットするならストレスをあまり感じないよう、普段の生活をなるべく変えずに取り組めることがポイント。以下に、副交感神経を高めて代謝アップさせるためのトレーニング法をご紹介します。

  1. 起床時、コップ1杯の水を飲む(水を飲むと大腸を刺激し、副交感神経が活性化されます)
  2. ぬるめのお湯で半身浴してリラックス
  3. 「着心地」、「履き心地」がよいものを身に付ける
  4. (痛みやストレスをともなう運動より、)背筋を伸ばしてリラックスし、ゆっくり歩くことを心掛ける
  5. 「イヤイヤする」はどんなことでも逆効果、「気持ち良さ」「リラックス」を重視して快適に生活する

着心地の良い服や靴を履くだけでダイエット効果がアップするなんて、意外な気もしますよね。でも、ダイエットの大敵であるストレスをなくすことが結果的にダイエットを成功に導く近道になるのです。要は、無理は禁物大切なのは工夫

無理せず、楽しく続けられる方法でなければ、ダイエットで本当に成功することはできない、ということなんですね。だまされたと思って、実行してみませんか?

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル