ウエストまわり「鏡餅お肉」解消 通勤&通学ダイエット!

モテ子
全国の「電車の中では居眠り派」女子、目を覚まして、気持ちとお腹を引き締めなさい。

食欲の秋。おいしく食べるのはいいけれど、パンツのベルトにお腹のお肉が重ねた鏡餅のように乗っているのを発見!慌ててしまいこんで「見なかったことに」なんてしていませんか?現実から目をそむけてはいけませんね〜。きゅっとくびれた自信がもてるウエストになるために、どんなに多忙な女子でもOKな、通勤・通学中にできるウエスト引き締めエクササイズをご紹介します。

ウォーキングしながら引き締める

2点立ち

本格的なウエスト引き締めウォーキングを始める前に、基本となる2点立ちを覚えましょう。フラフラしなくなることを目標に、お部屋の中でやってみて!
6_56_01

1.基本の正しい姿勢で立つ

まずは真っ直ぐ立つことから始めましょう。 肩・腰・床が並行であることを意識して真っ直ぐに立ちます。この姿勢をキープするためには、ウエスト部分の筋肉を意識して上半身を引き上げることがポイントです。
自然に呼吸しながら、ゆっくりと行います。

2.かかととつま先で立つ

次に脚を前後に開き、前側の足のかかとと後ろ側の足のつま先の2点で身体を支えます。最初はふらふらするので、小さな歩幅から。壁などに手をついて少しずつ慣らしていきます。

※この立ち方をしてみると、「バランスを取って歩くだけでも、腹筋を使う」ということがよく判ります。次は、腹筋を使いながら歩く、ウエスト引き締めウォーキングの実践です。

ウエスト引き締めウォーキング

歩くだけでウエストをきゅっと引き締める、腹筋に効くウォーキングです。

駅まで、電車の乗り換え、オフィスの中など、移動時にぜひ実践してください。

※くつの選び方

ウォーキングシューズやぺたんこの靴で歩くのがベストですが、ヒールのある靴でも安定感のあるものならOKです。

6_56_02

1.基本の正しい姿勢で立つ(前項参照)

2.大きな歩幅で歩く

足の付け根から踏み出し、前側の足はかかと立ち後ろ側の足はつま先立ちの2点立ちで、できるだけ大きな歩幅で歩きましょう。お腹の筋肉を意識しながら行うと効果的です。

※周囲から見て「へんな歩き方」にならないためには、「2点立ち」に慣れて、とにかくふらつかないことが大事。頑張って!

どんなに忙しい女子でも、歩かない日はありませんよね。ちりも積もれば山になる! この歩き方が習慣になれば、永遠のくびれを手に入れるのも夢ではありません。

電車の中で座りながら引き締める

幸運にも電車やバスで座れたときはエクササイズのチャンス! 自分を甘やかさず、ウエストを引き締めましょう。

1.自分にスイッチを入れる

意識して背筋を伸ばし、腹筋に少し力を入れましょう。両手はヒザの上で構いません。

2.両ヒザを上げる

両ヒザを少し上げ、足を浮かせます。

3.そのままキープ

キープ時間の目安はありません。いつも降りる駅やバス停まで、あるいは一区間だけなど、自分の頑張れる範囲でキープしてください。休み休みでも大丈夫です。

呼吸は止めずに、深く鼻から吸って深く口から吐きます

ちなみに電車の中では、座るよりも立っていた方が、全身的な引き締め効果があります。

「座れなかった〜」なんてときもがっかりしないで、「エクサのチャンス!」と喜んでください。

ウエストを引き締める「エクサ立ち」のポイントは、吊革につかまって背筋を伸ばし、下腹に力を入れてへこませ、おしりにも力を入れて、きゅっと引き締めること。これだけ!

ぜひ毎日、実行してみてください。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

部位から記事を探す

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル