おやすみ前のたった5分!むくみすっきり脚裏ストレッチ5選

モテ子
モテ子
寝るまでの時間を5分延長するくらいなんてことないでしょ?


夕方に突如現れるむくみ…。お悩みの女性は多いのではないでしょうか?むくみの原因は、長時間のデスクワークなどによる血行不良冷え、塩分の摂りすぎなど。あなたは1日のむくみをその日のうちに対処できていますか?「たかが、むくみ」と放置してしまうと、リンパ管や毛細血管が圧迫されてセルライトができやすくなり、酸素や栄養素の運搬を妨げることに…。その状態が続いてしまうと、脚はどんどん冷えて太くなる一方です。今晩から脚裏ストレッチを取り入れ、スッキリ脚を手に入れましょう!

なぜ脚裏をストレッチするとむくみがとれるの?

ズバリ、脚の裏側にはリンパの流れ、血行を改善するための筋肉やリンパ節などのポイントがたくさんあるためです。まず、膝裏には、脚のリンパをとりまとめる大きなリンパ節があります。リンパ節が持つ役割は、「排泄機能」と「免疫機能」の2つ。前者によって老廃物が排出されやすくなり、後者によって細菌やウイルスなどの悪モノにフィルターをかけ、侵入を阻止してくれるはたらきがあるのです。つまり、膝裏のリンパを刺激することで、滞っていた余分な水分や老廃物が排出されやすくなります。また、太ももの裏にはハムストリングス筋という筋肉があり、この筋肉を動かすことで太もも裏の血行だけではなく滞りがちなリンパの流れも良くなります。そして、ハムストリングス筋は骨盤にもつながっているので、鍛えることで腰痛を予防できるというメリットも。さらに、ふくらはぎの筋肉は、「第二の心臓」と呼ばれ、動かすことで下半身の血液を心臓に戻すポンプの役割を果たします。このように、脚の裏側をほぐしたり、刺激したりすることで、むくみ解消にも効果が見込めるということなのです。

脚裏ストレッチ5選

① 下半身全体をスッキリさせるストレッチ


床に仰向けに寝て、両手は手の平を下にして脇に置きます。両膝を曲げながら少しずつ足を持ち上げ、脚と床が90度になるよう天井に向かって伸ばします。両手で膝裏を持ち、お腹をのぞき込むようにして頭を上げ、10秒ほどキープ。これを3回繰り返します。

② 股関節をほぐすストレッチ


仰向けになって横になり、両脚の足裏をくっつけて10秒キープするだけ。脚の付け根にもリンパが流れているので、同時に股関節周りを刺激することで脚全体の血流を促すことができます。

③ タオルを使った内ももを鍛えるストレッチ


両脚を伸ばして床に座り、タオルを片方の膝にかけて、片手で外側に引っ張ります。このとき、脚が広がらないようにしっかりと力を入れて10秒キープ。片脚ずつ5回繰り返します。太ももの周りのさまざまな筋肉にも働きかけることができ、脚全体の引き締めに効果的です。

④ オフィスで息抜きストレッチ


両脚を伸ばして、前屈するだけ。足の裏はベタッと床につけ浮かないようにすると、膝裏がよりピンと伸びてストレッチ効果もアップ。同時にリンパを流すように膝裏全体をゴリゴリと刺激しましょう。

⑤ ふくらはぎをほぐすストレッチ


正座した状態から片脚を立てて胸に付けるように曲げます。立たせたほうの脚を両手で抱え、上体を前にゆっくりと倒していきます。このとき、ふくらはぎが伸びているのを感じられればOK。反対側と合わせて、3回ずつ繰り返します。

脚裏ストレッチですっきりボディを手に入れる

今回ご紹介したストレッチは運動が苦手な人でも気軽に始められる、簡単なものばかりです。脚裏の筋肉をほぐしてリンパや血液の流れを促すことで、むくみ解消や冷え対策にも一役買ってくれるはず。「その日のむくみは次の日に持ち越すべからず!」。これをモットーに、今日から脚裏ストレッチ、始めてみてくださいね!

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル