汗をかいてるのに痩せない!汗とダイエットの不思議な関係

モテ子
モテ子
汗と脂肪燃焼はいつもセットじゃないのよ。
photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

「夏の暑い時期だからこそ、汗をいっぱいかけばきっと痩せるはず!」と熱心にエクササイズに励んでいるにもかかわらず、なかなか結果が出なくて悩んでいませんか?

確かに、汗をたくさんかけば体重は減ります。しかし、汗をかいた後に体重が減るのは、体内の水分が減っただけであって脱水症状に近いので、むしろ身体にとってはキケンな状態。しかも、水分補給すればすぐに体重は戻ります。今回は、そんな汗とダイエットの深い関係についてまとめてみました。

汗には良い汗と悪い汗がある!?

汗が出る仕組みとして、「汗腺」というところから汗が分泌されているのはご存知のとおりですが、この汗腺が汗を2種類作り出していることをおさらいしておきましょう。

エクリン腺

汗腺の中で、エクリン腺から出る汗は、主に体温調節を目的とした汗のため、99%が水分といわれています。このエクリン腺から出る汗の特徴は、汗の粒が細かくサラッとしていて、なおかつ無臭。

この汗は、汗の中に少量の塩分を含んでいて、皮膚を酸性に保つ役割があることから、雑菌の繁殖を抑える効果もあるといわれています。さらに、すぐに汗が乾くので、汗が蒸発すると同時に、体温を下げてくれる効果も。

アポクリン腺

一方のアポクリン腺は、生まれつき全身にあるエクリン腺と違って、発達することが大きな特徴。特に、思春期になると脇や外陰部などの部分で発達するため、匂いがキツく感じてしまうのはこの汗が原因。アポクリン腺から分泌される汗には、たんぱく質や脂質、アンモニアを含んでいることから、これらが皮膚の常在菌や大気中の細菌に分解されることで匂いが発生するといわれています。

また、ベタベタしていたり汗がダラダラと流れたりするのも特徴的。そのため、汗も蒸発しにくく、体温を下げる働きが弱いというデメリットもありますが、汗をかくことで老廃物を一緒に身体の外に排出するといった、デトックス効果が期待できるのだとか。

デトックスで痩せる汗をかく方法

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

デトックス効果を狙って汗をかく前に、まず知ってほしいのが、アポクリン腺からの汗は時間をかけて身体を温めないと出てこないということ。この方法に効果的なのが、ズバリ半身浴をすることです。ここからは、アポクリン腺から汗が出るような半身浴のポイントをご紹介します。

水分補給はこまめに

半身浴をすると汗をかく量も自然と増えるので、脱水症状にならないためにも入浴前はもちろん、入っている間、入浴後にそれぞれコップ1杯分の水分を取るようにしましょう。デトックス効果がある飲み物でもOK。

身体と浴室を保温する

身体が冷えると汗が出ないとは当然のこと。入る前には換気扇を止めて、熱めのシャワーで浴室をきちんと温めてから入るようにしましょう。半身浴の間もタオルを上半身にかけながら入ると効率良く身体が温まるのでおすすめ。

ぬるめのお湯でゆっくり浸かる

アポクリン腺を活発化させるには、じっくり身体を温めることが大切。少しぬるめだなと感じる38℃くらいのお湯に、最低でも30分ほど浸かるのがポイント。お風呂に長時間浸かることによって、身体の表面だけでなく身体の中まで熱が伝わりますよ。

汗が出てから身体を洗う

アポクリン腺は、毛穴から老廃物を水分と一緒に外に排出します。つまり、アポクリン腺から汗が出る時は毛穴が開いているので、身体や髪を洗うのはこのタイミングがベスト。毛穴の汚れをしっかり落とすことができます。

最後にもう1度身体を温める

すべて洗い終わった後は、再度湯船に浸かって、手や足に水をかけてから出るのがおすすめ。あえて手足を冷やすことで身体が熱を閉じ込めようとするので、お風呂上がりもポカポカし長時間湯冷めしにくくなります。

まとめ

よく“痩せるために運動して汗をかく”を思われがちですが、痩せる汗というよりいかに良い汗をかくかどうかが大切です。一日中エアコンがきいた室内にいて、汗をかく機会が減っていると感じている方は、半身浴などで積極的に痩せやすい汗をかいて代謝アップにつなげていきましょう。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

専門家ライター募集 モテ子YouTubeチャンネル