暑いから汗をかくのは嫌!夏こそオススメな「脱力系エクササイズ」

モテ子
モテ子
食いついたわね。年中脱力してるクセに。


ジッとしていても汗が止めどなく出てくる夏。「ダイエットは頑張りたいけど、汗をかいてベタベタにはなりたくない!」という女性も多いはず。
夏は代謝が上がってダイエットにも成功しやすいと思われがちですが、実は逆だということをご存知でしたか?冬に比べて代謝が下がりやすくなる夏は、一年を通して最も太りやすい季節。今回はそんな痩せにくい夏におすすめしたい、ゆる~いダイエット法をこっそりお教えしたいと思います。

夏ダイエットは脱力系で賢く痩せる!

近年注目されている「脱力系ダイエット」。努力や根性が必要なダイエットとは違って、過度な努力をせず力を抜いて行うダイエット法なので、まさに今の季節&汗をかきたくない人にはピッタリ。

さらに、月経が終了してから2週間は脂肪が燃えやすい時期といわれているので、毎日取り組めばダイエットの効果をより高められますよ。さっそく、おすすめの脱力エクササイズをご紹介していきましょう!

夏だから効く!ゆるゆる脱力系ダイエット

バタバタ体操

ベッドの上で仰向けになり、手足を床につけ力を抜きます。後は、手足を上に上げて膝の力を抜き、30秒から1分程度を目安にブルブルとひたすら動かすだけ。朝と夜の1日2回がベストですが、ゆるく継続させるためにも始めのうちは夜1回からでもOK。慣れてきたら少し時間を長めにしてみましょう。

バタバタ体操のポイントは、しっかり“脱力”を意識すること。筋肉に力が入りすぎていると上手くブルブルさせることが難しくなり、効果も半減。また、脂肪を燃やすためにも息を止めずにきちんと呼吸をして、身体に酸素を取り入れることもお忘れなく。ダイエットだけでなく、むくみ冷え性の改善も期待できますよ。

クラゲのポーズ

下半身に力を入れてしっかりと立ったら、上半身を脱力し、ゆるっと身体を傾けます。左足に重心を移しながら左に倒れるようにし、クラゲになったつもりでゆらゆらと完全に脱力してから10秒ほどキープします。腕はぶら下がるようなイメージ。反対側も同様に行います。

呼吸を止めないためにも、キープする10秒間は声を出して数をかぞえましょう。身体の力が抜けた心地よさを味わいつつリラックスすることで、血管が広がり血流アップにつながります。目の疲れや肩、腰のコリにも効果アリ。

食前30分前に野菜ジュースを1杯飲む

「ダイエットするなら、まずサラダから食事を」という言葉も当たり前になってきましたが、サラダが食べられない時もありますよね。そんな時は、野菜ジュースを食前に飲めばOK。食後の血糖値の上昇を緩やかにする効果があり、食前だけでなく、食事中にとることでも同等の効果を得ることができるのだとか。

できれば毎食ごとに野菜ジュースをとることが理想ですが、ゆるく続けるには1番ガッツリ食べがちな夕食から始めてみましょう。どうせ飲むならダイエットに効果的なトマトジュースがおすすめ。トマトに含まれるリコピンには、血中の中性脂肪を減らしてくれるほか、悪玉コレステロールを減らす効果があり、カロリー代謝を高めてより痩せやすい身体に導いてくれますよ。

寝る前にハチミツを大さじ1杯摂る

寝る1時間前にハチミツを大さじ1杯ほど、飲むか食べるだけ。眠る前にハチミツを摂ると、肝臓に適度な糖質を蓄えることができるため、成長ホルモンが十分に分泌され、脂肪が燃焼しやすくなるのだとか。質の良い睡眠を誘うともいわれているので、浅い眠りに悩まされている方にもおすすめです。

朝食に卵料理を食べる

朝食に卵料理を食べると、体温の上昇を促して基礎代謝をアップできるといわれています。動物性たんぱく質が多く含まれる卵には、満腹感を継続しやすく結果的に食欲を抑える効果があるという研究結果も。海外セレブやモデルがこぞって実践していることでも話題になっています。卵料理の調理法は、焼いても茹でても生でも、半熟でもOK。日替わりで色々とアレンジして飽きのこないようにしましょう。

まとめ

脱力系ダイエットは、運動や食事制限をするダイエットに比べて即効性は低いかもしれませんが、継続することで体質改善を促し、結果的に痩せたり太りにくい体質を作ってくれたりします。毎日できることをゆる~く続けることが痩せるための近道!すべて毎日やろうとするのではなく、まずは自分ができそうなものを選んで取り組んでみてはいかがでしょうか。

こちらもあわせてチェック

>>睡眠美容で肌再生☆眠り姫度チェック

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

専門家ライター募集 モテ子YouTubeチャンネル