よく噛む人は顔でわかる!?よく咀嚼するメリット

モテ子
モテ子
アナタって小顔でシャープな顎よね。

最近太って顔がたるんできたなぁ、、、と思っているそこのあなた!その顔のたるみ、食事のときにあまり噛んでいないことが原因かもしれません。あなたは大丈夫ですか?ハッとしたみなさんのために、今回はよく咀嚼するメリットその秘訣をお伝えしていきます☆

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

よく噛む効果

よく噛んで食事をすると満腹中枢が刺激されてダイエット効果が期待できる、という話はよく耳にするでしょう。しかし実際には、それ以外にもたくさんのメリットがあるのです。

消化促進

よく噛むと食べたものが口の中である程度まで消化されるため、胃腸の負担を軽減することができます。また、酵素は免疫にも関わっているので胃腸で使う消化酵素の量が減れば免疫力向上に働く酵素が増え、免疫力もアップします。つまり噛むことは風邪などの予防にも効果的なのです。

美肌効果

よく噛むことで分泌される唾液中にはパロチンというホルモンや、EGF(上皮成長因子)という美容成分が含まれています。これらはいずれも肌の新陳代謝を促進し、肌の健康を保つ働きをします。また、噛んであごの筋肉を鍛えることでしわができにくい肌にもつながりますよ。

小顔効果

噛むと表情筋という顔の筋肉が鍛えられます。これによりアゴの周りの筋肉が引き締められると、小顔になるのです。また、表情筋を鍛えると笑顔も魅力的になるともいわれています☆

脳の活性化

咀嚼リズムによって脳の神経が刺激されると精神を安定させる作用のあるセロトニン分泌が増え、集中力アップやストレス解消効果が得られます。そのほかにも、セロトニンは記憶の形成に関わっているので咀嚼によって記憶力アップも期待できますよ。

健康的な歯に

唾液には、溶けかかった歯の表面を元に戻して虫歯を予防したり細菌感染を防いで歯周病を防いだりする働きがあります。また、歯が並ぶための骨が発達することで歯並びも良くなります。小さい頃からよく噛む習慣をつけることが綺麗で丈夫な歯を保つためには重要ということですね。

がん予防

食品には、焦げのように蓄積されることで発がん性を示すものがあります。これらの物質を分解して外に排出しやすくするのが、唾液中のペルオキシダーゼという酵素。つまりよく咀嚼することはがんの予防にもつながるのです。

回数だけじゃだめ!

「よく噛む」といっても、ただ咀嚼回数を増やせば良いというわけではありません。実は左右バランス良く噛むことも大切なのです。左右いずれかに偏って噛んでいると、歯並びなどの口内のバランスが乱れるだけでなく、全身のゆがみにもつながり頭痛や肩こりを引き起こすこともあります。また、ほうれい線の長さや濃さが左右で異なる原因になってしまうかもしれません。虫歯をつくらない、食事中はテレビを消す、などといったことに気を配り、咀嚼が一方向に偏らないようにしましょう。

よく噛むためには?

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

自然と噛む回数を増やす

食事に硬い食材や食物繊維の豊富な食品を取り入れたり食材を大きめに切ったりすると自然と咀嚼回数が増えます。食べやすさを重視すると柔らかい食品を使ったり食材を小さく切ったりしてしまいがちですが、たまには意識して食べにくいものを取り入れましょう。

一口を少なく

一回で口に入れる量を少なくすれば、同じ量の食事を食べきるまでの咀嚼回数は多くなる計算になります。スプーンのサイズを小さくしたり箸を利き手と反対の手で持ったりするなどの工夫をして一口を小さくしてみましょう。

適度な空腹感

あまりお腹が空いていないと食事を味わおうという気持ちが薄くなるためよく噛まずに飲み込んでしまいがちです。反対にお腹が空きすぎると味わう前にお腹を満たしたいという気持ちが勝って早食いになってしまうことがあります。適度な空腹感を感じたときに食事を味わって食べると良いでしょう。

食事の時間に余裕を持つ

時間に追われている人が多い現代。食事をしながら仕事や勉強を進めていたり用事の合間の数分間で適当に食事を済ませている人もいるでしょう。しかし時間がないと噛む時間をもったいなく感じて噛まなくなってしまいます。忙しい中でもできるだけ食事時間は余裕を持って設定してみてください。

ガムのだらだら噛みは気をつけて

みなさんの中には、空腹をまぎらわすためにガムを愛用している人は多いでしょう。実際、ガムを噛むことで「よく噛む効果」の項目で挙げた内容と同じ効果は期待できます。しかしガムの噛みすぎは要注意!アゴの筋肉が極端に疲労して顎関節症のような症状が出たり、アゴの筋肉が発達しすぎてえらが張りフェイスラインに影響が出たり、噛む筋肉の疲労により頭痛を感じたりといったデメリットもあるのです。ガムには眠気覚ましや間食代わりというように色々な役割がありますが、食べ過ぎには気をつけてくださいね。

おわりに

いかがでしたか?よく噛むことは食事に感謝したり料理を味わったりすることにもつながります。いきなり咀嚼回数を大幅に増やすのは難しくても、できる回数から始めて健康的で質の良い食事を目指しましょう!

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!