飲むタイミングで痩せ効果が変わる!?「豆乳」ダイエットを成功させる秘訣が知りたい!

モテ子
モテ子
量とタイミングも意識しないとね。
photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

ダイエットで食事制限をしていると、栄養不足からお肌がガサガサになりがちですよね。そんな方におすすめしたいのが、栄養たっぷりでカロリーは牛乳より少し控えめの「豆乳」。美肌効果があることはもちろん、痩せ効果も高いのは有名な話です。
しかし、この豆乳の飲む時間帯で作用が異なるのをご存知でしたか?今回は、豆乳を飲むメリットと、効果を最大に得るためのポイントをご紹介したいと思います。

美容や健康にいい豆乳のメリット3つ

1. 脂肪の吸収を抑えてくれる

大豆に含まれている「サポニン」には、脂肪の分解を促進したり、腸での脂肪の吸収を抑えたり、脂肪の蓄積を抑えたりする効果があるので、肥満を予防する効果があるといわれています。
さらに、コレステロールや中性脂肪が増えるのをしっかり抑えてくれるため、太りにくくするだけでなく将来の体型キープにも役立ってくれます。

2.生理前のドカ食いを防ぐことができる

豆乳に含まれている大豆イソフラボンは、女性ホルモンと似た働きをすることから、ホルモンバランスを日頃から整えておくことで、生理前のイライラやドカ食いしたい欲求を和らげることができます。

3. ミネラル豊富でむくみや便秘解消に効果的

豆乳には、むくみの解消に効果的なカリウムや便秘の解消に効果のあるマグネシウムなどミネラルも豊富。いつもの食生活に豆乳を加えるだけで、常にデトックスすることができます。

豆乳ダイエットで飲む豆乳のタイプは?

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

豆乳ダイエットで一番効果が期待できる「無調整豆乳」がおすすめですが、豆乳の風味が苦手な方も多いはず。比較的飲みやすい「調整豆乳」、もしくは、飲みやすい「豆乳飲料」でもOKですが、糖分多めで大豆成分も少なめなので本来、ダイエットには不向き。これらの飲料で豆乳ダイエットをする場合は、成分表などでカロリーや糖質をしっかりチェックするようにしましょう。
また、無調整豆乳に黒ゴマなど低カロリー食材を加えれば、一気に飲みやすくなってヘルシーな間食として楽しめます。風味を和らげられるおすすめ食材は下記のとおり。

  • 黒ゴマ
  • ココナッツオイル
  • メープルシロップ(もしくはハチミツ)
  • 高カカオチョコ
  • きな粉 など

飲むタイミングを意識して痩せ効果UP!

飲む時期は生理日を意識しよう

豆乳ダイエットをするベストな時期は、ズバリ「生理7日前から生理日まで」。この時期は、女性が最も太りやすくなる時期なので、毎日飲むことはもちろん、生理前は飲む時期を外さないよう自分の生理日をきちんと把握しておくことが大切です。

食前30分前に飲む

豆乳でダイエット効果を発揮するためには、食事の30分前に飲むのがおすすめ。食べる前に満腹感も得られるので、食事量を無理なく減らすことができ、さらに食事による血糖値の上昇を和らげることができます。豆乳独特のトロっとした食感は小腹がすいた時にも飲むと、腹持ちを良くしてくれるのでおすすめです。

飲む量は1日200mlまでにする

ダイエットできるからといって、豆乳をガブガブ飲むのはNGです。無調整豆乳であったとしても100mlあたり54kcalと意外とカロリーが高いので、飲み過ぎには注意したいところ。また、大豆イソフラボンには一日の摂取目安量が70~75mlと定められているので、その点からも飲み過ぎはNGです。

一気に豆乳を飲むのもOKですが、例えば便秘と食べ過ぎのどちらも改善したいという場合は、豆乳を朝と夜に分けて飲む方法がおすすめ。基本的に1日200mlまでに抑えればカロリーは控えられるので、朝起きてから100ml飲み、最後に夜の眠る前に100ml飲むという風に分けて飲むとより効果的です。

まとめ

豆乳ダイエットは基本的に食前30分前に豆乳を飲み、少し量を控えながら食事をするだけの簡単な方法なので、無理することなく食べ過ぎを防ぐことができます。最近食べ過ぎが気になる、無理せずゆっくりダイエットをしたい方は、豆乳で簡単&美味しくダイエットを始めてみてはいかがですか?

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

専門家ライター募集 モテ子YouTubeチャンネル