頑固な冷えを解消したい!血行促進ストレッチ3選

モテ子
モテ子
身体の巡りを良くして冷えを撃退するのよ。


冷え込みが厳しい季節になりましたね。冷え性で冬は毎日が憂鬱という女子は多いのではないでしょうか。夏のクーラー冷えもきついですが、芯から冷え込む冬は本当につらいもの。でも、湯たんぽはかさばって外出先では使えないし、着膨れもできれば避けたいですよね。実は、冷え性さんでもストレッチで冷えにくい身体を作ることができるんです。今回は本格的な冬に備えて、そんな冷え解消ストレッチをご紹介します。

ストレッチは冷え性に有効?

冷え性の方は、運動不足や硬くなった血管によって血行が悪くなり、体温が低下しやすい状態になっています。血行不良が起きている場所によって、全身満遍なく冷えてしまう人もいれば、手先や足先などの末端が冷えやすい人もいるのです。ですので、ストレッチで冷えやすい部分の筋肉や血管を伸ばして刺激することで、血流を回復させられれば、冷え性を改善できます。ストレッチは左右片方ずつ伸ばすものが多いので、順番に左右を入れ替えて均等に伸ばしましょう。

関連記事

冷え解消ストレッチ4選

体幹伸ばし

全身が冷えやすい場合は、身体の中心からほぐして全身の血行を促進します。お腹がポカポカするので、内臓冷え性の方にも効果的です。

  1. 右手を伸ばして高く上げ、右脚を左脚の前にかけます。
  2. 息を吐きながら身体を左に倒してキープ。
  3. 反対側も同様に行いましょう。

太もも伸ばし

太ももには大きな筋肉があり、血管もたくさんあります。ですので、太ももを伸ばすことで足はもちろん全身の血行促進に役立ちます。

  1. 正座の姿勢から両手を前につき、右脚を後ろに伸ばします。
  2. 顔を正面に向けたまま、腰を曲げずに、太ももの付け根が伸びているのを感じて。
  3. 右脚を元の姿勢に戻したら、左脚も同様に行いましょう。

腰ストレッチ

学校や仕事などで座っている時間が長いと、腰周りの血行が停滞しやすくなります。腰の冷えは腰痛や生理痛の原因のひとつでもあります。女性にとって、ポカポカの温かさを保ちたいパーツですね。腰周りの血行が良くなれば、ウエストの引き締め効果も期待できます。

  1. 床に座り、伸ばした右脚の上に左脚を立ててクロスさせます。

  2. 左手を腰の後ろにつき、身体を左後ろにひねります。

  3. 元の姿勢に戻ったら、反対側も同様に行います。

まとめ

寒くて寝つきにくいという方は、ストレッチを寝る直前に行うとスムーズに入眠できます。とくに、首や手首、足首などは温めると全身の体温が上昇するポイントですので、これらをカイロや温タオルで温めながら行うと、さらにストレッチの効果が高まります。もし、ストレッチをするスペースはないけれど、冷えがつらいというときには、足指じゃんけんがおすすめ。足指をすべて丸めてグー、親指だけ伸ばしてチョキ、全て伸ばしてパーを繰り返す運動で、これならどこでもこっそり行うことができますね。ぜひ、ストレッチで冷えにくい身体を手に入れて、ポカポカ快適な冬を過ごしましょう!

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル