美容にもダイエットにも☆女の子の味方”粉豆腐”って?

モテ子
モテ子
美も叶える欲張りなダイエットができそうね。
photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

ダイエットしたい!と意気込んでも、食欲を抑えるのはなかなか難しいものですよね。無理に食欲を我慢するのはストレスになって暴食を招きかねません。そこで今回は、腹持ちがよくて栄養たっぷりの粉豆腐についてご紹介します☆

粉豆腐とは?

粉豆腐とは、高野豆腐を作る途中でくずれたものを粉状にしたものです。乾燥させて水分を抜いているので、同じ量の生豆腐に比べて栄養がぎゅっと凝縮されています。また、いくら栄養価が高いとわかっていても、高野豆腐はそのままでは食べにくいし料理のレパートリーも乏しくなりがち...。その点、粉豆腐は粉状なので様々な料理に取り入れることができ、高野豆腐よりも手軽にその栄養を摂ることができます。写真は、粉状のこうや豆腐45gに調味料が付く旭松食品の『新あさひ粉豆腐調味料付』です(希望小売価格270円)。

20170107_kona_01a

市販の粉豆腐が手に入らない場合には、高野豆腐をすりおろせば粉豆腐になりますよ☆

おからとの違いは?

「豆腐」「粉末」と聞くと「おから」を想像する人も多いのではないでしょうか。ですが、おからと粉豆腐は別物です。おからは、豆乳が作られる過程にできるもので、大豆を洗浄・浸漬して粉砕・加熱後、大豆タンパクを凝固しやすいよう蒸気加熱を行った末、分離させて抽出される汁が豆乳、残ったものがおからです。粉豆腐は、この豆乳にさらに塩化カルシウムを凝固剤としてくわえて固め、凍結、低温熟成して作られた高野豆腐をすりおろしたものなのです。

栄養価の違いについては、重量当たりで比較すると、粉豆腐はおからに比べて、鉄分5倍たんぱく質カルシウムの量は共に8倍ほど多くなります。一方、おからは粉豆腐よりも食物繊維・カリウムともに10倍以上も豊富に含まれます。

粉豆腐の栄養と効果

レジスタントタンパクでぽっこりお腹解消

高野豆腐はもともと大豆食品なので植物性たんぱく質が豊富です。さらに、高野豆腐を作る過程でたんぱく質が変化したレジスタントタンパクには、難消化性食物繊維と同じような働きがあり、余分な脂質やコレステロールの排出を促すだけでなく、消化吸収にも優れています。

うるおい美肌の元、アミノ酸が豊富

粉豆腐にはコラーゲンの原料となるアミノ酸がたっぷり含まれているので、美肌効果が期待できます。また、新しい細胞を作るのに欠かせないカルシウムも豊富に含まれているため、肌のターンオーバーを促進する働きがあります。

脂質も多い?太らないの?

粉豆腐に含まれている脂質は、コレステロールを低下させてくれる不飽和脂肪酸がほとんどです。また、脂質の代謝を促進する大豆サポニンも豊富に含まれているのでダイエット効果も期待できます。ただ、気になるカロリーは100gあたり500kcal以上。高野豆腐が1個約16gなので、その量を食べることはなかなか難しいとはいえ、ダイエット目的で食べすぎることには気をつけましょう。

大豆イソフラボンの効果

粉豆腐に含まれているイソフラボンは女性ホルモン「エストロゲン」と似た働きが期待できます。ホルモンバランスを整えて身体の調子をよくしてくれますよ。年齢とともに減少するエストロゲンの不足をカバーすることで、女性に多い骨粗しょう症や更年期障害を予防することができます。

粉豆腐を食べよう!

小麦粉の代わりに

いつも食べているフライやから揚げの衣、ハンバーグのつなぎ代わりに使用することでカロリーカットになります。ケーキやクッキー、ドーナツなどのお菓子も、粉豆腐で作れば罪悪感の少ないヘルシーなおやつになります。

かさましに便利

粉豆腐はお腹でふくれるので、卵焼きやお米・ポテトサラダなど、色々なものに混ぜてかさましすることで満腹感が得られます。高野豆腐が苦手な人は味噌汁やスープに混ぜれば無理なく食べることができますよ☆

保存には注意

粉豆腐は乾物なので保存性は高く常温でも保存ができます。ただし、開封した後は、空気に触れると脂肪分が酸化する可能性があるので冷蔵庫での保存がおすすめ。また、その時も臭いを吸着しやすいので密封容器に入れましょう☆

おわりに

聞きなれない「粉豆腐」の効果、いかかでしたか?高野豆腐よりも取り入れやすく、量に対して豆腐や豆乳よりも栄養がたっぷり♪とても魅力的で優秀なダイエット食品だと思いませんか?ダイエット中はいかに空腹を感じずに過ごせるかがカギ。食欲とうまく付き合いながら、ダイエットを成功させてくださいね☆

旭松食品

text:MotecoBeauty編集部

Author

ごんだえり
ごんだえり管理栄養士・花嫁専門クッキングサロンLanlan主宰
17歳でー30kgダイエット、拒食症を経験。病院、学校給食などの現場を経て独立。現在は企業さま向けに健康セミナー、献立作成、商品・レシピ提案。 “結婚できた”と噂される花嫁専門クッキングサロン「Lanlan Kitchen」主宰。【BLOG

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル