【専門家監修】脚の長さが違う=「骨盤がゆがみ」は本当?ベストな対策って?

モテ子
モテ子
「脚の長さが違う」って言われて落ち込んでいるアナタ、熟読しなさい。
photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

整体などに行って「左右の脚の長さが違いますね」と指摘されたことはありませんか?白衣を着たセンセーに真面目な顔で「脚の長さが左右で違うのは骨盤がゆがんでいるからです」なんて言われると、何だかものすごく自分の身体に問題があるような気がしてビックリしちゃいますよね。でも左右の脚の長さの違いって、本当に骨盤のゆがみが原因なのでしょうか?そもそも脚の長さに左右で差があること自体、本当に悪いことなのでしょうか?
今回はその辺りを掘り下げていこうと思います。

左右の脚の長さの違いはなぜ出るの?

左右の脚の長さの違いを「脚長差(きゃくちょうさ)」と言います。脚長差には2種類あり、それぞれ次のような違いがあります。

解剖学的な脚長差

解剖学的なもの、つまり生まれつきの左右の骨の形の違いや、骨折や手術による骨の変形によって引き起こされるものです。人間の身体というのはもともと完全に左右対称ということはありません。例えば脚の骨、具体的には大腿骨(太ももの骨)脛骨(膝〜足首までの骨)、踵骨(かかとの骨)だって左右を比較すると長さや大きさに違いがあります。また、骨折した場合など、折れた骨が再びくっつく際には強化するためにその部分が太くなります。当然太くなった分だけ骨の長さや厚みは増し、それが脚長差の原因となるケースもあります。

機能的な脚長差

機能的な要因、例えば生活習慣や日常的なクセによって左右の筋肉のバランス関節の位置関係が変わることで左右の脚の長さが違うように見える場合があります。それを機能的な脚長差と呼びますが、この場合は本当に脚の長さが変わったわけではなく、見かけ上の違いだけなので、ストレッチやエクササイズなどの運動療法や整体の手技などで簡単に改善することが可能です。
整体院などで「脚の長さの違いを揃えます」というのはこの脚長差のことを指しています。

脚長差があるとやっぱり身体に良くない?

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

左右の脚の長さが違うと指摘されたら、大概の人はビックリすると思います。脚の長さが違うことで左右のバランスが崩れて身体がゆがんでしまったり、腰痛や肩こりなどの原因になったりするのではないか…そのように考える方が多いのではないでしょうか?しかしご安心ください。脚長差があることで身体に何かしらの悪影響が出るといわれていることに関して、医学的に裏付けとなる根拠は何もありません。脚長差と健康被害の関連性は医学的には立証されておらず「脚の長さの違いが腰痛の原因である」などというのはあくまでもイメージによる憶測に過ぎないのです。確かに幼児期の股関節脱臼や怪我による手術の影響など、歩行に影響が出るレベルの解剖学的な脚長差であればその限りではないかもしれません。しかし整体の先生に指摘されて初めて気がついた程度の脚長差であれば、それと身体の不具合に関しては、ほぼ関係が認められていないということです。

そもそも本当の意味で脚長差を正確に測定できるのは、医師によるレントゲン撮影だけです。一般的に整体院などでおこなうのはうつ伏せになって左右の脚の長さをチェックする方法(ディアフィールド検査法といいます)ですが、この方法では簡単に測定できる反面、うつ伏せになった身体の左右の傾きなどに結果が影響されやすいため、正確に脚長差を測定するのは難しいといわれています。よって整体院などで脚の長さの違いを指摘されてもあまり深刻に考える必要はありません。ましてや脚の長さが違うせいで骨盤がゆがんでいて…だから私は●●なんだ…!などと身体の悩みやコンプレックスに安易に結びつけてしまうのはナンセンスです。あくまでも一つの参考に過ぎない、と考える程度に留めておきましょう。

ほとんどの脚長差は自分の身体が解決してくれる!

先述の通り、人の身体というのは完全な左右対称ではないので、極端な話をすると世界中全ての人が生まれつき左右の脚の長さが違うことになります。
それでもほとんどの人は自分の脚の長さの違いを意識することなく、毎日を問題なく生活しています。それはなぜかというと、骨盤をはじめとした身体の各部位がしなやかに動いて、脚長差などの微小なアンバランスを吸収、解消してくれているからなのです。身体の「ゆがみ」というと悪いイメージばかりを持たれがちですが、そのようなアンバランスを解消してくれる「良いゆがみ」というものがあることも忘れてはいけません。

まとめ

ベッドの上でうつぶせになってチェックしたときには確かに脚の長さが違って見えたとしても、実際に身体を動かしている時にはそのような細かいアンバランスを無意識のうちに補正し、最適なバランスを保つための機能が私たちの身体には備わっています。
そんな身体本来が持つ補正機能を常に正しく使うためにも、適度な運動バランスの良い食事を心がけ、健康で毎日を過ごせるように心がけていきましょう。脚の長さを気にする事よりも、その方がずっと大切ですよ!

Author

野田 力
野田 力高円寺駅前整体院 院長
2004年に開業して以来、女性特有の身体の変化に起因する不定愁訴を改善するべく奮闘しています。家に帰れば二児の父。晩酌は日々欠かしません。
WEB

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル