photo by Fotolia.com

猫背女子に警告!オバ見え背中にご用心!!

モテ子
モテ子
正面だけ若作りしてもダメってことね…
photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

ぜい肉が気になる箇所といえば、お腹や二の腕を真っ先に挙げる人が多いと思います。一方、背中のぜい肉を気にしている人はあまりいないのではないでしょうか?自分の背中は見る機会があまりないので油断してしまいがち…。ですが、他の人からはよく見られるパーツなのが怖いところです。特に男性は女性の後ろ姿をついチェックしてしまう人が多く、魅力的な後ろ姿の女性を見るだけでグッとくることもあるようです。背中がスッキリとしていて肩甲骨が浮き上がって見えると「若々しい人」という印象を与えられます。逆に、背中のぜい肉がブラジャーからはみ出ていたり、肩甲骨が埋もれたりしている背中を見ると老けた印象を与えてしまいます。このように、背中は見た目年齢にダイレクトに作用するパーツなのです。特に薄着になると背中のぜい肉が目立ちやすくなるので、これからの季節は要注意です。そこで今回は、若々しく美しい背中の作り方をご紹介します。冬の間にたまった背中のぜい肉を解消して、スッキリした背中で薄着の季節を迎えましょう。

背中にぜい肉がつく原因って?

そもそも背中はあまり意識して動かすことがない上に自分でマッサージもしにくい部分なので、血流が悪くなってムダな脂肪がつきやすいのです。さらに、以下の要素がある人は特に背中にぜい肉がつきやすいので注意する必要があります。

悪い姿勢

ぜい肉がついた、オバさんっぽい背中になる一番の原因は猫背です。猫背では背筋があまり使われないので、リンパの流れが悪くなって背中に余分な肉がつきやすくなります。PCやスマホを長時間使っていると、ついつい首や背中を丸めてしまいがちになるので気をつけてください。

骨盤の歪み

骨盤が歪むと姿勢も歪み、代謝が悪化して、背中にぜい肉がつきやすくなります。骨盤が歪んでいる自覚がある人は、骨盤矯正ストレッチを習慣にすると良いでしょう。

加齢による代謝の悪化

加齢による代謝の悪化も背中にぜい肉がつく原因の1つです。歳を重ねるごとに代謝は悪化していき、ぜい肉がつきやすく、落としにくくなります。そこで、筋トレを行ったり、筋肉量を増やす食事を心がけたりして代謝を上げる努力が必要になります。

老け見え背中を改善するには?

「後ろ姿がオバさん化してきている…」と感じても落ち込むことはありません。ちょっとした日ごろの姿勢の改善やストレッチで若々しい背中を取り戻すことは可能です。

姿勢を正す

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

背筋を伸ばして姿勢を正すだけでも、背中にぜい肉がつきにくくなります。日ごろから正しい姿勢でいることを心がけましょう。また、携帯や本を見る時は、首が前傾しないように、スマートフォンの位置を高く上げて目線の位置を上げるようにしましょう。前かがみの姿勢で作業をする時は、20分に一度は休憩して身体に負担をかけすぎないようにしましょう。

肩甲骨を動かす

肩甲骨が緩んでいるとぜい肉がつきやすくなるため、肩甲骨をしっかり鍛えましょう。まず、腕を使う時は、いつも肩甲骨から動かすように意識しましょう。歩いている時は、腕を前に振るのではなく、後ろ側へ大きく引いて、その反動を使って歩くようにしましょう。肩甲骨が動いているのを意識しながら行うのがポイントです。

背中の柔軟性を取り戻す

背中の柔軟性をアップさせることも大切です。背中の筋肉が柔らかいと、筋肉の収縮・弛緩運動がしっかり行われて、ぜい肉が落ちやすくなります。背中を柔軟にするストレッチを行うと良いでしょう。

関連記事

まとめ

背中のぜい肉は意識して見ないと気づかないので、知らぬ間にぜい肉がついてオバさんっぽい背中になっている女性は多いもの。だからこそ、スッキリと美しい背中をキープする努力を続けていれば、人と一歩差をつけることができるはずです。美しい背中作りに、ぜひ挑戦してみてください。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル