足りないのはどれ?夏までに痩せるデトックス食材

モテ子
モテ子
かつて、私のあだ名はカッパだったわ。それくらい毎日きゅうりを食べていた時期があるの。
photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

少しずつ露出が多い季節になってきました。夏までになんとか痩せたいと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は、夏までに痩せるべく、ダイエットに役立ってくれるデトックス食材をご紹介します。

1. きゅうり

きゅうりは、90%以上が水分だと言われています。1本あたり約14㎉程度と低カロリー。きゅうりにはカリウムが含まれていて、体内に溜まった余分な水分をデトックスしてくれます。ちなみに、カリウムはナトリウムの排出を促進して血圧を下げる作用があることから、血圧を正常に保ち筋肉の収縮をスムーズにする効果や、腎臓での老廃物の排泄を促すなどの働きがあると言われています。

また、汗を多くかく夏場には、汗と共にカリウムが身体の外に失われてしまうことも。すると、筋肉の働きが鈍くなったり、夏バテの原因となったりします。カリウムは水に流れ出しやすいので、お料理する際は水にあまりさらさない調理方法がおすすめです。

むくみが解消され、血行促進新陳代謝が活発になりデトックスにつながるので、積極的にいただきましょう。ちなみにおすすめなのが、きゅうりを食べる時にすりおろしていただくこと。生のまま、加熱せずに食べた方がいいですよ。
というのも、きゅうりをすりおろすことで、細胞膜が壊されて酵素が活発に働くようになるため、より放出されやすくなり、効果がアップするんだそう。すりおろすのが難しくても、なるべく生でいただくようにした方がいいでしょう。

関連記事

2.きのこ類

デトックスに効果的な野菜のひとつにきのこ類があります。食物繊維が非常に豊富に含まれているきのこは、デトックス効果を高めてくれます。特に、水に溶けない性質の不溶性食物繊維が含まれているので、体内の毒素を便と一緒に排出してくれるんだとか。

キノコの中でも、特におすすめなのがエリンギです。ちなみに、きのこ類に多く含まれるカリウムは水に溶け出しやすい性質を持っているため、スープやお味噌汁など汁ごと飲める調理法がいいでしょう。また、きのこは歯ごたえがあるので、噛む回数が増えて満腹感を得やすいのも嬉しい点。低カロリーボリュームもあるので、お腹いっぱいになりやすい食材です。

さらに、きのこにはキノコキトサンという栄養素が含まれています。キノコキトサンは脂肪を燃焼する効果があるとされ、ダイエットにピッタリの食材。さらに、脂肪を吸着して体外へ出す働きもあるとされ、脂肪の吸収を妨げる効果にも期待できます。脂肪の吸収が抑えられ、その上、中性脂肪の減少にも効果的と言われていますので、内臓脂肪・体脂肪対策にもおすすめです。

例えば、高カロリーになりがちな夕食などで、メインにきのこを使った料理を食べるのがいいでしょう。低カロリーでボリュームもあるので、摂取カロリーを抑えることができ、脂肪の吸収を防ぐ効果も期待できます。ちなみに、きのこの摂取量は1日に50gが目安と言われています。

美味しく食べながら、ダイエットに成功できたらいいですよね。ぜひ参考にしてみてくださいね。

Author

岩倉陽子
岩倉陽子美容ライター、マーケティングコンサルタント
ダイエットインストラクター、スキンケアアドバイザー。
自ら10kgのダイエットに成功した経験を活かし雑誌、ウェブなどでコラムを執筆。
女性が苦しいダイエットやコンプレックスから解放され、キレイになっていくための情報を発信している。
BLOG】【Instagram

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル モテ子のスタンプ