シャワー派?バス派?夏の入浴で痩せ体質に!

モテ子
モテ子
暑いからって毎日シャワーで済ましてたら、ブスの始まりよ。
photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

ジメジメして蒸し暑い今日この頃、毎日の入浴をさっとシャワーで済ませている人も多いのではないでしょうか。暑い日にさらに熱い湯船に浸かると、また汗をかきそう…、身体が火照って汗が引かないし…などなど、湯船に浸かりたくない理由はみなさんそれぞれお持ちかもしれません。ですが、暑いからといって湯船に浸からないでいると、身体の疲労は蓄積するばかり。さらに、日中の冷房により身体が冷えて基礎代謝が下がってしまい、身体が痩せにくくなってしまう可能性も…。その結果、夏痩せどころか、夏太りしてしまったら本末転倒ですよね。そこで今回は、夏の入浴で代謝を上げて、痩せ体質を目指す方法をご紹介します。

夏入浴のススメ

夏になると、職場や学校、電車内の冷房はガンガンに効いた状態になりますよね。そのような環境に長時間いると、身体は汗をかきにくくなり、老廃物が溜まっていってしまいます。また、身体の表面は日差しで熱くなっているのに、身体の内部が冷える“夏冷え”の原因にもなりますし、暑いからと冷たい飲み物ばかり飲むのも、内臓を冷やす原因になります。

身体の深部が冷えて代謝が下がり、肌が乾燥した状態で、毎日の入浴をシャワーだけで済ましていると、どうなるのか?
お肌は乾燥したまま、毛穴汚れや角質は除去されにくくなり、肌トラブルの原因になります。そして、基礎代謝の低下、自律神経の乱れから疲れが取れにくくなり、身体の循環がうまく行かず、痩せにくい体質になってしまう可能性も…。そこでオススメなのが「湯船にゆっくり浸かること」。ちょっとしたポイントに気をつけて入れば、様々な美容効果が期待できます。

夏のオススメ入浴法

36~38度くらいのぬるめのお湯に、20分ほど浸かります。すると、血管が広がって血液循環が活発になり、身体の深部が温まります。また、ゆっくり浸かることで汗をかき、体内の老廃物が排出されて、毛穴の汚れも落ちやすくなります。お肌の汚れがキレイに落ちると、化粧水の入りも良くなるので、保湿効果もぐんと上がりますよ。
夏になると肌がゴワゴワして悩んでいた人は、湯船にゆっくり浸かってみてくださいね。

また、湯船にゆっくり浸かることで、身体がリラックスして副交感神経が優位になりるので、質の良い睡眠を取ることができます。体温が下がり始めるタイミングで入眠するのがベストなので、。寝る2時間前くらいに入浴するようにしましょう。

夏向きのおすすめ入浴剤

せっかくのバスタイムだからこそ、疲労や冷え、ストレス解消の他にも、お肌が潤ったり、リフレッシュ効果を高めたりして楽しみたいもの。そこで夏にオススメの入浴剤をご紹介します。

  • ヴェレダ シトラス バスミルク
  • 柑橘系の香りが爽やかに香る入浴剤。気分をリフレッシュしたい時や朝の入浴にもオススメです。入浴後はお肌がしっとり潤います。

    シトラス バスミルク

    ¥3,173

    ※最新の情報は商品ページをご確認ください商品をチェック
    www.amazon.co.jp

入浴中のおすすめエクサ

  • くびれを作ろう!湯船でひねりストレッチ
  • バスタブ内でできるストレッチで、お腹の筋肉を伸ばしながらねじって、美しいウエスト作りを目指します。お風呂の椅子でできるストレッチも紹介していますので、ぜひ試してみてください。

    関連記事

いかがでしたか。夏の入浴は女性にとっていいことばかり。暑いから、疲れているからとシャワーで済まさず、しっかり湯船に浸かるだけでも嬉しい効果がありますよ。ぜひ入浴の参考にしてください。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル