外食するならベトナム料理!ヘルシー外食はダイエットの味方♡

モテ子
モテ子
ベトナムのファーストフード「バインミー」が大好物なの。
photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

チャイナドレスと並んで、ボディラインがはっきり出る民族衣装といえば、ベトナムのアオザイ。細身のアオザイをキレイに着こなしているベトナム人女性って、あまり太った人がいないイメージがありますよね。それもそのはず。日本人女性は世界で見ても細い部類に入りますが、ベトナム人女性の肥満率は日本人よりもさらに低いんだとか。ベトナムにスレンダーな女性が多い秘密は日々の食生活、ベトナム料理にあり!というわけで、今回はヘルシーなベトナム料理についてご紹介します。

ベトナム料理はダイエッター向き

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

ベトナム料理には、彩り豊かなパクチーやレモングラスといったハーブがたくさん使われています。実は、それが太りにくい秘密なんです。
サラダで使われる青パパイヤやパイナップル、パクチーやレモングラスといったハーブには、酵素が含まれているので、消化を促進し、代謝を上げる効果が期待できるのです。
また、お肉は脂肪たっぷりのものより、赤身を使う料理が多いのも特徴。しかも、お肉を使う時は一度下茹でして余分な脂肪を落としてから使うという徹底ぶり。野菜とハーブをふんだんに使い、お肉や魚もバランスよく摂れて、塩味よりも旨味が濃いスープを飲む、といった工夫が、やせ体質を作り出すんですね。
ダイエット中も外食を楽しみたいという方は、ぜひ栄養バランスが良いベトナム料理を取り入れてみてください。
それでは次におすすめのヘルシーメニューをご紹介します。

おすすめベトナム料理

フォー(Pho)

ベトナム人のソウルフードPho(フォー)は、日本のきしめんと似ていますが、使われている麺は米粉でできています。米粉麺特有のツルッとした喉越しと、透明なあっさりとしたスープが特徴です。バジルやパクチー、大葉、もやしをトッピングして、ヌクマム(ニョクマムとも)や唐辛子で味付けをします。ラーメンを食べるなら、カロリー低めで様々な食感が楽しめるフォーをチョイスしてはいかが?お肉が好きな方は、食べごたえのある、牛肉を使ったフォー・ボーがおすすめですよ。

バインセオ(BANH XEO)

バインセオは、一見するとオムレツやクレープのようなビジュアルですが、生地に米粉が使われているベトナム風のお好み焼きのこと。パリパリの生地で、たっぷりの野菜と豚肉やエビを包み込んでいるので栄養満点。しかも、食べる時は葉物野菜でバインセオを包み込み、パクチーや大葉と一緒にタレにつけるので、野菜が多く摂れて超ヘルシー。米粉は小麦粉ほどカロリーがないので、少しくらいの食べ過ぎも大目に見れますね。

ゴイ・ドゥー・ドゥー (Gỏi đu đủ )

酵素たっぷりの生の青パパイヤを千切りにしたサラダですが、発酵調味料のヌクマムやライムやレモン汁の効果で、コクがありながらさっぱりとした味付け。刻んだピーナッツも入っていて、たくさんの生野菜と共に食感を楽しみながら満足感も得られる1品です。

バインミー (bánh mì)

ベトナムのファーストフード的存在のサンドイッチ バインミーは、バゲットにベトナムハムや人参のなます、パクチーなどの具材をはさんだもの。バゲットを使っているので噛みごたえがあり、野菜のシャキシャキした食感とメインとなるハムやお肉の旨味で、お腹いっぱいになるサンドイッチです。外食でハンバーガーを食べるなら、栄養バランス抜群な上、ヘルシーで食べごたえのあるバインミーをオススメします。

いかがでしたか。美容とダイエット効果が高いとされるベトナム料理をうまく取り入れて、ダイエット中も外食を楽しんでください。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル モテ子のスタンプ