食べてキレイに!夏に食べたいデトックス効果のあるフルーツとは

モテ子
モテ子
朝の果物は金、昼は銀、夜は銅よ。

日に日に暑くなり、食欲がない日もあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな時は、美容効果が期待できるフルーツをいただくのがオススメ。そこで今回は、今の季節に食べたいデトックス効果のあるフルーツについてご紹介します。

1. マンゴー

photo by Fotolia.com

甘みが高く、夏に美味しいマンゴー。実は美容効果も期待できます。マンゴーに含まれているβ-カロテンは、体内で必要な分だけビタミンAに変換され、皮膚の粘膜を保護し、肌あれを予防する効果があるんだとか。

さらに、ダメージを受けた夏の肌に起こりがちなシミなどの予防効果もあると言われています。また、美肌作りに不可欠といわれるビタミンC。マンゴーに含まれるビタミンCは、熱や水の影響がほとんどないので、効率的に栄養分を摂ることができ、女性に嬉しい果物と言えそう。

また、マンゴーに含まれるβ-カロテンやビタミンCには免疫力を高める作用があるため、冷房などの夏冷えからくる風邪を防いでくれる効果もあるんだそう。カットしてそのまま食べると、ジューシーな甘さをじっくり味わえます。朝ごはん代わりにスムージーにするのもおススメ。
マンゴーをカットし、ヨーグルト、豆乳や牛乳、その他お好みのフルーツとあわせて、ミキサーにかければ時間がない朝でも簡単に朝ごはんが完成。コンビニなどで冷凍のマンゴーが販売されているので、おやつ代わりに食べるのもいいですよ。とはいえ、糖質は高めなので、食べ過ぎには気をつけた方が良さそう。

2. キウイ

photo by Fotolia.com

美肌作りに欠かせないビタミンC。実はキウイにはたっぷり含まれているそう。また、メラニン色素が出来るのを抑えてくれるので、お肌を白く保ってくれる嬉しい効果も。ヨーグルトと一緒にいただいたり、スムージーにして頂いたりと、食べ方のアレンジがいろいろできます。

また、お通じ対策に効く食物繊維も豊富に含まれているのも嬉しい点。グリーンキウイ一個に含まれる食物繊維の量は約3gと言われていて、これはバナナ3本分と同じ食物繊維の量と言われています。キウイの食物繊維は、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の両方が同時に摂れるので、お通じに悩む人にはぜひ摂ってもらいたい食材。

不溶性食物繊維は水に溶けない食物繊維で、腸で水分を吸収して大きくなり、腸内のお掃除をしてくれます。便秘が解消されれば、肌あれの改善にもつながり、美肌効果も期待できます。
キウイの持つデトックス効果と、水溶性食物繊維の持つダイエット効果で、キウイをいただきながら、身体の中からキレイになっちゃいましょう。

いかがでしたか?朝から食欲が出ない、暑くて食欲がないという日などに、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Author

岩倉陽子
岩倉陽子美容ライター、マーケティングコンサルタント
ダイエットインストラクター、スキンケアアドバイザー。
自ら10kgのダイエットに成功した経験を活かし雑誌、ウェブなどでコラムを執筆。
女性が苦しいダイエットやコンプレックスから解放され、キレイになっていくための情報を発信している。
BLOG】【Instagram

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル