苦しい停滞期…今度こそ乗り越えられるダイエットのコツとは

モテ子
モテ子
停滞期を乗り越えた先には違う世界が待っているわよ。

photo by Fotolia.com

食事に運動…頑張っているのになかなか体重が減らないと、ダイエットのモチベーションが下がってしまいますよね。そこで今回は、ダイエット中に必ずと言っていいほど訪れる停滞期の乗り越え方について、ダイエットインストラクターの筆者がご紹介します。

1、停滞期って?

ダイエット中に、私たちを悩ます停滞期。ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、まずは改めて停滞期のしくみについてご紹介します。停滞期をつくっている原因は、ホメオスタシス。一般的に言われているのは、ダイエットを始めてから1ヶ月前後もしくは、体重の約5%が減量した頃から働くと言われています。

というのも、身体に入ってくる栄養が急に減ってしまうと、カラダは生命の危機を感じます。そして、生命を守るためにホメオスタシス機能が働きます。具体的には体内に取り込まれる栄養の吸収率を上げて、カロリーの消費を最小限に抑え、体重減少を防ごうとする働きをします。

身体を守ってくれようとする機能はありがたいですが、ダイエット中には悩まされてしまいますよね。体重が減らない、もしかして停滞期かもしれないと感じたら、ダイエットを少し長期戦だと捉えてみましょう。焦らず、体重をキープすることを目標にするのがおすすめです。

今までと同じ食事、そして運動を続けられているだけで大丈夫、と考え方を変えてみるのはどうでしょう。ここで食事量を減らしたり、運動量を増やしても、飢餓モードに拍車がかかってしまって結果につながりづらく、ストレスも溜まってしまい逆効果いといえそう。

また、停滞期は2週間から1ヶ月前後続くと言われていますので、たまには息抜きしながら、無理せず、あきらめずに続けられる方法を探してみましょう。

2、停滞期の乗り越え方

photo by Fotolia.com

停滞期が来ることでダイエットを乗り越えられない原因の一つに、ストレスがあります。気をつけているのに体重が減らない状態が続くとストレスが溜まり、イライラがたまり暴飲暴食につながってしまうパターンは避けたいですよね。

そんな時は無理せず、一日だけご褒美dayを作ってみるのもいいでしょう。カロリーを気にせずに食事を楽しみ、ストレスを発散してすっきりしちゃいましょう。

また、カロリーをセーブしながら、満足感を高める方法を探してみるのもオススメ。例えば、ドレッシングをコクのあるものに変えてみる、オリーブオイルを足してみるなど、自分の満足度がより高まる方法を探してみましょう。

自分がどんな時にストレスを感じるか、どうしたらストレスを解消できるかを知ることがダイエット成功の鍵といえそう。もしも食事がマンネリと感じたら、お通じ対策食、タンパク質しっかり食など、食事をイベントのように変えてみるのもいいですよ。つらーいダイエットから抜け出しちゃいましょう。

Author

岩倉陽子
岩倉陽子美容ライター、マーケティングコンサルタント
ダイエットインストラクター、スキンケアアドバイザー。
自ら10kgのダイエットに成功した経験を活かし雑誌、ウェブなどでコラムを執筆。
女性が苦しいダイエットやコンプレックスから解放され、キレイになっていくための情報を発信している。
BLOG】【Instagram

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル