そのメイク、時代遅れになってない?【モテメイク編】

モテ子
モテ子
メイクにも隙がないと、入り込む余地がないじゃない?

全国の恋する女子のみなさま。恋をすると「可愛くなりたい」「キレイになりたい」と思い、メイクやファッションに磨きをかけますよね。しかし、チークを濃くしたり、グロスをたっぷり塗ったりといったその努力が、もしかしたらモテを遠ざけているかもしれません。
そこで今回は、恋する乙女がやりがちな“残念モテメイク”や過去に流行ったモテメイクの例をご紹介。メイクを頑張ってるのに、なぜかモテないそこのあなたは必見です♡

関連記事

近寄りがたい!バッチリメイク!

ツヤツヤしすぎ・厚塗りマット肌

ここ数年トレンドのツヤ肌ですが、「テカっているようにしか見えない…。」といった男性の声もチラホラ見かけます。パール入りの下地やクッションファンデで全体にツヤを入れるのではなく、ハイライトで部分的にツヤを足しテカリ見えを防ぎましょう。
また、ファンデーションだけで肌悩みをカバーした厚塗り肌は老け見えしてしまう恐れも…。コンシーラーで、色ムラや気になる箇所をカバーした上から、薄くファンデーション重ねると自然な仕上がりに。素肌感のあるセミツヤ肌を目指してくださいね☆

囲み目×ギラギラグラデーションアイシャドウ

ひと昔前までモテメイクの定番だった、囲み目アイライン×ギラギラアイシャドウ。また、“愛されたぬき顔”をつくるには欠かせない、たれ目・涙袋メイクもやりすぎはNGです。バッチリメイクをせずとも、アイテム選びや使い方次第でデカ目は狙えます☆ アイライナーはブラックのリキッドライナーではなく、ブラウンのペンシルタイプをチョイスすると優しい印象に。また、下まぶたのアイラインはひかず、ブラウンのアイシャドウで目尻だけをぼかすなどしてナチュラルな目元に仕上げましょう。

青みピンクのまんまるチーク

モテカラーとして流行った“青みピンク”。実際つけてみると自分には似合わなかったという方も多いのではないでしょうか?実は、“青みピンク”は似合う人が限られる難しいカラー。特にイエローベースの方は、チークが顔から浮いてしまい、くすんで見えてしまいます。イエローベースの方はコーラルピンクを選ぶと表情がイキイキして見えますよ◎
また、可愛らしい印象に仕上がるまんまるチークも、つけすぎると幼く見えてしまったり、顔の丸みが強調されて顔が大きく見えてしまうことも…。丸くつけたチークは、必ず外側に向かって境目をぼかしましょう。濃い目のチークが苦手という男性も多いので、ついているのかどうか分からないぐらい自然な仕上がりを意識するのが◎

モテのカギはリップにあった!?

グロスをたっぷり塗ったツヤツヤリップがモテるんでしょ?と思ったそこのあなたは要注意。実は、メイクの中で最もモテを左右するのがリップメイク。モテのポイントはツヤではなく、唇の比率にあるんです!上唇の厚さに対して、上が1、下が2の比率が最も魅力的に見えると言われています。また、口角がキュッと上がった唇もポイント!口角をコンシーラーでくの字に囲むと、にこやかな印象に見えるので、口角が下がり気味の方はぜひ試してみてくださいね。

恋コスメ≠モテ

婚活リップや花嫁リップといった巷で話題の恋コスメ。しかし恋コスメをつけたからといって即モテるなんて、そんな簡単な話はありません。ただ恋コスメには血色を良く見せてくれる効果や、つけていると自信が持てるという女性も多いので、お守りコスメとして使うのは◎また、恋コスメが全ての人に似合うとは限らないので、購入前は必ずテスターで色味を確認してくださいね。

ナチュラルメイクが正解♡

男性ウケの良い芸能人といえば、みなさん誰が思い浮かびますか?新垣結衣さんや綾瀬はるかさん、有村架純さんなどが挙げられると思いますが、彼女たちのメイクに共通するのがズバリ、透明感のあるナチュラルメイク。モテる女性には隙があると言われているように、完璧すぎるメイクは、近寄りがたい印象を与えてしまいます。男性ウケを狙うなら、隙を感じるナチュラルメイクを意識しましょう。
そもそも、よほど奇抜なメイクでない限り、男性は女性のメイクの変化には気づかないのが正直なトコロ…。メイクで自信をつけるのも大切ですが、それよりも笑顔がステキな、一緒にいて楽しい女性のほうがモテに近いはず!メイクだけでなく、内面も磨いて愛され女子を目指してくださいね☆

関連記事

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル