生理休暇は月イチ『有給』があたりまえ。進む男性社員の理解

女性それぞれ周期は違えど、早い人は小学生のときから向き合い続けている「生理」。多くの方が煩わしく感じたり、特に重たい日には出社を悩んだり、無理に仕事をしてつらかった経験があるのではないでしょうか。そんな働く女性が人に言いづらい生理の悩みや解決に、積極的に取り組んでいる会社が恋活・婚活のマッチングサービス「Pairs(ペアーズ)」を運営する「エウレカ」です。

生理休暇の取得率は64%、その背景には男性社員の理解


(左) 新田良さん (People Values Team)
人事労務の責任者。エウレカ最年長。

(中) 榊原梨穂 さん (BI Team Pairsデータアナリスト)
ユーザー属性を調査し、マッチング精度の向上、仕掛けを行う。中途入社。

(右) 山田祐伽さん (デザイナー)
交通広告やマーケティング関連のデザインを行う。新卒入社3年目。
※以下、敬称は略させていただきます。

編集部:2年ほど前のエウレカさんの生理休暇に関する記事に感銘をうけ、mb読者にぜひ伝えたいと思っていました。今も生理やPMSでつらい思いをされている女性社員をサポートする制度は継続されていますでしょうか?

新田:今も稼働しています。そのうちのひとつ「生理休暇」は対象社員のうち約64%が利用している状況なので積極的に活用されていると思います。

編集部:64%ですか!厚生労働省の調査で生理休暇の取得率が1%を切っている情報をみましたが、比較するとすごい数字ですね。

新田:生理でつらい時は「無理に出社しなくていい」と会社が認めているので、生理休暇を取得する女性社員にとって精神的な負担がないことは大きいと思います。

編集部:みなさんも実際に生理休暇は利用されていますか?

山田:はい。私は症状が重たい方なのですが男性の上司の理解もあり 、生理休暇で1日安心して休むことができます。その分、明日からまたしっかりやろうという仕事のモチベーションにもなっています。

榊原:(生理休暇を取得しても)怒られないので使います(笑)。私の上司は女性ですが、チームメンバーは上司と私以外は男性。さらにいうと、エウレカは男性の多い会社ですが理解ありますし、伝えやすい環境というのはありがたいですね。

編集部:男性社員にまで理解が行き届いているのがすごいです。

榊原:私はその時期、出社すること自体は可能なんですが心と身体の不安定さで一緒に仕事をする方に強く当たってしまったり、ご迷惑をかけてしまう恐れがあるので(笑)リモートワークの仕組みを活用しています。あえて口に出さなくても「生理休暇(リモートワーク)」の申請だけで上司も理由を認識してくれるので利用しやすく、とてもありがたい制度です。

新田:基本的には生理休暇を利用して休んでもらいたいのですが、生理痛がひどいけど、自宅で自分の楽な体勢であれば仕事ができるレベルであればリモートワークの申請が可能です。

編集部:仕事のパフォーマンスにもよい影響を与えていそうですね。

新田:寝込むくらい調子の悪いときに働くよりも、当日しっかり休んで翌日に備えた方が、やはり仕事のパフォーマンスはあがっていると思います。また、これは男性だとわかりにくいことなのですが、生理がきそうな日がわかるとそれに合わせて仕事の調整をされているような気がします。

榊原:そうですね。ただ、ミーティング日時だけは調整が難しいので、事情を伝えてリモートワークでも大丈夫かを聞くことがあります。

センシティブな休暇理由も、共有されるオープンな環境

編集部:生理休暇は事前申請ですか?

山田:どのタイミングで申請、取得しても大丈夫です。

榊原:私は前もって休みをとるということはなく、前日深夜か当日朝に連絡することが多いです。

新田:もちろん勤怠管理システムでの申請は最後にしてもらいますが、とはいえ当日の朝に調子悪くなるときがあると思うので上長の承認をとったうえでSlack(※1)を使い、全社に流れるchannel(※2)に休暇やリモートワークの連絡を入れます。

編集部:全社的な連絡網に生理休暇の連絡が流れるのですか!?

新田:もちろん全社向け連絡のchannel上では、生理休暇をオープンにする人、しない人がいます。ただ、会社内では当然のように会話で飛び交っていたりするので伝えやすいのだと思います。その理由に対して突っ込む人もいません。

編集部:mb読者にアンケートをとっていますが、生理期を他人に共有することはハードルに感じている方が多いです。「当然のこと」とオープンになっている会社のカルチャーはすごいことだと感じます。

関連記事

新田:もちろんオープンにしなくてもよいです。普段生理休暇を取る必要がない重さの方で、今回たまたま症状が重たく休暇を取得する人もいるでしょうし、わざわざ言う必要はないと思います。言う言わないの選択ができる、安心して言える環境であることが大事です。
また、会社としても理由を言ってくれることで社員の健康状態が認識できるのでありがたかったりはします。

有給も無給も、生理休暇は使える環境であることが大事

編集部:ところで、生理休暇は有給ですか?無給ですか?

新田:弊社の生理休暇は、月に1日まで取得可能で有給です。

編集部:女性社員の方は、男性社員より1日有給休暇が多いわけですね。男性社員から反発とかはありませんか?

新田:そうですね、男性社員からの反発はまったくありません。弊社には外国籍社員も多く、そもそも「多様性を認める文化」が浸透しているので、男女はもちろん、”相手の立場を認める”ということが当たり前になってる気がします。

編集部:日本の多くの企業が、生理休暇はあっても無給が多いように思います。

新田:無給の生理休暇は法律上でも認められていますので、そういった会社も多いかもしれません。ただ、その生理休暇を使います、と言えるか言えないかの環境が大きいです。

編集部:生理休暇が有給、無給問わず、結局は何も言わずに出社しているというが一般的な状況だと思います。安心して理由を言えること、安心して休めることが本当に大事だと改めてわかりました。

突然きても安心、生理ナプキンはオフィスに常備


編集部:女子トイレの棚に生理用アイテムが用意されていると伺いました。

山田:各社のナプキンが常に補充されていて、突然生理がきてたとしても安心です。その他に、あぶらとり紙、綿棒、制汗スプレーもあります。

編集部:すごいですね。もはや求人募集殺到しませんか?

新田:いやぁ〜、私達の中ではこれが割と当然のことすぎて、あまり表に打ち出してきてなかったんです。

榊原:私も中途入社ですが、そもそも生理休暇があるということ、そして男性に理解があるというところに本当に驚きました。

生理をひとりで悩まない、会社と解決できる時代へ


生涯の生理回数が昔の女性は50回程度に対し、現代の女性は450~500回にも増えています。数字の上からも、女性特有の健康課題が身近になっているにも関わらず、センシティブな内容であることを理由に敬遠しがちな職場も多いと思います。そんな中、エウレカは男女隔たりなく「生理による不調」をオープンにしやすい環境と解決する制度にいち早く取り組んできたようです。そして社員のパフォーマンスにつなげる好循環を可能にするのは「私たちのサービスで、誰かの人生をよりよいものにすること。”すべての人が、人生の可能性を拓いていける世界をつくる。”という会社のミッションに共感する社員たちによって育まれたカルチャーによるものと感じました。

【番外編】社員も使うマッチング、Pairs婚ならお祝い+5万円


インタビューの最後に、新田さん、榊原さん、山田さんからPairsの魅力をご紹介いただきました。

榊原:東京大学 山崎研究室とマッチングアルゴリズムの共同研究開発や、24時間体制のカスタマーサポートやアンケート、マッチング動向調査のデータなどマッチングの精度を上げるために日々改善しています。いい写真をとるためにプロの人に撮影してもらうキャンペーンなどもやっていますので、ぜひ恋人、結婚相手をお探しの方は使ってみてください

山田:私は実際にPairsを使ってご結婚、ご交際された お客様の幸せをご紹介する「幸せレポート」のデザインを通じて、いいサービスを作っていることを日々実感します。実際にPairsで出会われたユーザーさんたちは本当に幸せそうで、 友達からもPairs使って恋人できたよといわれることもあり、すごいモチベーションになっています。

新田:欧米ではオンラインで効率的にパートナーを見つける文化が定着しており、日本にもこの文化を広げていきたいと思っております。そうした理由から、社員も普通に使っています。ちなみに、「祝! Happy Pairs婚」という制度がありまして、社員がPairsを通じて出会った相手と結婚すると、通常の結婚祝い金に5万円がプラスされ、10万円のお祝い金になります。(※3)

編集部(未婚):本日はありがとうございました。このまま入社面接もお願いできますでしょうか(笑)

2012年10月にリリースされた、利用率No.1*の恋愛・婚活マッチングサービスです。特⻑は、豊富な検索機能と、10万を超えるコミュニティを通じて、条件や趣味・価値観の合う理想のお相⼿とつながることができる点。業界初かつ唯⼀の24時間365⽇オペレーター常駐での画像およびテキスト投稿監視体制で、安⼼・安全に会員同⼠が交流することができます。

早速Pairsを使ってみる

※1.Slackとは、社内外のメンバーとチャットできるツール
※2.チャンネルとは、Slackの中で特定のメンバーとメッセージやファイルなどのやりとりができるチャット部屋のようなもの
※3.通常の結婚お祝い金 :お祝い金5万円+家電プレゼント(20万円以下、ひとつのみ) Happy Pairs婚!:お祝い金 お祝い金10万円+家電プレゼント(20万円以下、ひとつのみ)

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル