男が生理用品を買ったら、〇〇がツラかった…

女性も男性も共に働く時代、生理痛やPMSによる影響など男性達も生理に対する理解が必要です。しかし生理がこない男性は、どのようにして生理を理解していくのがよいのでしょうか。mb編集部では、男性に生理の理解を広めていくために、まずは男性スタッフが生理用品を購入してみました。

生理のアレコレを知ろう特集

日本初?生理用ショーツを買いたい男性


生理用品にはいろいろなタイプがありますが、最近注目を集めているものにショーツタイプがあります。それがユニ・チャームから新発売になった「超熟睡ショーツ」です。
この製品は、私も参加させていただいた男性参加OKの生理を考えるイベントでも紹介され、注目を集めた生理用品です。多い日用のナプキンでショーツタイプが今までになかったということ、それでいて爽快な履き心地…「超熟睡ショーツ」体験者の声があまりにも好評だったので興味がありました。
ただ男性の私にはその凄さがよくわからなかったので、その製品の情報を周りの女性に伝えると反応も良く、妻も使ってみたいということでこちらを購入することにしました。
この瞬間、私は日本でショーツ型ナプキンの購入を切望する唯一の男性になったのです。

不審者にならない制限時間はたったの1分


購入すべき生理用品が決まったので、在庫が豊富そうな大手チェーン系「スーパー」と「ドラッグストア」へ行ってみました。
男性ゆえの最初に待っていたハードルが生理用品の「棚探し」。普段立ち寄ることのない棚を「どこだ、どこだ」とウロウロ歩き、場所を特定できたら一度は素通りしつつ、商品ラインナップのチラ見。なるべくなら売り場の前で立ち止まる時間を少なくしたい結果、女性に見られた場合はかなり不審な動きになってしまったと思われます。
次に待っていたハードルは「商品探し」。生理用品の棚で立ち止まってはみるものの、緊張もあってすべて同じ商品に見えてしまい、全く頭に入ってきません。
ちなみに「超熟睡ショーツ」はパッケージが袋状になっているので、スーパーでは棚のコーナーに掛けられ、ドラッグストアでは棚の一番上で無造作に置かれていました。女性でも平均1分くらいしかいない生理用品売場に、男性である私は2店舗とも1分以上も滞在して、まわりの女性客にとっては迷惑な話ですよね。男性が生理用品を購入する場合は、他の女性客のためにスムーズに商品を見つけて、手に取る必要があると感じました。

「レジ待ち」の痛い視線、レジ接客に耐えろ!


私が「超熟睡ショーツ」を手にとって会計へ向かうと…なんとレジ待ちの行列。そうでした。生理用品の棚探し、商品探しの緊張ですっかり忘れてましたが、それらをどんなにスムーズにこなしたところで、結局この「レジ待ち」で我が身はさらされるのでした。そもそも混まない時間を狙って昼後、夕方前に来たはずなのに、スーパーでもドラッグストアでも女性にしっかりと挟まれて並ぶことになります。緊張で固まった私はまるで生理用品をもった銅像です。
そんな私が一点を見つめる先には「レジ接客」。必ず顔を特定され、会話も行われる「レジ接客」も当然緊張しますが、今回男性係員と女性係員の両方のレジ接客を体験でき、いずれも丁寧に対応いただきましたので、意外と接客中は緊張がほぐれていました。

1店舗目のスーパー



60代の男性が接客。生理用品が見えないように青い袋をのせてくれました。

2店舗目のドラッグストア


50代女性が接客。スーパーと同じく生理用品を配慮しての青い袋。ポイントが貯まるからと、特別に気を使われることなく私の代わりにアプリを操作してくれました。

たかがレジ待ち、されどレジ待ち、みんなツライのはなぜ?


後日、mb編集部の女性に、私にとって一番のハードルは「レジ待ちの時間」だったと報告すると、女性も実は同じ気持ちであることを知らされました。男性である私が生理用品を購入する場合、レジ係員が男性女性に関わらず耐え忍ぶ精神が必要ですが、女性も生理用品を購入する場合はなるべくなら男性レジ係員でないほうが…という気持ちはあるとのこと。女性も毎回ナプキンを買うたびに「レジ待ち」「レジ接客」で、私が今回感じたような気苦労があるのだと思うと、生理はよりオープンなモノになっていくべきだと感じました。
この11月は生理を擬人化したキャラクターの映画「生理ちゃん」が公開されます。エンタテイメントを通じて男性が生理を知る、学ぶ、そして映画の後は生理について一緒に話すことができる素敵な機会、タイミングだと思います。ぜひお近くの男性と一緒に観ていただきたいです。

Author

mb編集部 GO azegami
mb編集部 GO azegami
一児のパパライター。趣味は2歳の息子と鉄道、惑星、スライム鑑賞。
妻の出産の立会いで、女性ホルモンの偉大さを目の当たりし、尊敬するようになる。男性による生理の理解をテーマに情報を発信していきたい。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル