【しなやか女子の心得】第2回 上司からの立派すぎるお土産!お返しやお礼のマナーを教えて

桜庭先生
皆様、ご機嫌よろしゅうございます。しなやか女子の心得第2回を始めさせていただきます。

しなやか女子の心得とは…

ビジネスでもプライベートでも使える!知っておきたいマナーや常識を、心磨きの達人が伝授する、大人女子のためのお悩み相談所。テンプレート通りの立ち居振る舞いでは、ちょっぴりお堅い女子に見えてしまいがち…。ここでは、周囲だけでなく自分の心をも解きほぐす、桜庭流の美しい所作や心の在り方をお教えします。

上司からの立派すぎるお土産!お返しやお礼のマナーを教えて

相談者 
高級チョ子
はじめまして!20代OLの素朴な疑問です。先日、上司から旅行のお土産として、洋菓子の詰め合わせをいただきました。
部下それぞれに1箱ずつ、 お値段もおそらく数千円しそうな高価なものです。
この場合、お返しはすべきでしょうか?

初めましての前回から、早速のご質問、とても嬉しく思います。

内容、拝見させていただきました。

おそらくご相談者様は、頂いたお菓子の詰め合わせのお土産を、社内でシェアする機会は多々あるものの、上司から個別に高価なものを頂いた時、“ご馳走様でした”だけで済ましてはいけない“何か”を感じ、ご質問くださったのではないかとお察し致します。

こんな時、たいてい同じシチュエーションのハウツーがないか探してしまいますよね。昔のわたくしもそうでした。
マナー本やインターネットで調べ、ドンピシャリの回答がなければ、同じ状況に近いものをあれこれ組み合わせて結論を出してみたりします。

その結果、沢山の回答例が見つかることでしょう。

  • 上司の御好意に甘え、素直に頂戴し、メールや言葉で御礼を伝える。
  • 日頃からお世話になっている上司、近しい関係であれば、半額程度のお菓子、もしくは、好みのものや実用性の高い品でお返しをする。
  • 同じように旅行に行った際に、御礼を兼ねて何かお土産を差し上げる。
  • 頂いた同僚有志を募って、小額ずつ全員からのお返しをする。

これら全てが正解です。どれも模範解答です。そしてあなたはとりあえずは非常識な人にならず、会社組織の中での立ち居振る舞いができる人にカテゴライズされるでしょう。

しかし、ここは『モテ子BEAUTY』での皆様とのご縁。皆様方のワンランク上質な女性になりたいという向上心と、わたくしの使命感がございます。

前回、茶の湯の大切な心得として、感謝の気持ちを持ってお茶を頂くことをお伝え致しました。
“感謝の気持ち”を受け止める、すなわち、相手を受け入れることです。
そこに邪念は一切ございません。

『受け取ること』

頂き物、ギフトのお役目は全てここで終わります。
極端なたとえですが、頂いたものをすぐに捨ててしまってもかまわないのです。
“好きか嫌いか” “誰に何をもらったか” “御礼をすべきかどうか”
を先に考えるのではなく、気持ちが形になったものを心できちんと頂くことが何よりも大切なのです。

あなたがその上司に対してどういった想いをお持ちなのかについての記載はございませんでしたが、その“心”次第で受け止め方は変わってきますよね。
“日頃、仕事を頑張ってる感謝の気持ちかな?”と、素直に感じることができた時、人はわりと簡単に御礼の術を思いつき、後から悔いたり心配することもほとんどありません。

難しいのは、どうも素直に受け入れられない時。
そして更に、それを他人や世の常識と比較して対応しようという心が芽生えてしまった場合です。
相手が“実はあまり折り合いがよくない上司”であったり、“何か策略があるのでは?”なんて感じてしまうケースですね(笑)。

ここは経験と訓練が必要になるため、厳しいところですが、最初は少し無理をしてでも、ネガティブな感情を置き、ありがたく頂く事が、心のワンランクアップにつながる秘訣です。
感謝の心を自分の中に刻む事で、心は磨かれていきます。

今回あなたは、何はともあれ素敵なギフトを上司に頂きました。
どんな想いがあったにせよ、何かお返しをした方がいいかな、と心で感じました。
これは素晴らしい感情です。

上司は仕事の上でも人生の上でも大先輩です。
マニュアルにある半額の価値は、あなたとはそもそも違います。

『御心遣いありがとうございます!』
『嬉しいです!!』
『ご旅行がお好きなんですか?』
『どちらに行かれたんですか?』

こういったコミュニケーションを交わす事の方が(相手が好きでも嫌いでも^^;)、上司の方も喜んで下さるかもしれません。仕事以外の話によってその方の新たな一面を知ったり、今後何か悩んだ時(ちょっと改善してほしいことのお願いも!)相談しやすくなるかもしれません。

言葉が最高の感謝の形になるケースもあることを、最後にあなたにご提案致します。

悩みの雲は晴れましたか?

『しなやか女子の心得』第2回、いかがでしたか?真のお礼の表し方とは、お土産に見合った価値やお値段のお返しをすることではないのかも。頂き物を貰った時、まずは、時間を割いてお土産を選んでくれた相手のことを思ってみて。自ずと戸惑うことなく真っ直ぐなお礼の気持ちを伝えることができるでしょう。
お仕事だけでなく、冠婚葬祭やフォーマルなお食事会、彼ママ訪問など、大人女子がマナーや振る舞いに不安を感じてしまうシーンはまだまだ沢山あるはず。アナタが普段抱いている疑問を、桜庭先生に相談してみましょう。

心磨きの達人・桜庭佳織里先生のプロフィール

幼少より、茶人の父のもと茶道の手ほどきを受け、研鑽を積む。
大手企業の第一線で活躍したのち、茶道の“心・心得”を通し、より豊かで幸せに生きるための茶ごころマナー、ライフワークを、各種団体・個人に向けて幅広く発信している。

桜庭先生
『モテ子BEAUTY』では、自分磨きに励む皆さまのお悩みを、茶道の精神“和敬静寂(わけいせいじゃく)”の心と、わたくし自身の経験をもとに解決していきたく思っております。今よりずっと豊かで美しくなれる心の在り方を、一緒に勉強してまいりましょう。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!