【しなやか女子の心得】第5回 立食パーティーでのお皿やグラスのスマートな持ち方

桜庭先生
皆様、ご機嫌よろしゅうございます。しなやか女子の心得第5回を始めさせていただきます。

しなやか女子の心得とは…

ビジネスでもプライベートでも使える!知っておきたいマナーや常識を、心磨きの達人が伝授する、大人女子のためのお悩み相談所。テンプレート通りの立ち居振る舞いでは、ちょっぴりお堅い女子に見えてしまいがち…。ここでは、周囲だけでなく自分の心をも解きほぐす、桜庭流の美しい所作や心の在り方をお教えします。

立食パーティーで片手にお皿、片手にグラス。これってアリ?

相談者:瑠璃
こんにちは。最近、結婚式の二次会や会社の集まりなど、立食形式のパーティーに参加する機会が増えました。そこで食器の持ち方について質問です。片手にお皿、片手にお酒やお箸…これってOKなのでしょうか。


瑠璃さん、ご相談ありがとうございます。

立食パーティーのお誘いの機会が増えてきているとのことですね。
きっと瑠璃さんのパーティーでの立ち居振る舞いが、既に素敵だからこそですよ。
なぜなら、ご質問にあったように、“片手にお皿、もう片手にお酒お箸を持つことはOKなのかどうか”を気にされてます。ご自身の中で違和感を感じ、ご相談をいただけたこと嬉しく思います。

確かに、致し方ない状況とはいえ、両手それぞれに物を持つ姿はパーティーの場では滑稽ですね。まずは、片手でスマートにお皿グラスカトラリーを一緒に持つ方法をお伝えいたしましょう。

イラストのように、お皿の1/4程のスペースにグラスを置き、親指でグラスのプレート(台)をしっかりホールドします。
グラスの下には、食器を傷つけないよう、折りたたんだペーパーナプキンを敷きましょう。茶の湯においても、こうした小さな心遣いは重んじられています。

他にも方法はありますが、女性の手では難しい場合がほとんどですので、自分なりの美しい型ができるよう意識してみてくださいね。

又、テーブルスペースが充分にある会場であれば、他の方の邪魔にならないよう、グラス、もしくはお皿を別に置きながら食事を楽しむのが一番いいかと思います。

中には、“パーティーは社交・交流の場。食べ物は一切口にしない”という考え方もあり、そういった姿も凛として美しいものですので、わたくしはリスペクトいたします。

相談者:瑠璃
ほかにも、立食パーティーのマナーや心得などがあれば教えてください。自分のグラスが空いてしまった時とか、いつも困ってしまいます。

自分のグラスが空いた時、どうすれば良いの?

今回は特別に、しなやか女子を目指す皆様のために、
一般的にはあまり公開されない、芸者の方々の立ち居振る舞いの中から、応用できそうな方法をご紹介いたしますね!

芸者のお姐様方は、お酌の仕方はもちろんプロフェッショナルですが、同様に頂き方も実にスマートで美しく、女性のお手本と言えます。
決して、立食パーティーだからと女性同士でワインを注ぎ合ったり、お料理を何回も自ら取りにいくことはないでしょう。
飲み物を頂きたい時は、男性にお願いします。グラスを近づけて、にこやかに素直にお願いします。もし、男性に気付いていただけない時は、『お兄さん(業界用語)、是非お願いします』とご指名交渉です(笑)。

さすがに一般のパーティーの場で、男性に対し“お兄さん”と呼んでは驚かれてしまいますので、わたくしは、ご挨拶がてらお相手のお名前を伺いつつ、『◯◯さん、お願いいたします』と言って飲み物を頂いたり、お料理を取っていただくこともあります。嫌がられたことはありません。むしろ、喜んで下さったり、“気付かず失礼いたしました”とお詫びされることの方が多いです。

そんなこと、男性に媚びているようで嫌ですか?
自分に自信がなく、お願いすることに躊躇してしまいますか?

もし、そう感じてしまった方がいらしたら、今後のあなたのためにはっきり申し上げましょう。

それは、しなやか女子とは真反対の「頂き下手女子」の考え方です。

人にすすめたり、又、振る舞う喜びを知る機会が乏しかったがために、「頂くこと」を素直に受け入れられないのです。

お願い・頂き下手女子は、
パーティーで一人不安そうな方を見かけてもお声がけしません。
ビジネスの話や挨拶回り等でなかなか食べれない上司や友達にそっと代わって、飲み物やお料理を取って差し上げることもできません。

立食パーティーは、実は、お客様としてのスキルも必要な難易度の高いパーティーです。
場数を踏むことも勉強のひとつ。
一回一回のご縁をどうか大切にしてくださいね。

悩みの雲は晴れましたか?

『しなやか女子の心得』第5回、いかがでしたか?
お仕事だけでなく、冠婚葬祭やフォーマルなお食事会、彼ママ訪問など、大人女子がマナーや振る舞いに不安を感じてしまうシーンはまだまだ沢山あるはず。アナタが普段抱いている疑問を、桜庭先生に相談してみましょう。

↓ご相談やアドバイスのリクエストは下記から↓

心磨きの達人・桜庭佳織里先生のプロフィール

幼少より、茶人の父のもと茶道の手ほどきを受け、研鑽を積む。
大手企業の第一線で活躍したのち、茶道の“心・心得”を通し、より豊かで幸せに生きるための茶ごころマナー、ライフワークを、各種団体・個人に向けて幅広く発信している。

桜庭先生
『MotecoBeauty』では、自分磨きに励む皆さまのお悩みを、茶道の精神“和敬静寂(わけいせいじゃく)”の心と、わたくし自身の経験をもとに解決していきたく思っております。今よりずっと豊かで美しくなれる心の在り方を、一緒に勉強してまいりましょう。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!