【しなやか女子の心得】第6回 上司や先輩に奢っていただいた時のマナーを教えて

桜庭先生
皆様、ご機嫌よろしゅうございます。しなやか女子の心得第6回を始めさせていただきます。

しなやか女子の心得とは…

ビジネスでもプライベートでも使える!知っておきたいマナーや常識を、心磨きの達人が伝授する、大人女子のためのお悩み相談所。テンプレート通りの立ち居振る舞いでは、ちょっぴりお堅い女子に見えてしまいがち…。ここでは、周囲だけでなく自分の心をも解きほぐす、桜庭流の美しい所作や心の在り方をお教えします。

奢っていただいた時の失礼のないマナーって?

相談者:マリ
桜庭先生、はじめまして!上司や先輩にお食事をご馳走になった場合、お礼を伝えるだけで良いのか、お返しもした方が良いのかと悩んでいます。毎回だとやはり抵抗を感じてしまって…。気遣いもどこまですべきか、失礼な振る舞いをしていないか、様々なことで気を揉んでいます。目上の方にご馳走になった時や後に気をつけるべきことを教えてください。

マリさん、ご相談ありがとうございます。

会社の経費削減やポケットマネーでの交際費節約傾向にあるご時世の中、上司や先輩にご馳走していただけるマリさん、既にラッキーなしなやか女子ですね!

それゆえに、失礼のないよう正しいマナーを知りたいという慎重なそのお気持ち、よくわかります。わたくしも会社員時代、同じようなことでマナー本やネットを使い、あれやこれやと情報収集し、

◆自分も払う意思をみせるべきか、お財布はチラッとでも出すべきか。
◆マニュアルの例文に、もう少し自分らしさを加えられる御礼フレーズはないか。 
◆御礼メール以外にお返しをすべきかどうか。

最後まで解決できないこれらのモヤモヤが残り、行き止まったものです…。

けれど、このような心配は、相手を想っているようで、実は、自分の気持ち優先の“幻のマナー習得”に向かっているのかもしれません。恥をかきたくない、卑しいと思われたくない、知らないと悟られたくない、このような感情が心の奥底にあるのではありませんか?

又、御礼とお返しは、同時に行うケースが多いことから一括りにされがちですが、これも違います。まず先にお礼、感謝の気持ちを伝えます。お返しは、“する・しない”よりも、その後のことです。この微妙な基本の順番に気付かず、逆に行動してしまうと、お相手の好意を踏みにじってしまう可能性もございます。

頭ではおおよそわかっているマナーも、いざ目上の方を前にするとできなくなってしまうのが今回のご相談の難しいところでもありますね。

そこで既に今、上司・先輩の立場でご活躍の方に、わたくしからお願いがございます。

どうか、大事な席にうっかり遅刻してしまった部下を許していただけませんか。

無知ゆえに、上座に座って待っていたこと、お礼が遅かったこと・なかったこと、優しく教えてあげていただけませんか。

不慣れゆえに、空になったグラスにも気付かず、料理の取り分けもできず、
ご馳走様でした”の一言も忘れて呑気に酔っぱらっているご無礼を流していただけませんか。

なぜなら。
これらはすべて、今こうしてマナーについてお教えする立場にある私もまた、過去にしくじってしまったことだからです。

では、今はできるようになったのか。だから言える立場なのか。

いいえ。何度経験しても満足にできたためしがございません。

つい先日も、大変著名な方々との会食の場にお邪魔する機会がございました。
早めに近くでスタンバイし、ご挨拶だけはきちんとしようと頭の中であれこれシミュレーションもしておりました。ところが、珍しく緊張してしまい、世にある基本マニュアルはすべて飛んでしまいました。
そんな中、目上の方々の方から、わたくしの空いてしまったグラスにワインを勧めてくださったり、どんな拙い話しも馬鹿にせずに聞いてくださったり、何より、一番下座の立場のわたくしを、レディーファーストに則ってお姫様扱いをしてくださいました。わたくしができた唯一のことは、ちゃっかり極上のフレンチを美味しく頂けたことだけです。

どうかマリさんも、上司だから部下だからの立場でマナーを心配するのではなく、
素敵なおもてなしだな、きれいな立ち居振る舞いだな、と感じた方の真似を沢山して学んでください。そして、いつしかマリさんが、親しまれる部下、尊敬される上司になればいいのです。

皆様の中で、どうしても急ぎで、“お返しをしたい。ご馳走されてばかりは心苦しい。”
という贅沢なお悩みを解決したい方がいるのなら、これについてだけ、わたくしが元同僚の売れっ子営業ウーマンから盗んだフレーズをこっそりお教えしますね!
『毎回ご馳走になるのは恐縮です。寄付だけでもさせていただけませんか。ニコッ♪』

です。その後については上司のセンス次第ですが(笑)。

今回の大事なポイントを最後にもう一回。お返しの前にお礼です。
うっかり伝え忘れてしまった感謝の気持ち、今からでも遅くないですよ。

【“しなやか女子の心得”を読んでくださってる方々へ】

桜庭先生
皆様のお顔は見えませんが、悩みながら、しなやか女子になるべく努力している姿を想像し、わたくし自身も大変励みになっております。いつもありがとうございます。

悩みの雲は晴れましたか?

『しなやか女子の心得』第6回、いかがでしたか?
お仕事だけでなく、冠婚葬祭やフォーマルなお食事会、彼ママ訪問など、大人女子がマナーや振る舞いに不安を感じてしまうシーンはまだまだ沢山あるはず。アナタが普段抱いている疑問を、桜庭先生に相談してみましょう。

↓ご相談やアドバイスのリクエストは下記から↓

心磨きの達人・桜庭佳織里先生のプロフィール

幼少より、茶人の父のもと茶道の手ほどきを受け、研鑽を積む。
大手企業の第一線で活躍したのち、茶道の“心・心得”を通し、より豊かで幸せに生きるための茶ごころマナー、ライフワークを、各種団体・個人に向けて幅広く発信している。

桜庭先生
『モテ子BEAUTY』では、自分磨きに励む皆さまのお悩みを、茶道の精神“和敬静寂(わけいせいじゃく)”の心と、わたくし自身の経験をもとに解決していきたく思っております。今よりずっと豊かで美しくなれる心の在り方を、一緒に勉強してまいりましょう。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!