シンプルコーデの主役!白シャツを美しく保つための秘訣とケア

モテ子
清潔感のあるシャツって、それだけで好感度あがるわよね。
photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

ビジネスの場の正装としてもカジュアルにも大活躍の白いシャツやブラウス。新生活の為に新調した人も多いのでは?春先には一枚でサラッと着こなしてこなれ感を出したり、シンプルコーデの主役としても活躍してくれますよね。でも、襟や袖口の汚れは大丈夫?白シャツの汚れやヨレは目立つので意外と人に見られているかも…。今回は、そんな白シャツ&ブラウスの清潔感を守り、長持ちさせる秘訣をご紹介します!

黄ばみ・変色

黄ばみは、皮脂が付着することによって生まれます。そして時間が経つにつれ茶色く変色し、その上にホコリなどがつくと黒ずみになります。皮脂汚れは、襟や手首など皮膚と長時間接触している部分に多く、さらには皮膚との摩擦で繊維の奥に入り込んでしまいます。また、皮脂は油分なので水になじまず、普通の洗濯では落ちにくく、汚れが落ちていないところにどんどん新たな皮脂汚れが上乗せされ、時間の経過とともに変色してしまいます。

ひと手間かけて黄ばみ・変色を予防しよう!

お気に入りのシャツやブラウスは、いざ黄ばんでしまってからでは元の状態に戻すのはなかなか難しいものです。ここでは、 あなたのシャツを黄ばみ・変色から守る方法を見てみましょう。

  • 【予防法1】洗濯用のりでコーティング
  • 市販の洗濯用のりを襟元など汚れやすい部分に使用しましょう。ただ、ふんわりとしたシャツやブラウスは、イメージが変わってしてしまうのでオススメできません。

  • 【予防法2】汚れガードテープを貼る
  • 市販の汚れはガードテープを貼ることで汚れから守ることができます。汚れたら剥がすだけなので管理が簡単ですね。

  • 【予防法3】湿気に気をつけて管理
  • 衣替えや日々保管する際に注意することは湿気。湿気は酸化を促進し黄ばみを誘発させます。クローゼットの除湿も忘れずに。

それでも黄ばんでしまったら・・・


日々頑張ってケアしていたのに出てしまった黄ばみ。。落ち込んでサヨナラする前にこちらの洗濯方法を試してみましょう!

【方法1】洗剤×酸素系漂白剤

一般的な塩素系漂白剤は、エンソサラシ×の服や、色物の服には使用できないので、酸素系漂白剤を使いましょう。
1.汚れている部分に洗剤をつけ歯ブラシでこすります。
※強くこすると繊維を傷つけてしまうので、力加減を注意しましょう。
2.70℃くらいのお湯に酸素系漂白剤を入れ、泡が立つまでよく混ぜ、シャツを1時間ほどつけましょう。(分量は各漂白剤の表示を確認していれましょう。)
3.洗濯機に入れて洗います。
(綿・麻・ポリエステルは洗濯機で洗うことができます)

これでも落ちない頑固な汚れには方法2を使いましょう。

【方法2】クレンジングオイル×重曹・酸素系漂白剤

1.汚れている部分にクレンジングオイルをつけ指で押し洗いします
2.重曹大さじ2杯と酸素系漂白剤大さじ2杯を70℃くらいのお湯500mlに溶かし、それを塗り込みます。
3.洗濯機に入れて洗います。

また、定期的にクリーニングも利用しましょう。使う頻度が高い人は週1、あまり使わない人はシーズン終わりなどあなたの使用頻度に合わせて利用しましょう。

型くずれ・ヨレ

せっかく素敵なデザインのシャツやブラウスを着ていても、型くずれしていたり、ヨレているとイメージダウン。洗濯表示をしっかり確認し、ネットにきちんとたたんで入れたり、柔らかい素材のものは洗濯機のドライコースを使う、アイロンは布目の向きに合わせてかけるなど生地へのダメージを少なくするように意識しましょう。ポリエステル素材はシワになりにくいので、型崩れしにくく、アイロンが面倒なひとにオススメです。

原因はハンガーにあり!?干し方を見直して型崩れを防ごう

型崩れを防ぐにあたってとても重要なポイントは「干し方」。丁寧に洗濯しても適当に干してしまっては台無しです。ここでは干す時に注意するポイントを確認しましょう。

1.肩幅に合ったハンガーで干す
肩幅より大きいハンガーを使用すると袖部分に、肩幅より小さいハンガーを使用すると肩部分に、ハンガーの跡がついてしまいます。干す前にハンガーを当ててみてサイズが合っていない時は別のハンガーに替えましょう。

2.布目の向きに沿って引っ張る
肩、襟、袖口は横に、正面、背面は縦に引っ張ります。シワを伸ばしたら、全体を両手で挟むように軽くたたきましょう。

3.日陰に干す
シャツ、ブラウスに使われている素材は、水にぬれたまま日に当たると黄色く変色したり、傷む原因になるものが多くあります。陰干しして、風で乾かすことを意識しましょう。

日々の心がけで“キレイ”に保とう


日頃から洗濯、手入れ、管理の仕方に気を付けるだけで、シャツ・ブラウスをより長持ちさせることができます。いつも“キレイ”なシャツ・ブラウスを着て、清潔感のある女性を目指しましょう。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!