【しなやか女子の心得】第13回 お局化したくない・・・後輩への上手な注意の仕方ってあるの?

桜庭先生
皆様、ご機嫌よろしゅうございます。しなやか女子の心得第13回を始めさせていただきます。

しなやか女子の心得とは…

ビジネスでもプライベートでも使える!知っておきたいマナーや常識を、心磨きの達人が伝授する、大人女子のためのお悩み相談所。テンプレート通りの立ち居振る舞いでは、ちょっぴりお堅い女子に見えてしまいがち…。ここでは、周囲だけでなく自分の心をも解きほぐす、桜庭流の美しい所作や心の在り方をお教えします。

お局化したくない・・・後輩への上手な注意の仕方ってあるの?

相談者:
ラン
4月から職場で年次が上がり、後輩を指導しなければいけない立場になります…。私は人にはっきり物事を言うのが苦手な方で、上手くできるものかよくわかりません。「お局」化しない、こわがられない、人への注意・忠告の仕方のコツがあれば教えて下さい。

ご機嫌よろしゅうございます。

ランさん、初めまして!
残念ながら、わたくしがその怖がられている正真正銘のTHE OTSUBONE桜庭でございます。

「…年次が上がり、後輩を指導しなければいけない立場…」とのことですが、年次が上がっても上がっても何の変化もない人もいるというのに、せっかく会社から頂いた機会に対し、一見、謙虚なようで、正直、傲慢さを感じました。やる気があるのかないのかもわからないのに、「お局化」せずに、怖がられないような注意・忠告の仕方のコツと言われましても…

しっかりとした自分の意思がない状態では、そもそも怖がられることはないでしょうし、はっきり物事を言えるかどうかの心配の前に、はっきり言うほどの事も出てこないと思いますよ。

「そんなことありません!やる気はあります!」と、ランさんの心がもし反応したのならば、わたくしなりのアドバイスがございます。

『4月から、(お陰様で・ひょんなきっかけで・光栄なことに・自信はないのですが)後輩を指導する立場になりました!』という前置きの方が、ランさんの前向きに頑張りたいという想いが素直に伝わるかと思いますよ!

冒頭からお局桜庭の小言でごめんなさい。
回りくどいお説教よりも、早く術をお知りになりたいですよね。

では、魔法のようなやり方でよろしければお教えいたしますね。

『はっきりと意思を伝えたい時/人に注意・忠告をしたい時』

好きな香りで気持ちを整え、好きなものからパワーをもらいます。
今回、わたくしはお気に入りのお香を焚きながら心を落ち着かせ、ご相談内容を拝見いたしました。ランさんの気持ちに寄り添いたい・近付きたいと意識しながら、想いの温度やエネルギーを感じようと努めました。
すると、溢れる情報の中からこうしてこの記事にアクセスして下さったことへの感謝の気持ち、そして、ランさんのネガティブな文章の言い回しは、実は、仕事や人に対し本当は真剣だからこそ、不安だらけの表現になっていたのでは、と感じるようになりました。これは、霊視云々のお話しではございません。

わたくしはこうした暗示のような魔法をかけながら、徐々に相手に一番伝えたいことを明確にしていきます。一度、冷静になることによって、余計な言動や思い込み・勘違いを減らせるとも言えますね。よりはっきりと相手に注意・忠告が必要な時は、尊敬する方の名刺や本を置いたりしてパワーをもらいます。ランさんは何かそういったパワーアイテムやおまじないのような習慣はございますか?
何でもいいのです。お気に入りのリップグロス、香水やアクセサリーをつける等、何か自分のテンションを上げてくれるものを知ると、いざという時に必ず背中をひと押ししてくれます。コツは、本当の魔法だと思って信じてみることです。

そう、斯く言うわたくしも、実は、はっきり物事を言うことや、端的に物事を伝えることが大の苦手です。だから、ランさんのお気持ちよくわかります。

それと、「お局化」することを心配する気持ちもまた、よくわかります。
結婚している・していないに関わらず、よくあれだけ「叱る」ことにエネルギーを大量放出できるのかと恐れたものです。それが「無関心」よりもあり難いことだとわかるのは、ずっと後のこと。同じ女性として、仕事をしながら起こる様々な感情を数々経験しているからこそ、人生の大先輩でもあるお局様は強くなるのです。だから良くも悪くも図々しくなるのかもしれませんね。

ランさんにとっての「お局様」の定義が何なのかわかりませんが、
わたくしが鬱陶しかった過去のお局様と同じであれば、「ああにだけはなりたくない!いなければもっと毎日の仕事を楽しく出来るのに!」と思ったものです。そして今は、時間を割いて叱って下さった事・指導して下さった事に心から感謝しております。散々、悪口を言ってたことはここだけの秘密にしてくださいね(笑)。

もちろん、今そんなことをお伝えしても受け入れることはできないとわかった上でお伝えいたします。

せっかくの後輩の指導という新しいチャンス、波に乗ったと思って楽しみましょう!ランさんなら絶対に乗り越えられると信じております!
マネージメントの本を読んでワクワクするのならば、意外とリーダーに向いているのかもしれませんし、同時に、自分自身の業務のスキルアップのチャンスです。ルーティンワークであったとしても、仕事に対するこだわりがあるはずです。徐々にそれは美学として洗練されていき、その姿勢を背中で見せるだけで大抵のことはカバーできます。表面的な手段だけ手に入れても、人の心、まして部下や後輩には刺さらないのではないでしょうか。

今回の魔法の手段、ひょっとしたら批判されたり馬鹿にする人もいるかもしれません。それでも、わたくしが仕事においても大切にしている「人に対する美学」を全うできるのであれば、わたくしの望むお局業に精進してまいります。

悩みの雲は晴れましたか?

『しなやか女子の心得』第13回、いかがでしたか?
お仕事だけでなく、冠婚葬祭やフォーマルなお食事会、彼ママ訪問など、大人女子がマナーや振る舞いに不安を感じてしまうシーンはまだまだ沢山あるはず。アナタが普段抱いている疑問を、桜庭先生に相談してみましょう。

↓ご相談やアドバイスのリクエストは下記から↓

心磨きの達人・桜庭佳織里先生のプロフィール

幼少より、茶人の父のもと茶道の手ほどきを受け、研鑽を積む。
大手企業の第一線で活躍したのち、茶道の“心・心得”を通し、より豊かで幸せに生きるための茶ごころマナー、ライフワークを、各種団体・個人に向けて幅広く発信している。

桜庭先生
『MotecoBeauty』では、自分磨きに励む皆さまのお悩みを、茶道の精神“和敬静寂(わけいせいじゃく)”の心と、わたくし自身の経験をもとに解決していきたく思っております。今よりずっと豊かで美しくなれる心の在り方を、一緒に勉強してまいりましょう。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!