【しなやか女子の心得】第17回 男友達を好きになった時…どうしたらいいですか?

桜庭先生
皆様、ご機嫌よろしゅうございます。しなやか女子の心得第17回を始めさせていただきます。

しなやか女子の心得とは…

ビジネスでもプライベートでも使える!知っておきたいマナーや常識を、心磨きの達人が伝授する、大人女子のためのお悩み相談所。テンプレート通りの立ち居振る舞いでは、ちょっぴりお堅い女子に見えてしまいがち…。ここでは、周囲だけでなく自分の心をも解きほぐす、桜庭流の美しい所作や心の在り方をお教えします。

男友達を好きになった時…どうしたらいいですか?

相談者
プー
男友達を好きになってしまったのですが、どうしたら友達以上になれますか?

皆様、ご機嫌よろしゅうございます。

今回のご相談はズバリ恋愛についてですね!
マナーについてお伝えしているわたくしのところへ、こうしてプーさんから届いたメッセージ、これも何かのご縁かもしれません。何を隠そう、茶道より以前のわたくしの得意分野は恋のキューピッド。今のプーさんに必要な恋愛マナーのキーワードは「軽やかさ」です。

まず、ご相談内容の締めは、「どうしたら友達以上になれますか?」とのことですが、もう少し心をオープンにしてみませんか?正直な本当の想いをきちんと言葉にのせましょう。その方が願いも届きやすくなるからです。

『男友達ではなく、彼氏になってほしい』

シンプルにいきましょう。
恋愛感情が芽生えた以上、もう友達ではないのですから。友達のように振る舞うことはできても、プーさんの目はハートの形をしているのですよ。恋をしているその素敵な感情を大切にしましょうね。

すでに友人関係がベースにあるようですが、そもそもプーさんは彼にとって心地よい女性ですか?それとも友人グループの中の一人なのでしょうか?もしまだ後者であるのならば、思い切って抜け駆け作戦決行してしまいましょう!
友達としての彼、そして、人間として彼の良いところをプーさんは沢山知っているからこそ好きになったんですよね。それを伝えてあげてください。沢山褒めてあげてください。

「〇〇くんのそういうところカッコいいね!優しいね!」
「そういう考え方素敵!尊敬しちゃう!」
「〇〇くんといるとすっごく楽しい!」
「△△が得意なの?すごい!」

抜け駆け作戦ですから、大げさなくらいでちょうどいいのです。でも好きな人だからこそ照れてしまったり恥ずかしくて言えない気持ちもよくわかります。そんな時は「心がケチな人はブスになる」を教訓にしていただきたいと思います。普段の人間関係においても、相手が喜ぶことや嬉しいことは、わたくし自身なるべく素直に伝えようと心がけていることでもあります。

さて、この辺でそろそろ彼にとって特別な友人として認めてもらい、できれば「プーちゃんのこと好きになっちゃった」なんて言われるのが理想でしょうか(笑)。どちらからともなくデートが始まり、二人きりの時間が増え、両想いへの確信を持ちたいのが本音ですよね。しかし、ここで足止めを食らうのが、 “友人として大事な関係を失いたくない”という気持ちです。もしかしたら彼も同じことを考えているかもしれません。

ここからはほんの一歩の勇気が必要です。

「〇〇くんのこと好きかもしれない」

言ってしまいましょう!軽やかに軽やかに!
ポイントは「好き」ではなく「好きかも」です。マナーにおいてもいえることですが、逆の立場で考えたら簡単です。悩み尽くしたような重い感情や告白は、相手にとって時として負担になることもあるからです。もちろん「好きです!」とはっきり言ってもかまいませんが、それが出来るくらいならすでにおつき合いがスタートしているような気がいたします。

さあ、ここでウジウジしている場合ではございませんよ。次の受け身のイメージトレーニングもしておきましょう!

「僕(俺)、付き合っている子いるんだよね」

プーさん、万が一そんなことを聞いてしまったからといって、電車に飛び込んではいけませんよ。最初にお伝えした恋のキーワード「軽やかさ」を覚えていらっしゃいますか?どんな彼の言葉にも、とびっきりの可愛い笑顔で答えましょう。

「いいな~彼女が羨ましいな~♪」
「〇〇くんと付き合ったら楽しいだろうな♪」
「私のこともちょっとだけ意識してみてほしいな♪」

例え絶望感でいっぱいだったとしても、ここで軽やかに対応することで彼も安心し、関係が後戻りすることは一旦ないからです。グループ交際や、今後何かと彼と接する機会が多いのであれば、「好きかと思ったけど、大好きな友達だったみたい。気まぐれでごめんね!お昼ご飯一緒に食べない?」とサラッと言えばいいのです。

次の作戦を練りながら、あなたはあなたの好きなこと・やりたいことへの集中モードに入ってみましょう。不思議とこのタイミングで彼から追いかけてきて告白されるという例、実は非常に多いんですよ。

プーさんの恋が今どんな段階なのかわかりませんが、うまくいくよう心から応援しております。そう、今回わたくしは沢山の友人たちの力を借り、友達から恋人への成功体験をヒアリングしてまいりました。最後に、一番印象的だった50代男性(会社経営)のおじさまの体験談をご紹介いたしますね。

それは、彼が主催するアウトドア企画のイベントの際、途中、雨が降ってきてしまったらしいのです。参加者のために諸々の荷物を車に取りに行き、戻ろうとした時、傘を差し出して待っててくれた仲間の女性にキュン♡そこからお付き合いが始まったそうですよ。相合傘で恋のノックアウトされたらしいです(笑)。

楽しい彼との夏の思い出が幸せいっぱいでありますように!!

悩みの雲は晴れましたか?

『しなやか女子の心得』第17回、いかがでしたか?
お仕事だけでなく、冠婚葬祭やフォーマルなお食事会、彼ママ訪問など、大人女子がマナーや振る舞いに不安を感じてしまうシーンはまだまだ沢山あるはず。アナタが普段抱いている疑問を、桜庭先生に相談してみましょう。

↓ご相談やアドバイスのリクエストは下記から↓
桜庭先生
『MotecoBeauty』では、自分磨きに励む皆さまのお悩みを、茶道の精神“和敬静寂(わけいせいじゃく)”の心と、わたくし自身の経験をもとに解決していきたく思っております。今よりずっと豊かで美しくなれる心の在り方を、一緒に勉強してまいりましょう。

Author

桜庭佳織里先生
桜庭佳織里先生茶道家
幼少より、茶人の父のもと茶道の手ほどきを受け、研鑽を積む。
大手企業の第一線で活躍したのち、茶道の“心・心得”を通し、より豊かで幸せに生きるための茶ごころマナー、ライフワークを、各種団体・個人に向けて幅広く発信している。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル