【しなやか女子の心得】第27回 傘の美しい扱い方

桜庭先生
皆様、ご機嫌よろしゅうございます。しなやか女子の心得第27回を始めさせていただきます。

しなやか女子の心得とは…

ビジネスでもプライベートでも使える!知っておきたいマナーや常識を、心磨きの達人が伝授する、大人女子のためのお悩み相談所。テンプレート通りの立ち居振る舞いでは、ちょっぴりお堅い女子に見えてしまいがち…。ここでは、周囲だけでなく自分の心をも解きほぐす、桜庭流の美しい所作や心の在り方をお教えします。

傘の美しい扱い方

相談者:
K子
雨の日に電車に乗った時、隣の人の濡れた傘が自分にあたりとても不快な思いをしました。傘のマナーが悪い人が多くて本当に困ります…。相談というより愚痴になりましたが、何かアドバイスあったらよろしくお願いします

K子さん、ご質問ありがとうございます。
愚痴でも大丈夫ですよ。同じように感じている方はたくさんいるはずです。駅などの公共の場において、こういった人を不快にさせるような行為というのは本当に困ってしまいますね。特に電車内は人との距離も近くなるため、濡れたままの傘をたたまずに持ち込む行為は、時としてマナー違反とみなされても仕方ありません。
そして、それで済めばまだマシと思えるほどに非常に危険な傘の扱いといえば、階段での水平持ちや、その持ち方のまま平気で傘をブンブン振りながら歩く行為です。
もしも後ろに小さな子供がいたら…もしも傘の先端が目に刺さってしまいでもしたら…想像するだけでもゾッとしますよね。

せっかくの機会ですので、傘の安全な取り扱い方だけでなくエレガントで美しい所作についても考えてまいりましょう。

【開き方】
×「ワンタッチ式を上に向けて開く」
子供の頃、これで繰り返し遊んだ記憶があるのはわたくしだけでしょうか(笑)。

それはさておき、大人は周囲を確認してから、傘先を斜め下方向にゆっくり開きましょう。特に女性はいきなり頭の高さで広げるよりも優雅に見えますね。

【閉じ方】
頭上でさした状態のまま少しすぼめてから、傘の先を下にむけて完全に閉じます。開き方同様、こちらの方がエレガントですし、何より傘先をむやみに人に向ける危険を避けることができます。また、濡れたままの傘をベルトで留めるのが嫌だというお気持ちはわかりますが、だからといってそのままでは、人とすれ違う時にお相手側の洋服を濡らしてしまったり汚してしまいかねません。

【持ち歩く時】

電車内などの混んだ場所では、傘の柄の先端部分(短い方)は外側ではなく内側に向くよう腕にかけて持ちましょう。

そうすれば、傘の先は自然に自分の方に向くので万が一、雨の滴が落ちることがあっても、他人に迷惑をかけるリスクを減らすことができます。要は、傘の先がまっすぐ下か、自分の方に向いていればいいわけですから、手のひらで柄を持つときもそれを意識することが大切です。
歩きながら持ち歩く時は特に気をつけましょう。繰り返しになりますが、階段での傘の水平持ちやそのまま振りながら歩く行為は大変危険です。

ただ、そもそもこういったマナー違反の類は、わざと嫌がらせをしようとしている人は稀だと思うんですね。例えば、急いでいて注意が散漫になっていたり、疲れていて心に余裕がない時には、もしかしたら自分自身も誰かを不快にさせているかもしれないのです。
お恥ずかしい話ですが、実はわたくしも学生時代には、電車の中で友達と騒ぎ過ぎたのを先生に見つかって呼び出されたこともありましたし、正直なところ、いまでも席を譲らずに寝てしまったことに後で気がついたり、携帯を触ることに夢中になって周りが見えていないことがあります。

逆に、時間のゆとりがあり気分が良ければ、何か困っている方がいらしたらサポートして差し上げたいと思いますし、泣いている赤ちゃんがいれば車内ベビーシッターをやりたくなるほどで、こういう時には少しくらいのマナー違反をする方にも大らかな気持ちでいられるものです。と、いうことは、まずは自分自身が心地よく在ること、そして、そのように心得てみるだけでも、目に入ってくる景色や感じ方はまったく違ってくると思いますよ。

先日、電車の中でお母さんの膝に座って抱っこされている赤ちゃんの前に、男子学生の集団が立っていました。赤ちゃんは車内に少し飽きて遊び道具を探していたのか、ふと目の前にあった男子学生の指を気に入ってしまったようです。しばらく赤ちゃんとその学生は手をつないだままニコニコと見つめ合っていました。思春期だというのに、周りの友人たちも誰ひとりからかう子はおらず、電車を降りるまでずっとずっと手をつないだままでした。その微笑ましい姿を見て、わたくしも周りにいた人々もとても幸せな気分になりました。

どうやら世界はまだまだ優しいようです。
そして、それを作り出すのは、まずは自分自身なのでしょうか。
もしかしたら、優しい世界がそこに広がるかどうかは己の心の在り方ひとつの違い、なのかもしれませんね。

悩みの雲は晴れましたか?

『しなやか女子の心得』第27回、いかがでしたか?
お仕事だけでなく、冠婚葬祭やフォーマルなお食事会、彼ママ訪問など、大人女子がマナーや振る舞いに不安を感じてしまうシーンはまだまだ沢山あるはず。アナタが普段抱いている疑問を、桜庭先生に相談してみましょう。

↓ご相談やアドバイスのリクエストは下記から↓

心磨きの達人・桜庭佳織里先生のプロフィール

幼少より、茶人の父のもと茶道の手ほどきを受け、研鑽を積む。
大手企業の第一線で活躍したのち、茶道の“心・心得”を通し、より豊かで幸せに生きるための茶ごころマナー、ライフワークを、各種団体・個人に向けて幅広く発信している。

桜庭先生
『MotecoBeauty』では、自分磨きに励む皆さまのお悩みを、茶道の精神“和敬静寂(わけいせいじゃく)”の心と、わたくし自身の経験をもとに解決していきたく思っております。今よりずっと豊かで美しくなれる心の在り方を、一緒に勉強してまいりましょう。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!