一人暮らし女子なら知っておきたい!ゴキブリのいない部屋にする方法

モテ子
暖かくなると、ヤツらが活発に動き出すわ…!!

ゴキブリが大嫌いで、「見るのも嫌」とか「絶対殺せない」という人は多いですよね。それでも、一人暮らしだと自分だけでゴキブリに立ち向かわないといけません…。そこで今回は、なるべくゴキブリとの遭遇を避けたいあなたのために、ゴキブリが出にくい部屋に変える方法をお伝えします。

侵入を防ぐ

ゴキブリ対策で最も重要なのは、ゴキブリが家に侵入するスキを与えないことです。まずは、外と家の中をつなぐ穴をすべて塞いでおきましょう。意外と見落としがちですが、玄関のドアの開けっ放しダンボールの放置も要注意です。

浴槽の栓

入浴後、浴槽の湯を抜いたら、すぐに栓をする習慣をつけましょう。

キッチンの配管

キッチンの棚の中にある配管にすき間があると、そこがゴキブリの侵入経路になります。ガムテープなどで、きっちり塞ぎましょう。

洗濯機と風呂場の排水口

排水口も作りによってはゴキブリの侵入口になります。フィルターやネットなど網目が細かいもので塞いで、ゴキブリの侵入を防ぎましょう。

網戸

網戸と窓ガラスの間にすき間が空いていると、そこからゴキブリをはじめ、様々な虫が侵入してきます。このすき間はしっかりテープなどで塞いでおきましょう。すき間用の専用のシールも販売されています。

通風口や換気扇

キッチンやトイレの換気扇、通風口などの風を通す穴には専用のフィルターを設置しましょう。網の目が細かく作られているので、ゴキブリの侵入を防ぐことができます。

玄関

業者が来た時や大きな荷物を出し入れする時に玄関のドアを開けっぱなしにしてしまうと、その間にゴキブリに侵入されてしまうことがあります。本当に必要な時以外は、こまめにドアを閉めるように心がけましょう。

宅配便のダンボール

ダンボールにゴキブリの卵が付いてくることがありますので、荷物を取り出したら、なるべく早くゴミに出してしまいましょう。

ゴキブリが嫌いな香りを漂わせる

基本的な侵入経路を塞いだ後は、ゴキブリが嫌いな香りのアロマオイルハーブを設置しておけば、さらに侵入されにくい家にすることができます。セロリ、キャラウェイ、クミン、メイス、ナツメグ、ミント、ハッカ、レモングラス、ローリエ、唐辛子の香りにはゴキブリを寄り付かなくさせる忌避効果があります。これらの香りがするハーブやアロマオイルを玄関や窓際、ベランダ、キッチンなどの外との境界がある場所に設置しておきましょう。アロマオイルの方がハーブより忌避効果が高いですが、合成香料がメインのものは効果が期待できないので、天然由来成分100%のものを選びましょう。ただし、ハーブやアロマオイルの中には、妊娠中の人やアレルギー体質の人にとって良くないものもあるので注意してください。また、動物によっては特定の香りが毒になる場合もあるので、ペットを飼っている人も事前によく確認しておきましょう。

ゴキブリのエサになるものを片付ける

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

ゴキブリの嫌な香りを使用すると同時に、ゴキブリを呼び寄せる香りを残さないように注意しましょう。食べ物、汚れた食器、生ゴミ、油汚れ、排水口に残った髪の毛…これらの香りはゴキブリを惹き付けるので、放置しておくのは厳禁です。

罠を仕掛ける

ゴキブリが侵入してこないように対策をしていても、思わぬところからゴキブリが侵入してくる可能性はあります。そんな時のために、ホウ酸ダンゴコンバットなどの毒エサを設置しておくと良いでしょう。ゴキブリの死骸は見ることになるかもしれませんが、生きているゴキブリと遭遇する可能性は減らすことができます。

まとめ

ゴキブリ対策には少し手間がかかりますが、ゴキブリが出ない部屋で穏やかに暮らせるのなら、がんばる価値があるといえるのではないでしょうか。ぜひ試してみてくださいね。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!